人生にロマンスとミステリを

大人の女性向けロマンス小説書き&オカタイ実務翻訳者です。仕事のこと、日々のことを綴ります。

学校選択制

2016-08-26 08:41:12 | 日記
区役所から学校選択制に関する書類が届きました。校区外の小学校に行かせる予定はなかったので、
封を切らずに二日ほど放置していました。んで、昨日、時間があったので封を切ったら、校区内の
学校に通わせる場合でも提出すること、と書いてあった。おお、そうなのか(笑)。

うちの区では、長男が入学した年の翌々年から学校選択制になったため、
長男のときは選択の余地はありませんでした(まあ、どうしても校区外の学校に行きたければ
なんらかの方法はあったのかもしれませんが)。

今になってこういう書類をもらっても、長男と別の学校に次男を通わせるという選択肢は思いつかない。
だって、学校はうちから見えるとっても近いところにあるから(笑)。

でも、パンフレットを見たら、学力テストや体力テストの平均値が掲載されているんですね。

そうしたら、「あれ、お兄ちゃんの学校、意外とテストの平均点低いんやなぁ。隣の校区の方が
平均点高いし、体育も充実してそう」などと思ってしまうわけです。

もちろんそういう数字がすべてではないし、平均点がいい学校の方が学習環境が充実しているとか、
教え方のうまい先生がいるとか、一概に言えるわけではない。

でも、やっぱりそういう数値に引きずられてしまうわけで。それだけでなくちゃんと学校の雰囲気も
見て考えなければいけませんが、こうしてぐだぐだ言いつつも、結局、長男と同じ小学校に通わせることになるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『フォンダンショコラ男子は苦くて甘い』第8回更新

2016-08-24 23:11:11 | 日記
フォンダンショコラ男子は苦くて甘い』第8回を更新しました。
ついに美渚も初○○です。きゃー(←?)。ご覧になっていただけると嬉しいです~。

短いブログですみません~。
最近いろいろあってへこみ気味ですが、なんとか生存しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖6』

2016-08-22 00:17:26 | 読書記録(紙書籍のみ)
三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖6』

連日、夜な夜な読んでいます(笑)。

ついに6巻! 出だしから大輔くんが大けがしちゃって病院のベッドの上という……。

なになに、なにがあったの!?
と思っていたら、栞子さんのお母さんになにがあったのか話すように言われて、大輔くんが語り出しました。

栞子さんとのファーストキスから、栞子さんのところに持ち込まれた事件、自分の祖母とその不倫相手の
話……。

作者さんは第1巻を書かれたとき、ここまで練って書かれたんでしょうか。それともあとから考えたのかな。
どちらにしろ、すごいわ。47年前の出来事を明らかにする過程で、大輔くんは自分が祖母と
不倫相手の孫だと明かしてしまいます。第1巻ではその男性の別の孫が、太宰治の『晩年』初版をめぐって栞子さんに
大けがを負わせるのですが、ついにその加害者に対し、大輔くんは自分たちの関係を話してしまいます。

そんでもって、もう一冊あった『晩年』の初版をめぐって思いも寄らぬ相手が大輔くんに大けがを
負わせるという……。しかし、さすが大輔くん、栞子さんの本とその加害者を守るという(うーん、お人好し)。

で、また最後にお母さんが出てきて、またとんでもない伏線をはって(?)消えていきます。


それはそうとして、今回の本は大輔くんが過去の出来事を栞子さんのお母さんに語るっていうスタイル
ですよね。ってことは、大輔くん、栞子さんとの初チューのこともお母さんに話しちゃったってこと!?

自分の彼氏が自分のいないところで自分の親に初キスのことを報告してるなんて……。ぐぬぬ。
でも、仕方ないか。そうしないと読者にもわからないし。

今回は店にしかけられていたあるものについて、最後の最後で読者に明かされるという、「え!?」ということも
ありました。

ああ、第7巻、早く読みたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖5』

2016-08-21 06:59:09 | 読書記録(紙書籍のみ)
三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖5』

4の最後に大輔くんが告白するから、続きが気になって読みました。
今作は短編集なので、一話だけ読もうと思ったのに、プロローグで栞子さんが告白の返事をしかけた
ところで時間が戻るので、結局気になって一気読み(眠い……(笑))。

栞子さんのお母さんがたっぷり裏で糸を引いています。普通にそこら辺にいる人がそんなことを
しているのだと想像すると鳥肌が立ちますね。どういう人なんだ、このお母さん。

店の常連客からついには栞子さんの友人まで、うまいことお母さんに使われてしまいます。むー。

持ち込まれた謎の一つもかつてのお母さんの行動が原因だったりして、なんともまあ、
このお母さんの存在感のすごいこと。

今作では手塚治虫の『ブラック・ジャック』にまつわる謎が出てきます。何冊か読んだな~。
でも、その作品があんなにも手直しされていて、コミックにもいろいろあったんだと知ってものすごく驚いた。
常に時代に合ったいい作品にしようとしたその姿勢、すばらしいです。

大輔くんと栞子さんの仲、ようやく一歩前進です。でも、キスくらいさせてあげてよー(笑)。
6巻も大波乱の予感。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4』

2016-08-20 08:48:16 | 読書記録(紙書籍のみ)
三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖4』

最近、こればっかり読んでます(笑)。
いつもはほぼ一話完結の短編集って感じなので、今回もまず一話だけ読もうと思って、
寝る前に読み始めたら、今回のは一冊で一話でした。結局夜中までかかって完読(笑)。

栞子さんのお母さんがついに登場! なかなか癖のある人物です。
そして、栞子さんと大輔くんの仲もようや~くほんのすこ~し前進(がんばれ、大輔くん!)

今回中心となったのは江戸川乱歩のコレクションでした。たいてい読んだことのない古書が
取り上げられているのですが、江戸川乱歩は長男が去年くらいにはまったので、私も
初めて子ども向けのものを一冊読みました。大人向けのものも読んでみたいな(すごそうだけど)。

作中で出てきたモーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズやコナン・ドイルの
シャーロック・ホームズシリーズは大好きで全部読んだんですよね(内容はだいぶ忘れたけど(笑))。

今回は謎そのものもですけど、取り上げられている本にも熱くなりました。

それにしても、細かくちりばめられている伏線、すごいです。でも、今回はいくつかわかりましたよ~。
謎解きに恋に、楽しめる作品です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぎっくり腰とバレエとサッカーと

2016-08-18 07:55:40 | 日記
盛りだくさんなタイトル(笑)。

月曜日にぎっくり腰をしまして。またかよ~。
長男が鼻血を出してティッシュを詰めるためにバタバタしているときに、ぎっくりと。
なんでそんなんでなるねん! もう自分がわけわからん。

んで、昨日はバレエを鑑賞してきました。
そんな高尚な趣味を持っていたのか!?と疑問視されるかもしれませんが、無料招待に
当たったのです。生まれてこの方、くじ運の悪さだけは折り紙付きの私にしては珍しい!

稲森財団という稲盛和夫さん(現京セラ株式会社名誉会長)が
設立したすばらしい財団プレゼンツの松山バレエ団による『白鳥の湖』を鑑賞してきました。

セットも衣装もすごいし、なにより前から二列目というかぶりつきのお席!
きっとこんなふうにバレエを観る機会なんてこれで最後の気がするよ……。
本物に触れさせていただき、ありがとうございました。

稲森財団は京都賞という賞で「科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方々の功績を讃える」
同財団ウェブサイトより)事業のほか、研究者の助成や社会啓発に取り組んでいます。

小学生以上しかダメなので、次男は実家に預けて、長男と二人で鑑賞。しかし、小学男子には
2時間45分のバレエ鑑賞はなかなかの苦行であったようで……隣でやたらともぞもぞしていました。
一生懸命解説をしてどうにか興味を引いてみたのですが……。

