New Japan Development CO

会社内で起こった出来事や、現場のレポートなどを紹介する会社の日記です。

竣工検査評点

2008-10-29 | Weblog
先般の大阪府からご下命受けた
現場の竣工検査評点は81点(80点以上は
優良)と良い方の部類の評点でした。

竣工検査時の指摘事項もなく、
無事に引き渡し完工となりました。

検査官、発注担当部署の皆さんからも
ねぎらいとお礼の言葉頂き、施工者として
喜んでおります。

発注者、施工管理員、近隣の地元の方々、
協力会社の各関係者の方には深く御礼申
し上げます。

更に良い評価が頂けるよう頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新技術共同研究の試験実施

2008-10-29 | Weblog
11月に(社)施工総合技術研究所で
新技術共同研究の試験を実施致します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建設業会計の講習セミナー

2008-10-29 | Weblog
建設業会計の講習セミナーに
参加致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネル地質調査

2008-10-29 | Weblog
11月からトンネル内で切羽から
水平方向に地質調査を施工致します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

製炭技術と建設業

2008-10-29 | Weblog
間伐材や建設廃材の有効利用
を目的に新技術の製炭炉を見学
してきました。

従来の製炭と違い下記のメリット
があります。

①従来技術の製炭に7日が約1日で製炭できる。
②初期投資はあるがランニングコストは
 安価で製炭できる。
③間伐材や建設廃材を有効利用できる。
 (受入れ代金収入と補助金がある。)
④CO2増加に原油製品消費はカウントされる
 が、木材燃料消費はCO2増加にカウントさ
 れないため、CO2削減に寄与できる。
⑤森林保護のため間伐を促進できる(育森、育林)
⑥農業用のボイラー燃料、製鉄時のコークス、
 土壌基盤材混合、土壌浄化等に供給できる。
⑦初期の製炭技術教育をマスターすれば高齢者
 や軽作業員で製炭できる。
⑧5台/ユニットの製炭炉で昼勤だけで約2tの炭が出来る。
 昼夜作業では、約4t/日の作成が出来る。
 当然、炉の数を増やせば数量は増加する。
 (製炭設備ヤードは約300坪以上あれば可能)
⑨現在の炭の商用実勢単価は用途別に50~80円/kg
 の販売価格帯である。
⑩炭の効用の見直し
 ・多孔質のためバクテリアが育ちやすい
 ・植物の育成が良い
 ・消臭、滅菌、吸着作用がある。
 ・マイナスイオンパワーがある。
 ・原油製品より安価になる場合がある。
 ・燃焼カロリーが強く、長持ちする。
 ・木炭酢液が副産物として抽出される。
 ・その他
⑪地産地消が出来る。
⑫従来に比べ製炭時の煙が少なく地域
 環境が悪化されにくい。

以上、興味深く見学してきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異業種新技術発表会

2008-10-29 | Weblog
元国土交通省副大臣の岩井國臣氏
が会長の国土政策研究会主催で
弊社が東京で技術発表を行いました。

題材は環境対策工法と資材でした。

積極的に技術発表を行っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国税局入札

2008-10-07 | Weblog
国税局入札に応札結果、弊社が1番札
になりました。

安全・品質を一番に施工致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超深地層坑道 現場見学会

2008-10-07 | Weblog
「超深地層坑道 現場見学会」

日時:2008年11月13日(木)

主催:(社)日本トンネル技術協会

JR瑞浪駅PM13:00集合です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナトム工法研修~設計施工~

2008-10-06 | Weblog
「ナトム工法研修・設計施工」

期間:11月17日~21日(5日間)
場所:(財)全国建設研修センター
    全国建設研修会館
    ( www.jctc.jp/ )
研修費用:89,000円
     (宿泊の場合は103,500円)

持参品:2006年トンネル標準示方書
    山岳工法・同解説

同じく「ナトム積算研修」は

期間:11月4日~7日(4日間)
研修費用:71,000円
    (宿泊の場合は82,600円)
     ※食費1400円/日は別途精算


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネル工学セミナー2008

2008-10-06 | Weblog
「トンネル工学セミナー2008」

日時:11月5日
場所:東京・土木学会講堂
受講料:5000円
定員:50名
主催:土木学会
   (www.jsce.or.jp/)

プログラム
①トンネル変状の進展予測と対策の
 合理化に関する研究
②トンネル最新技術に関する自由討議


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建設フォーラム2008

2008-10-06 | Weblog
『建設フォーラム2008』

日時:2008年11月13日(木)
会場:目黒雅叙園
受講料:無料

後援:国土交通省、土木学会、
    日本建築士会連合会、
    日本建築家協会

主催:日経BP社

基調講演:安藤 忠雄氏
     「自然と建築の共生」
   ~最新プロジェクトを通して~

専門トラック①土木-維持補修
      ②建築-環境づくり
      ③施工会社-勝ち残る秘訣

定員:1,000人

コメント
この記事をはてなブックマークに追加