out of curiosity #2

二つ目のブログに突入~!
ホッケー&山歩きで日光周辺に出没ちぅ!

ミズバショウ咲く尾瀬ヶ原 #2

2017-06-13 00:04:54 | 山登り in 群馬県エリア

2017年6月5日(月)
尾瀬ヶ原 下ノ大堀川から
トップ、何度も同じ画像ですみません。 本人的には微妙に違うのです。w 
さて、下ノ大堀川での撮影も無事終えて龍宮小屋に向けて歩き始めました。



途中で面白いポイント。 龍宮現象と言うそうですね。
春の雪解け水があるポイントで地中に吸い込まれるという。


そして少し離れたところに行くと。


吸い込まれた水が湧き出すポイント。
不思議な水の色で、魚がたくさん泳いでいました。


photo by トレッキングさん
龍宮小屋に到着。 ここで小休憩。
その後トレッキングさんが「ちょっとこの先に行きます。」と。


橋を渡ると。。。なんとそこは福島県。 東北地方まで足を延ばしました。w


東北地方で少し景色を眺めてからすぐに川向うに戻ります。
群馬県、関東地方です。





photo by トレッキングさん
少し戻ってヨッピ吊橋の方向へ向かいます。


木道と湿原が同レベル。 こういう所でお花が咲くと面白いよね。


景鶴山が間近だ~! そして右の方に見えるのがヨッピ吊橋。


橋を越えて燧ケ岳のほうへ。 川沿いにはやっぱりミズバショウ。


長く歩いて少し飽きてきたのでこんなこと。w
この少し先で木道は新潟県に突入です!


東電小屋に到着しました。 小屋の前には桜が満開!
ここでベンチに座ってゆったりとお昼ご飯を食べました。
お腹もいっぱいになり次は。。。。歩荷さん体験大会~!


yukoさん、本物みたい!


力強い歩荷さん!


photo by トレッキングさん
小屋にようやくたどり着いたヘロヘロの歩荷さん。w
箱の中身は空っぽで、誰でも背負子を体験できます。


東電小屋を後に戻ります。





ヨッピ吊橋を過ぎ、往路とは違うヨッピ川沿いのトレイルを行きます。


すると浮島がたくさんあるポイント。


yukoさん、トレッキングさんが何か見ています。


あ~、いたいた。 アカハライモリ。
ジッと見ていると。


カメラ目線。w


燧ケ岳上空も青空が出てきました。 が、私たちは山ノ鼻で少し休憩。 そして鳩待峠まで登り戻ります。
残雪至仏登山の後はヘロヘロで登った鳩待峠までの登りでしたが、今回は調子よく歩けました。


photo by トレッキングさん
先に yukoさんがゴールッ!


photo by トレッキングさん
そして私もゴールッ!! 登りは暑くてパーカーを脱ぎ、腕まくり。w


ご褒美の花豆ソフト~! 美味しかった~!!(*^▽^*)
戸倉に戻ってからはプラリ館でゆっくりと温泉に浸かり、帰路に着きました。
行ってみたらやっぱり素晴らしかった尾瀬。 またほかのお花が咲いたら行くかな~。

ご案内いただいたトレッキングさん、同行してくれた yukoさん、ありがとうございました!


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミズバショウ咲く尾瀬ヶ原 #1 | トップ | 酉年計画ファイナル ~鶏頂... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トレッキング)
2017-06-13 22:39:32
アカハライモリのカメラ目線よく撮れましたね!
東電小屋での疑似歩荷楽しかったです。
皆んな元気で鳩待峠に戻ってこられて最高に良い1日と成りました。
お世話に成りました!
トレッキングさん (Layla)
2017-06-14 00:33:15
あのイモリさん、ス~ッと近寄ってきてジ~ッとこちらを見ているようでした。
予報に反してお天気は良く、見どころもたくさんで、
本当に充実した一日でした!
これで花数がもっと多くなったら一日では厳しいなぁ。
小屋に泊まって一日中撮影したい~!
Unknown (yuko)
2017-06-14 09:53:48
楽しかったですね。これからも良いですよー。お山は両方登ったので、見晴にでも泊まって、夕景、夜空、朝景も含めて、カメラ三昧もいいかもしれませんね。
yukoさん (Layla)
2017-06-15 00:27:51
カメラ三昧いいですねぇ~。
でももう少し動けるうちは動いておきましょうか。w
だってわたしまだグリーンシーズンの両山登っていないのですよ。

コメントを投稿

山登り in 群馬県エリア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。