私の70代

ブログを始めて10年になりました。こんな状態で90歳までいけるのではないか,そう思うようになりました。
 

6月の畑 (雨を待って・・・)

2017年06月22日 | 野菜つくり

 昨日21日は、北海道を除く全国的に大雨・洪水・突風警報が出ていました。東海地方は明け方から雨の予報でしたが、朝方の暗い内には、雨音は聞こえませんでした。4時45分ごろ起床し直ぐ窓を開けて外を確認すると、細かい雨がまだ降り始めたばっかり・・・の感じでした。が 時が経つと共に雨の降り方は強くなってきました。警報は出ていましたけれど、激しいどしゃ降りの雨にはなりませんでした。
 二週間余の晴天と強い風で、真っ白に乾いた畑には、格好の恵みの雨になり正午頃には止んでくれました。風はほとんど無風状態でした。太平洋側が荒れたようでした。

 明けた今朝は、うす曇りで雨の心配はなく、早朝から葱と胡瓜(2回目の)植え付けをしました。畑の土は適当な湿度・・・、働くとじんわり汗が滲み出てきました。午前中で予定の仕事を終わることが出来ました。

                      
             左の一列は、一本葱「下仁田葱」で初めて作りました。右は「越津葱」です。

                   
 胡瓜の苗10本を植えました。(自家苗)同じ列の背丈伸びているのが、収獲最盛期の胡瓜で、一日平均10本余を採っています。二代目は、7月から8月にかけて収穫を予定しています。

                         
 3月9日に蒔いたトウモロコシで、今日2本だけ試験採りしました。収獲適期です。無農薬で来年もこの方法で作ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の畑 (ジャガイモの収穫) | トップ | もう秋?? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お見事です、 (ダイヤ・ドラゴン)
2017-06-22 23:18:58
トウモロコシも綺麗な出来栄えで歯抜けがありませんねえ。小生の作ったようモロコシは歯抜けばかりでした、これは、施肥の違いでしょうか、北海道を旅したとき買って食べたトウモロコシのようでかんどうしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL