私の70代

ブログを始めて10年になりました。こんな状態で90歳までいけるのではないか,そう思うようになりました。
 

京都迎賓館

2016年09月18日 | 旅行

 京都迎賓館は、過去2回ほどテレビで見て、ある程度は知って居ました。その迎賓館の一般公開を知って・・・ぜひ行ってみたい衝動にかられました。内閣府のホームページから申し込む方法のようで・・・?これに類する方法は苦手意識があり、それでも挑戦してみたら・・・一発で達成できました。

 日本の国賓に当たる方を招待する場所です。建物から調度品そして庭を含めて・・・、日本の最先端の技術を持った人々によって創られたものが、私の写真技術で撮らえられるか不安一杯でした。
 案内の人の、注意点を聞いたほかは、私の感覚で無心にシャッターを押していました。見学した所は、主に聚楽の間・夕映えの間・藤の間・桐の間とそれに面した庭園です。150枚ほどの写真を撮ってきましたが、家に帰ってパソコンにとり入れ、3日間ほどで何回も写真を眺め、消却法で・・・必要最小限の枚数で迎賓館を表現したつもりです。

 あえて、説明文を付けません。この写真を見て・・・、「私も行ってみよう!」という気持ちなって戴けたら幸いです。また違ったあなたの「美」を見つけてください。

 

京都迎賓館

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西陣着物ショウ― | トップ | 京都 青蓮院門跡 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動させていただきました (ダイヤ・ドラゴン)
2016-09-19 08:42:51
素晴らしい写真!もちろん拡大でスライドショウを見せて頂きました。僕の場合絵画や陶器類は良さが分からないオソマツさですが、やはり池のある庭園には感動します。フランスの王侯貴族に庭は芝ふと左右対称の丘や山だそうですが、日本庭園の美しさは芝生如きものと次元が違うと思います。師匠の行動力とネットで予約など若者顔負けの実行力に惜しみない拍手をおくります。スライドショウも見事でした。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL