猫が食べるから花は買って帰れない

趣味は猫です。福島組の保護猫と埼玉の保護猫と野菜好きなダンナさんとの生活。
病気がちな猫達に振り回される毎日(笑)

お盆だったので

2017年08月14日 | 日記

実家を離れてからお盆なんてしてないんだけど

それで良いってことないよな〜と思って

せめておはぎだけでも作ろうかと思って

おはぎ 作りましたよ

 

お水とお茶と添えてね

ろうそくとお線香立てて

本当は菊の花とか飾るべきなんだろうけどもさ

 

実家にいた時は13日の夜に提灯を持ってお墓に行って

戦没者の碑にお参りして水子地蔵でお参りして

それからお墓でお参りして

お墓でつけた火を提灯に移して家まで帰り

家のお仏壇のろうそくへ移していました

 

旦那は『うちに誰が帰ってくるん』というけども

少なくとも父方の祖父母、母方の祖父

旦那の方は母方の祖母は世話になったろう?

魂に距離はないから、お参りするという気持ちが大事じゃないかと思うんだよね

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅仕事 | トップ | 限界か〜 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはぎ (sake)
2017-08-15 06:56:06
作られたんですね。
たしかに先祖をお参りする気持ちは大切ですよね。

私ももう一度息子と一緒に行こうかな~と思っていましたが、この天気に二の足を踏んでます。
あんじーさん、おはぎまで手作りでお供えしているんですね、すごいわ。
家それぞれ (かっつん)
2017-08-15 10:25:08
家ごとの風習があるんですね
うちは昔からお墓参りと東別院参りだけです
そういえばおはぎを作ってたこともありましたが母がああいう状態なので伝統は途切れがちです
sakeさん (あんじー)
2017-08-15 13:18:08
こんにちは〜
毎日毎日天気悪いですね。お墓に行くのも億劫な天気です。暑いのも嫌ですが。。。

おはぎ、草餅はお盆の時期と春の彼岸時期に父方の祖母が作ってくれました。田舎の農家ですから、一個がでっかくて、あんこがたっぷりで、甘くておいしかったです。

もち米を蒸すのは出来ないな〜と思ったので(蒸せないので)普通に炊飯器で炊きました。
あんこも市販のものです。手抜きです。
私以外食べないので、誰か食べる人がいれば、一度きちんと作ってみたいもんだなと思いました。
かっつん (あんじー)
2017-08-15 13:57:40
こんにちは!!
うちは御墓参りくらいしかしません。
迎え火も送り火もしないし、お盆前に仏壇を磨くのとお墓掃除くらいでしょうか。
父方の祖母が生きていた時はおはぎや草餅を御重にいれて頂いていました。懐かしいです。どうやって作ってたのか、聞いておけばよかったです。

お盆時期は普通に仕事だったので実家に帰らないので御墓参りもしないし、こちらにいて出来ること…と思いついたのが、おはぎ作って、お茶を添えてお線香をあげるくらいでした。

妹には『誰の誕生日?』と突っ込まれました(笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事