goo
上から目線上司と付き合うには
2016-10-14 / 取材・連載関連

エラルキーとは、階層制や階級制のことで、おもにピラミッド型の組織構造を指す。もともとカトリック教会や正教会などが階層的な組織を持っていたことに由来し、例えば、カトリック教会なら教皇―大司教―司教―司祭というヒエラルキーが存在する。これが、職場となると、上司―部下や先輩―後輩という具合に階層的になってくる。このヒエラルキーを実感するのは、直属の上司と軋轢があるときではないか。ジェイキャストで本テーマの記事を書かせていただいた。

やってはいけない! 職場の作法 ──コミュニケーション・マナーから考える (ちくま新書)
クリエーター情報なし
筑摩書房
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« 転職の際「部下... 部下に足りな... »

 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。