りゅうこん日記

磐田市竜洋昆虫自然観察公園の職員による日記です!
昆虫公園のホームページへは、左列にあるプックマークから入れます!

冬の昆虫観察会!

2017-02-07 09:13:22 | イベント情報
冬の昆虫観察会を開催いたしました!
本来ならば「冬ごししている場所」をテーマに、朽ち木の中や土の中、水の中などで冬を越しているいきものを観察し、比較してみる予定でしたが、天気はあいにくの雨><今回は観察会縮小版として朽ち木の中のいきものを観察しました!

まずは研修室で昆虫がどのように冬を越しているのか軽くお話しさせていただき、場所を移動していよいよ朽木割り。

最初はなかなか虫が出ないようでしたが、少しづつ何種類かの虫が出てき始めました^^


その後、30分ほど朽ち木の中のいきものをさがし、出てきたいきものをバットにいれて研修室にもどり観察しました。僕にも全く分からない虫がたくさんいて、勉強不足を思い知らされた場面も、、、

中にはカニムシの仲間

オサムシの仲間の幼虫を見つけた子もいました!
そんな虫もいたのか!と僕自身の驚きも多数あり、いろいろないきものが見れた観察会でした^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の昆虫観察会 予習!

2017-02-04 09:18:04 | 昆虫紹介
やっと暖かくなってきた最近ですが、まだまだ冬ごし中の虫たちを観察することができます!

昆虫館の中にはいろんな虫を展示しているのですが、展示している虫だけでなくこんな虫も見ることができます^^
ナミテントウの集団が窓枠で冬ごししています^^結構どんなところでも冬ごししているので、ご自宅の窓も見てみてください^^

大池の近くにはオオカマキリのたまごがありました!りゅうこんではハラビロカマキリのたまごが一番多いのですが、コカマキリ、オオカマキリ、カマキリのたまごも見つかります^^

水の上にいるイメージが強いアメンボも、冬は木材や落ち葉の下でじっとしています^^

他にもりゅうこんではいろんないきものが冬を越しています^^気になった方はぜひ「冬の昆虫観察会」にご参加ください^^参加費無料で、たくさんのいきものを観察することができます!ご参加お待ちしています^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナナフシたちのたまごたち

2017-02-03 11:20:21 | 昆虫紹介
りゅうこんでは、現在3種類のナナフシのたまごを管理しています^^

りゅうこんおなじみ、ツダナナフシのたまごです!このナナフシのたまごは総計100個を超えるくらい管理していて、孵化が楽しみなようなそうじゃないような、、、

シラキトビナナンフシ、という飛ぶことのできるナナフシのたまごです!採集してきた1匹が次々にたまごを産み、なんと200個以上のたまごを残しました!一部はほしいという方にお譲りしましたが、それでもまだまだ!

北野先生が大事に大事に飼育していたトゲナナフシのたまごです!丸っこいたまごで、なにやら模様がついています。一部は北野先生が管理、一部は僕が管理しています^^

今年の春はカマキリにナナフシにクワガタと、たくさんの虫たちと迎えることができそうです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大池かいぼり

2017-02-03 11:01:13 | 昆虫紹介
りゅうこんの野外公園にある大池の水を抜き、生息している生き物の調査、外来種の駆除を行いました!

なんといっても衝撃だったのはこのニホンウナギ!捕獲者の北野先生曰く、「ヘビかとおもった」とのことですw確かに泥の上を這っていたら蛇にみえますね^^

こちらはつい最近鉄腕ダッシュでも紹介されたカムルチー(ライギョ)です!今回は大きい個体が4匹、小型の個体が5匹捕獲されました!2匹は展示し、1匹はもしかしたら別の水族館さんで展示されるかも、、、

でかい。スクミリンゴガイ、別名ジャンボタニシ。たしかにジャンボですね、、、

カムルチーに似ていますが、こちらはカワアナゴという別の魚です!アナゴ、と名前についていますが、アナゴのような味には感じませんでした(体験談)。

タイリクバラタナゴ。綺麗な魚ですが、名前の通り、外国から来た魚です!こちらも展示中です!

まだまだ寒い日が続いていますが、これから少しづつ生き物たちも動き出していきます^^賑やかな季節が待ち遠しいですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーストマンティスいろいろ

2016-12-20 11:30:04 | 昆虫紹介
りゅうこんではゴーストマンティスの繁殖に成功し、いま多くのチビたちで賑わっています。最近は新たな子たちも加わり、さらににぎやかに^^本日はその子たちのなかから色の違う子たちをご紹介します。

こちらは一番最初にうちにやってきたゴーストの♂。いまいるチビたちはこの子の子どもです。黒くてまさにゴーストといった感じです。

お次は最近うちに来た赤い子。もっと赤くなる子もいるようですが、この子もかなり赤いです。

そしてこちらが緑の子。あまり多くない色のようで、この時点でここまで緑の個体は将来期待できるとのこと。たしかにいい色ですね^^

ちゃんと死んだふりもします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メダマとアリと幽霊と

2016-12-19 09:09:02 | 昆虫紹介
ますます寒さが増してきましたね^^;昆虫もすっかり冬ごもり状態です^^

しかし、昆虫館の中ではまだまだ活発に虫たちが活動しています!
今日も新たに孵化、羽化した子たちをご紹介します!

