私の70代

ブログを始めて10年になりました。こんな状態で90歳までいけるのではないか,そう思うようになりました。
 

10月の畑 (芋の収穫)

2016年10月01日 | 野菜つくり

 9月30日一日だけの晴れ間が出て、畑の予定の作業を済ますことが出来ました。前日から予報で解っていましたから、30日は午前午後とも、一日一杯働く気概でした。4時45分ごろ起床・・・まだ暗いですが、晴天の気配は感じられました。明るくなるのを待って(6時過ぎ)茶前の作業に出ました。頭上は全くの晴天で、遥か西の空(養老山系上)に雲がなびいている程度でした。

 茶前の1時間は主に”草取り”でした。朝食を含めて約1時間休憩・・・、再度畑に出た時は8時を少し回っていましたが、頭上の空は6割雲に覆われていました。二時間でこんなに変わるという事は、不安定な陽気という思いでした。但しうすい雲で雨の降る心配は全くない感じでした。以後仕事に追われて・・・空を確認することはなく蒸し暑かったです。顔をぬぐうほどの汗ではなかったですが、上半身はびつしょりで・・・水分補給は必要でした。仕事が終わったのは午後4時ごろでしたが、空は一杯雲に覆われて・・・陽が差すことはありません・・・、これは予報どおりで・・・雲も厚く黒くなってきましたが、明るいうちに雨になる事はありませんでした。

 主な作業は、一回目に蒔いた小松菜のあとに二回目の大根を蒔く事と、サニーレタスとチンゲン菜の本圃への定植です。そして里芋とさつま芋の収穫でした。本格的な収穫は11月下旬ですが、今からぼつぼついただいていこうという算段です。だから里芋は2回目、さつま芋は3回目の収穫になります。食べる必要量ということで共に”五かぶ”程です。里芋の詳しい投稿は初めてだと思います。 

         
         里芋は、一五夜から二週間ぶりの収獲で、一回り大きくなった感じです。

         
  里芋に比べると、さつま芋は「大きくなっていない!」が実感です。一もと当たり個数は結構ついていますが、
 陽気が不純なのが原因のようです。

         

         
 里芋は、綺麗に洗って持って帰ることが必要です。私はそうしています。桶に入れて手製の道具でゴシゴシとかき混ぜて、表面の皮を擦り落とす訳です。結構時間もかかって・・・女の手では、大変と云えますから・・・。夕飯には、その里芋がでて「美味しかった!」です。近所でも人気です。

 今日1日は、予報どおり昨夜から雨になっていました。朝起きた時もやさしい雨が降っていましたが、八時ごろには雨が止みました。しかし 晴れ間が出ることはありません。問題は、こんな陽気があと5日間続く予報で、その後半は台風18号が迫ってくる感じです。野菜には何らかの影響があると考えます。秋晴れが待ち遠しいす。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケイトウ (火の花) | トップ | 10月の畑 (秋雨の中で) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり、日照時間が短かった。 (ダイヤ・ドラゴン)
2016-10-01 16:18:51
今年の夏は8月から台風が来て梅雨前線が何とかでよく雨が降って夏物野菜には悪条件でした・それにしても見事なサツマイモと拝見させていただきました。元気な根を見てサツマイモさんが気の毒でした。師匠の元気の源は新鮮野菜と思いました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL