私の70代

ブログを始めて10年になりました。こんな状態で90歳までいけるのではないか,そう思うようになりました。
 

西瓜作り・一つの手本

2011年08月06日 | Weblog

 8月に入ると、『アブラゼミ』の鳴き声が聞けるようになりました。7月半ばから鳴いていた『クマゼミ』と夏の一日を振り分けて鳴いている感じで、クマゼミが午前中、アブラゼミが午後を担当しているようです。それに、住む場所も違えているようです。アブラゼミは、庭の木々など家回りや集落の中、クマゼミは高い木のある森などで、畑など外へ出るときによく聞きます。
 セミの声を聞いていると”夏真っ盛り ”を思わせますが、気温は低めで不安定な陽気が続いています。何れカンカン照りの日が来ると思いますが・・・。

 私の所の第一作のスイカは終わって、蔓をあげてしまい、第二作の”お盆ごろ”に収穫予定のスイカだけがl残っています。

 最近、近所の人で”畑で西瓜作り”で情報交換したとき「私の家のスイカは、まだ青々しており、まだ盛んに『成っている!』という話でした。

 特にスイカの株元が巨大で、そこから出ている、蔓の太さが普通のスイカの3~5倍になっているという話でした。

 話を聞いていて、???と思いながら、いずれにしろ、畑をみせてもらうことにしました。

 右の写真は2日後に、畑を見に行ったときに撮った写真で(8月4日)、小玉スイカです。
 「一株で、現在までの収穫数は、約40個ほどです」作った人の言葉です。まだ10個ほど成っているのを、私が目測しました。

 作り人の言われた”株元に”注目しました。第一印象”びっくりしまして!、初めて見ました”

 『接ぎ木苗』のようです。6本出てる子蔓は太いので2センチ、細いので1,5センチあります。先へ行くほど細くはなりますが・・・
  その長さは、目測ですが6メートル余、直径12メートル四方に青々と広がっていました。

 木に例えれば”巨木”と言ったところですが、作り人が言われる『成ってしょうがない!、40個余を採った』は、決して大袈裟ではないと感じました。

 



 
スイカの根元の太い所では8センチあります。

私が今あるスイカの根元は、1,5センチです。

 どうして、こんなスイカの木が作れたかー
 
 (1)『肥料を多く施す』につきる。

 (2)思い切った広さを確保する。 

 

 

 
 肥料の種類、施肥の方法など技術的なことはあると思いますが、教えてもらって(隣人の、堀場信光さん)来年は挑戦したみたいと思っています。

 比較参考資料です。
   

  お盆用に今畑にあるスイカで、接ぎ木苗ではありません。根元の太さは1、5cmで、右の写真はその結実状況です。品種は”ピロマスタ”果肉質は、緻密で桃色がかった赤色で長く保存できるのが特色です。果重は8~10キロになります。この木の太さで(6株で12個)成っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝顔と黄色瓜(こうせきうり) | トップ | ナガコガネグモ(女郎蜘蛛) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スイカ作り名人 (matutaka)
2011-08-14 15:36:24
いや~驚きました。
私の常識は、1本に4本の子蔓、1本の子蔓に1個のスイカです。
それなのに、その10倍の40個とは吃驚仰天です。
肥料をやり過ぎると蔓ボケすると教えられていましたので、肥料をひかえていましたがその常識は間違っていたようですね。
来年、是非挑戦してみたいと思いますので、差しさわりのない範囲で、情報を提供していただくと有り難いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
足痩せ (透明肌ブログ)
足痩せの日記です!
美優の足やせ!足のむくみ一発解決 ヴィーナスラボ 感想 (透明肌ブログ)
美優は普段から足のむくみが半端なくて、 美優は仕事終わりになると、いつも美優足はパンパンなんです。 でも美優のそんな足のむくみの悩みも、 【目指せ!肌美人ブログ】で一発解決しました↓↓↓ 目指せ肌美人ブログヴィーナスラボ 感想編 ヴィーナスラボ 感想に...