人生にロマンスとミステリを

大人の女性向けロマンス小説書き&オカタイ実務翻訳者です。仕事のこと、日々のことを綴ります。

ええええええっ……

2017-05-12 08:41:30 | 日記
だんなのお母さん、つまり私のお義母さんですが、最近家族で泊まりで訪ねたとき、
すんごいびっくりすることを言われました。

お義母さんは子どもが小さいときにご主人を亡くし、義理の母と同居して働きながら
子ども(だんな)たちを育て上げました。んで、子どもの手が離れたら、まあ、
趣味や旅行など、自由な生活を楽しんでいたみたいです。

数年前、お義母さんに乳がんが見つかりまして。そのときも「しんどいから会いに来ないで!」と
言って、治療に励み、治りました(このときは義母の義母も存命でした)。

去年、訪ねていこうとしたら、「体調悪いから来ないで」と言われて、
「そっかー」みたいに思っていました。

それまでにも、「風邪引いたから来ないで」みたいに言われることはたまにあったし、
「旅行に行くからいない」とか言われたこともよくあったので、気にしていませんでした。

が! 最近訪ねたとき、いきなり写真を見せられて。
義母「これは○○病院で撮った肝臓の写真やけど、これががん。13個くらいあるでしょ」

私、その生々しい写真に顔面蒼白!

義母「お医者さんには『がんですね。大腸にも転移しています。末期です。ステージ4。
手術はできません。余命1年です』って言われたの」

私はなにも言えなくて、ただ、こっちに来てもらって入院するのか、それとも住み慣れたところが
よければ、私たちがもっと頻繁に孫を見せに来るか……頭の中でいろいろぐるぐる考えました。

義母「『抗がん剤を使えば5年生存率は60%です。どうしますか?』って訊かれたから、じゃあ、
抗がん剤治療をお願いしますって答えたの」

で、おもむろに別の写真を出して、
義母「これは先月撮った肝臓と大腸の写真。すごくきれいでしょう? 治療を続けたら、
1年も立たずに治ったの! すごいでしょ~!」と。

去年の時点で発覚し、だんな(息子)には「嫁(私)を悩ませたくないから黙ってて」とおっしゃっていたそうです。

結果よければすべてよし?
本当によかったけど、かなり「えええええっ」でした。いろいろびっくりしました。

前向きで知的な趣味をお持ちのお義母さん、どうぞお元気で長生きしてください!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ん? | トップ | サッカーが特別好き、という... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。