周囲を見ても小学女子は大人しく観ていますが、もぞもぞしている小学男子はほかにもいました。


今日はサクラ色のサッカースクールのコーチが教えてくれるという、ファミリーサッカー教室に
参加してきます。これも申し込んだら行けることになりました。

とはいえ、自分の体が持つのか心配(笑)。


あ、それから、昨日、『フォンダンショコラ男子は苦くて甘い』第7回を更新しました。
ぜひぜひご覧になってくださいませ~。吉野さん、切ないっす……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぎゃふん

2016-08-13 10:44:36 | 日記
十ン年前、某ショップでアルバイトをしていたときのこと。
男性店長は自分の彼女(アルバイト)と控え室にいつもこもっていて、
全然仕事をしないのです(ナニをしていたかは知らない←カタカナで書くな!)。

売り場がどんなに混んでいても出てこなくて、同じアルバイトの女子大生たちと
「店長ひどいよね~」って話していたときのこと。

私が冗談で「いつかぎゃふんと言わせてやる!」と言ったら、一人の女子大生に爆笑された。
「今時“ぎゃふん”なんて言わへんって」と。

え? そうなん? 今時ってあなたも私も同い年やん!

と思ったのですが、“ぎゃふんと言わせる”って本の中では出てきても実世界では使わないのかな、
とそれ以来使用を控えてきました。

んで。昨日の某子どもアニメ番組で、主人公の一人が「○○め~、ぎゃふんと言わせてやる!」と
言っていました。

おお、ぎゃふんって言ってる! しかも小学生が!
と喜んだのですが、これもテレビの中でのセリフですよね。

やっぱり実世界では「ぎゃふんと言わせてやる」って言わないのでしょうか。

そんなことを思った夏の暑い日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏のお裾分け

2016-08-11 18:19:37 | 日記
 
しばし逃避行しておりました。南の島へ。

現地はずっと雨の予報で、「私がなにをしたって言うねん!」とむっかりしていたのですが、
いざ着いてみると曇りor晴れのなかなかのお天気で、シュノーケルにバナナボート、
海にプールに、と遊び倒し、一年分のストレスを発散してきました。

さあ、気持ちを切り替えて仕事だ!

と思ったのですが、結局逃避行する前と変わらないぐだぐだ感。あかんなぁ。

ちびっこと遊びながら、隙間時間に仕事。むー。やるしかない。


昨日、メクるさんで連載中の『フォンダンショコラ男子は苦くて甘い』第6回を更新しました。
よろしければ覗いてくださいませませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑中お見舞い申し上げます。

2016-08-06 09:11:39 | 日記
今週末はかなり気温が上がるそうです。
みなさん、熱中症にはどうぞご注意ください。

今日は長男の小学校のお祭りです。お当番でかき氷店の店番を手伝います。
子どもが少ないので、毎年なにかしらお当番があるのですが、今年はかき氷店! 
実はあのしゃりしゃり~ってするやつ、一度やってみたかったんですよね~

でも、一昨年は四〇分間のお手伝いなのに、その四〇分で熱中症気味になってしまいまして、
お祭りのあと頭痛でダウンしていました。

去年は大丈夫だったので、今年もしっかり水分補給してがんばりまっす!

って、確認したら、今年のお当番は一時間だった


来週、家族で出かけるため、戻ってから納品する予定の翻訳の仕事を、先に納品しました。
そうしたら、早すぎたのか、コーディネーターさんから返信がありません。
ん? お休み? それともこんなに早く納品していらんかった? なにかとんでもない失敗した?

むー。悩みます。悩まずにどどんと構えている方が楽なんでしょうけど……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かなり悲しいことに気づいた

2016-08-04 09:06:23 | 日記
6月に住宅ローンの借り換えをしました。インターネットで調べていたからか、そこの広告がやたらと
表示されるようになってしまいました。

私に嫌な現実を突きつけてくれます。

7月に利率が0.1ポイント下がり、8月にはさらに0.05ポイント下がっています。ぎゃ~~~~!! 悲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加