私の70代

ブログを始めて10年になりました。こんな状態で90歳までいけるのではないか,そう思うようになりました。
 

6月の畑 (早蒔き野菜)

2017年06月13日 | 野菜つくり

 7日に梅雨入りが発表されてから、ずっーと良い天気が続いています。梅雨前線が海上を遥か南え下がっているようです。全国的には雨が降っている所はあるようですが、私の処だけが?好天が続いている感じです。週間予報ではあと一週間雨はないようで、梅雨と云うのに二週間雨がないわけです。好天に加えて風の強い日が多く・・・、からからに乾いています。それに朝晩は平年と比べると涼しいです。
 日中も25℃を超える夏日も少なく、6月に入ってから畑から帰ってシャワーを浴びたのは、一回だけと云った感じです。総じて気温は、平年とくらべると低めだと判断しています。

 雨の少ないのは、畑地灌漑施設で補えますが、朝の気温の低さは夏の果菜類の結実に、いい結果を与えていないと思っています。が 自然現象ですので・・・、与えられた環境のなかで、最善をつくすを心掛けています。私の野菜作りの基本姿勢です。(自家菜園)
 この時期、もう4時過ぎには明るくなってきます。早めに畑に出て午前中で畑は終わり、午後からは体を休めるようにしています。89歳と5か月にになります。まだ小さなことですが、体調に2~3問題が出てきています。老化の進行ととらえていますが、あと10年自立しなければ成りませんから・・・。

、                        
              玉ねぎをこんな調子で保存しています。

                                
             3月9日に蒔いたトウモロコシです。早蒔きは初めてですが、来年もやりたいです。収獲はあと一週間・・・?

                        
              ミニトマトです。

                        
        西瓜も大小合わせて結実しています。手鏡と中空にテグス糸を4本ほど引いてカラスとキジの被害を防いでいます。

                        
    3月6日に蒔いた五月豆です。五月豆をこんなに早く蒔いたのは初めてです。食感(あじ)収獲量とも大成功です。

 早蒔きは、この他に枝豆をしています。あと10日位で収穫できますが、三種類とも良かったと思っています。ビニールのトンネル蒔きの手間はかかりますが、それを補える収穫があります。複数の利点はありますが、無農薬は特筆します。畑の一部の紹介です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほうずき作り (試験的) | トップ | 6月の畑 (雨が少ない!) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御見事です。 (ダイヤ・ドラゴン)
2017-06-20 19:05:29
細長い西瓜は初めて拝見しました。
「右脳視床下部内出血のよる左半身不随と云う病名を頂いてから早3年、馬齢を重ねています。こんな病気に執り付かれていなければ、師匠の弟子として僕も枕の様な西瓜を栽培していたことでしょう。悔やんれます。シツレイしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL