ちょっと変わった司法書士の毎日

ちょっと変わった司法書士・小牧美江と申します。

司法書士の広告

2008-03-08 22:06:51 | 日記
ときどき拝見している静岡の小澤司法書士のブログに「司法書士の広告に思う」というタイトルの記事が掲載されました。
当該記事はこちらです。

思わず目がいき、そうだそうだと読ませていただきました。
というのも、先日、大阪司法書士会の総合相談センターで相談員をしたときに、たまたま特別研修を一緒の班で受講をした先輩も隣のブースで相談をしていて、間に相談がとぎれた時間が30分ほどできて、いろいろお話しをした際に、「広告ってできないよね、私たち・・」みたいなお話しをしたところだったんです。

私たちは、共に法律事務所に居た経験があり、弁護士も司法書士も広告が禁止されていた時代に司法書士になり、長い期間、弁護士も自分自身も名刺広告以外の広告をするという経験がありませんでした。だから、最近の新聞のあちこちに広告、電車のドアの両側に広告、駅の看板に広告」・・・しかも広告の出だしは「借金はありませんか?」というのは、何ともはや・・・。駅前でビラまきしている人もいるらしいよ、ポスティングもやっているんだって、ええっ??・・・何だか違和感あるよね・・・ちょっと違うよね・・。というような会話をしました。

私は、広告をしていません。こまきのホームページとブログとモバイルホームページは、広い意味での広告ですが、仕事のことではなく、私という人物をよく知ってください、そして、面白いやつだと思ったら、あるいは、こまきがしている青少年に対する法教育活動や、DVやセクシュアル・ハラスメントの被害者を支援する活動に共感してそういう活動を支えてやろうと思ってくださったら、こまきに仕事を依頼してください・・・というスタンスでやっています。

だから、相見積もりをとって安い司法書士を捜したい、司法書士なら誰でもいいという方には見向きもされません。だから、こまきを選んでくださった方には、心を込めて手続きをさせていただいています。依頼者のみなさんとの信頼関係でなりたつ専門職とは、そういうものなんじゃないかな、とも思います。

とはいえ、これが「武士は食わねど高楊枝」・・・では困るわけで、ここが難しいところですね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人たちと | トップ | ドーンセンターを守る運動 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む