goo
嫌われる仕事「営業」を人気にする2つの視点
2016-12-20 / 取材・連載関連

営業職は求人数が多いのですが、求職者が大幅に足りない状況が慢性的に続いている不人気職種。不人気の理由のひとつに長時間労働をあげる人がたくさんいる。取引先から勤務時間外での打ち合わせを指定される。会食・接待で夜遅くなる。あるいは翌日の商談の準備のための残業を上司が強要する…このような、時間外・残業が恒常化して、長時間労働が当たり前になっているというイメージが広まっているから。ついには「長時間労働に耐えることも営業職の役割かもしれません」と悟りの境地のような回答をしてくれる若手営業職もいた。話題になっている広告代理店業界だけが長時間労働なわけではない。今回は東洋経済オンラインにて営業職の不人気を払しょくする可能性に関して記事を書かせていただいた。

マンガでやさしくわかる法人営業
クリエーター情報なし
日本能率協会マネジメントセンター
| コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )|



« リマインドは... 謹賀新年2017 »

 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。