林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

23世紀型お笑い系百姓が綴る日記です。10年目に突入中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひとめぼれ7枚残る・明日こそは!

2007年09月10日 16時11分36秒 | 農業経営
 ひとめぼれが、7枚残っている。しかし、朝から雨。こうなると、土曜日に運動会に出て、稲刈りが出来なかったのが、痛い。うまく、『切り』が良く作業を、回せるかどうかも、収益に大きく影響する。しかも、PTA会長という仕事外のことで、影響が出るのは、許されないことであった。でも、お天気には、勝てないので、ひとめぼれの刈り取った分を、籾摺りして今日は、終了。明日は、ひとめぼれの残りと、コシヒカリの刈り取りを、開始する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会でダウン中・ハンドル... | トップ | ひとめぼれ終了・コシヒカリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
豊かな秋、仙台平野 (宮城は自然が豊か明るく楽しく古里めぐり)
宮城の秋は9月後半から始まる稲刈りが象徴的です。4月から6月の植えられた水稲がたわわに実り、黄金色になった仙台平野のあちこちからコンバインやバインダーが鳴り響き水田に機械が入り数日すると黄金の穂波は肥沃な黒土の田んぼに変わって行きます。昭和40年代から50年...