猫が食べるから花は買って帰れない

趣味は猫です。福島組の保護猫と埼玉の保護猫と野菜好きなダンナさんとの生活。
病気がちな猫達に振り回される毎日(笑)

ビビ 注射に行きました

2016年12月31日 | ビビの闘病記

ビビが1週間前くらいから吐きっぽくなってまして

 

今回はわーーーーっと食べておぇーーーーと出すわけではなく

食後6時間程度たってから消化途中のものを吐いていました

特に毛玉があるわけでもなく、臭くもなく(腸閉塞の場合はうん◯みたいな臭い)

明らかにフードだな。これは…という感じ

一回吐くとケロッとしてて元気は元気なんですがね

 

もう年末なので昨日動物病院に電話してすぐに病院に行ったほうがいいか問い合わせ

最近フードを変えたことも原因かもしれ無いから、元に戻して様子を見るよう言われました

 

今朝、やっぱり吐いたので病院へ行くことにしました

 

かかりつけの先生は朝の7時から診察しているというツワモノ

年末でただでさえ道の空いている都内を走る〜

いつも1時間くらいかかる道が40分程度で着きました

 

毎日使っている痛み止めが原因で胃が荒れているのかもしれないという話になり

薬を飲めば、まだフードは食べられていましたけど痛み止めを中止して

ステロイド注射を打って食事を取れるようにすることに

 

ステロイド+抗生物質+吐き気止め

3種類の注射をしてもらいました

 

もしかしたら、乳酸菌+ササヘルスで食事が取れていたかもしれないのに

念のため、痛み止めを入れていたこと、後悔しています

まずは入れないで食べられるか様子を見ればよかった…

人間も痛み止めを飲み続けると胃が痛くなったりするもんねぇ

 

10月4日にステロイド注射をしてからもうすぐ3ヶ月だったけど

ダメだった〜3ヶ月保たなかった〜

まぁ、前は1ヶ月保たないかも…ってこともあったから

それに比べれば良いんだけどね

 

今日からは乳酸菌のみで様子を見ます

ちなみに痛み止めはメタカムという薬です

犬は長期服用が出来るけど、猫は連続使用は6日程度が推奨されているらしい

口内炎で悩む子はよく使う薬みたいだけど、連続使用は気をつけよう〜

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年の最後にとうとう | トップ | 今年もありがとう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む