まずは待ち焦がれていたアフリカメダマカマキリが羽化しました!個人的にかなり好きな種類なので、すぐに展示に回したいと思います!

こちらはアリカマキリの初令幼虫です!いくつかの卵鞘から孵化してくれました!それにしても小さい!ショウジョウバエですら捕まえるのがやっとの状態です^^;うまく大きくなってくれるといいのですが、、、

こちらはお馴染みゴーストマンティスの幼虫たちです。りゅうこんでは僕の熱意が伝わったのか、ゴーストがどんどん殖えております^^この個体たちはマダガスカル産とのことですが、別系統の個体も何匹かいるので、今後もどんどん増えていくと思います^^いつかいろいろな色の個体を展示してゴーストマンティスコーナーを作りたいとひそかに思っています^^

また、今回は紹介できませんでしたが、とうとううちのニセハナマオウカマキリの羽化が近づいてきているようで、もしかしたら近々ご紹介できるかもしれません!お楽しみに^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに、、、!

2016-11-30 11:46:06 | 昆虫紹介
磐田市にお住みのみなさま、おまたせいたしました!

ついにりゅうこんにて『イワタオサムシ』展示開始です!
磐田市民なら当然ご存知のこのオサムシ、本日よりりゅうこんにてご覧いただけます!
そしてイワタオサムシにあわせてオサムシ数種も同時に展示開始です!

こちらはヒメマイマイカブリ。かねてより数人の子供さんからご要望がありましたが、こちらも展示開始!運が良ければマイマイをかぶっている姿も、、、!?

こちらはスルガオサムシです。小型ではありますが、見ていて飽きないオサムシです^^

クロナガオサムシは以前より展示はしておりましたが、ご紹介していなかったので便乗してご紹介します!黒くて長い=クロナガ、ととても単純な名前ですが、キラキラ系オサムシとは違ったよさのあるカッコイイオサムシです!そして昆虫ゼリーをよく食べるので飼育しやすいという、飼育員安心のオサムシでもありますw

今後もどんどんとオサムシを増やしていく予定ですので、お見逃しなく!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この冬は、オサムシだ!

2016-11-27 09:58:50 | 昆虫紹介
最近、新たな虫を数種展示開始いたしました!

ルイスオサムシという昆虫です。最近は寒くなり、展示できる昆虫が減ってくる中、オサムシは成虫で越冬するために冬でも展示が可能です^^このほかにも数種オサムシを展示しており、今後もどんどんと増やしていく予定です!この冬はオサムシでりゅうこんを埋めます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツシマカブリモドキ産卵!そして孵化!そして飼育開始!

2016-11-27 09:47:10 | 昆虫紹介
対馬という島にのみ生息するツシマカブリモドキという昆虫をりゅうこんでは飼育しています。先日時季外れながら産卵、ふ化が確認できました!

こちらがそのツシマカブリモドキです。淵の金色が美しいイカした昆虫です^^マイマイカブリに似ていますが、少し違ったカブリモドキという仲間の虫です。このカブリモドキの仲間は日本にはこのツシマカブリモドキのみが生息しています。

ある日このツシマカブリモドキの水槽を見てみると、メスが不思議な体勢でじっとしていました。

少ししてまたのぞいてみると先程メスがいたところに穴が。
飼育を教わった方に、オサムシの仲間は卵が弱いので取り出すと死んじゃう可能性がある、と教わっていましたが、今回は観察目的ということで少々失礼しして掘ってみることにしました。すると・・・・・・

巨大な卵が合計5個出てきました。あまりの大きさに、興奮し、一人さわいでおりました。
できるだけ慎重に一つ一つカップに移し、恒温室へ。

そして数日後。

なんと孵化してくれました!5個中2個のみの孵化となってしまいましたが、それでもうれしいです^^

その後幼虫たちは飼育ケースに移動。無事スクスクと成長しております^^
成虫になってみなさんに見ていただけるまで、大事に育てて生きたいと思います!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議?なツダナナフシの卵

2016-11-27 09:42:29 | 昆虫紹介
先日、飼育していたツダナナフシが不思議な卵を産卵しました。

真ん中の卵だけ明らかに色が薄いです。
今まで数個体が多くの卵を産卵していますが、これまでにこういった卵は2卵のみです。なにが原因でこういった卵が産まれるのでしょうか?生まれてくる幼虫は普通の個体なのでしょうか?興味は尽きません。
ナナフシに詳しい方に聞いたところ、ほかの種でもこういった色の薄い卵が時折生まれてくるそうです。
個人的にも大変気になるので、現在はこの色の薄い卵だけ分けて管理しています^^うまく孵化してくれれば、どういった幼虫がでてきたかご報告できますので、ご期待ください^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ村 ランキングに参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ にほんブログ村 写真ブログへ