人生にロマンスとミステリを

大人の女性向けロマンス小説書き&オカタイ実務翻訳者です。仕事のこと、日々のことを綴ります。更新頻度は……低いです。

物語の切り口

2016-06-25 09:59:01 | 日記
今、プロットを考え中です。
あらぬ方向を見たままぼんやりして妄想を膨らませます。
(いつもそんなことをしてるから、「ひらびさんはぼんやりした人だ」と思われているらしい。
いや、実際そうだけど(笑))

さて。
野いちご学園のエアラブがパソコンでもできるようになりまして、ちょこっと投稿してみました。
今のお題は「七夕」

ほかの方の作品を読んでいたら、恋が叶うハッピーなものから、亡くなってしまった人への想いをつづった
悲しいものまで。

そっか、七夕でもそんなふうにたくさん切り口があるんだね~。

いろいろな切り口でプロットを考えますです、ハイ。


あ、そうそう、最後の一匹だった蛹くんも、いつの間にか羽化してました。
蛹化するところは見られたのに、羽化は見逃してしまった。下の子の歯医者さんで
バタバタして、蛹のチェックを忘れていたのです。くぅ~!


そしてそして、『フキゲン課長の溺愛事情』ご購入くださった方、ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルトサックスを吹くと

2016-06-19 09:37:35 | 日記
日曜日の朝は『題名のない音楽会』を観ます&聴きます。

まあ、7時半からの子ども番組からの延長なのですが。

今日の題名は『ニュースタンダードの音楽会』。
超かっこよかった! エリック・ミヤシロEMバンドの演奏、最高です!
血湧き肉躍るって感じで、今でも胸がドキドキしています。

私も連れもマイケル・ジャクソン世代ではありませんが、それでも
彼やプリンス、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの音楽は世代に関係なく
人の心を熱くするのではないでしょうか(私感ですが)。

うちの子どもたちも「あ、この曲知ってる!(ものまねグランプリで観た(笑))」と言ってました。

それはさておき。アルトサックスを吹くと、男性はどうしてこうもかっこよく
見えるんでしょうか。

たぶん、そのへんで見かけたら普通のおじさんに見えるような人たち(ごめんなさい!)が、
ひとたびアルトサックスを持ち、マウスピースを咥え、音を奏で始めると、なんかもう
全員ダンディに見える!

私の記憶の中にある、高校のブラスバンド部時代のアルトサックス奏者は、ちょっと
変わり者な男子、恋のライバルだった女子、それから背の高いイケメン先輩、小柄で
かわいらしい先輩……です。

いい刺激もらいました。

スターツ文庫大賞のコンセプトにあった作品は書けそうにないので静観しようと思って
いましたが、なんか、今書きたいイメージが少しだけ浮かんできました。

とはいえ、今、長編を書く精神的体力がないので、書かない可能性もありますが……。

読みたい作品もあるのですが、自然に任せておきます(って最後は意味不明ですみません)。


さりげなく(あこぎに?)宣伝。
アルトサックスを吹くイケメンが登場する拙作です。
ほ~ら、あなたもアルトサックスを持つ男性に萌えるように……(すみません)。

『嘘から始まる運命の恋』
妹のフリして振るはずだった男性と恋に落ちて……!?

dブックさんでは限定番外編付で、さらにその後(出会ってから九ヵ月後)の二人のストーリーが
結構たっぷりついていますので、よろしければ。

『恋の雨、愛を奏で』
失恋して雨に濡れているときに出会った彼は、悲しい音色を奏でるアルトサックス奏者だった……。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨風に立ち向かえるようになれば

2016-06-18 07:50:30 | 日記
燃え尽き気味だったけど、ようやく浮上できそうかも。何本かドラマや映画を見て、
何冊か本を読んで、それでもなにも書けなかったのですが、やっと気づきました。

長編が書けないなら、短編を書いてみよう。

というわけで、ベリカさんにオフィス編の短編をUPしてみました。3000字弱なので
ご覧になっていただけると嬉しいです。
小さな恋、集めました【オフィス編】


レイモンド・チャンドラー、おもしろかった。たくさんいい刺激をもらいました。
ほかの作品にもたくさん刺激をもらいました。

野いちごのエアラブとか、作家名を見ないまま読んでも、「あ、これ、きっと○○さんだ」って
わかる作品があります。そういう自分らしさのような文章がある、というのはすごいなぁと
思います。

でも、私らしさが確立できなくても、自分らしく書いていけばいいんじゃないか、とか。
自分らしく書いてそれにアドバイスをくれる人がいて、ちゃんとした形にできる道が
あれば(ないときもあるけれど)、謙虚に取り組んでいこう。

結局、私が雨風と感じるものは、弱い私の心がもたらしたものなのだから。

焦りとか妬みとか、そういうものを感じなくなるには、高野山にこもるしかないか(違)。

うまく気持ちを切り替える方法を知りたいですにゃー。

(レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』、村上春樹訳、早川書房、訳者あとがきP564より、
チャンドラーの手紙の一部)

もし書く気が起きなかったら、むりに書こうとする必要はありません。窓から外をぼんやり眺めても、
逆立ちをしても、床をごろごろのたうちまわってもかまいません。ただ何かを読むとか、手紙を書くとか、
雑誌を開くとか、小切手にサインするといったような意図的なことをしてはなりません。書くか、まったく何もしないかの
どちらかです。(中略)この方法はうまくいきます。ルールはふたつだけ、とても単純です。
(a)むりに書く必要はない。(b)ほかのことをしてはいけない。あとのことは勝手になんとでもなっていきます」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』

2016-06-17 14:11:46 | 読書
レイモンド・チャンドラー著、村上春樹訳『ロング・グッドバイ』

ミステリ翻訳家を目指しているくせに、今頃読んだのか、という突っ込みはナシでお願いします(笑)。

なにしろ世の中には優れたおもしろい作品がたくさんありまして、順番に読もうと思っても
なかなか時間がないのです。

さて。

私立探偵フィリップ・マーロウが酔っぱらいのテリー・レノックスを助ける。
普通ならほっときゃいいのに(と駐車場係も言っているが)、彼にどこかなぜか
惹かれるものを感じてしまうフィリップ。その後、彼と夜、何度かバーでギムレットを飲み、
友情(のようなもの?)を育む。

ある日、テリーの男癖の悪い妻が惨殺される。アリバイもなく、テリーが犯人とされるのは
避けられない。テリーの無実を信じるフィリップはテリーのメキシコ逃亡に手を貸す(もちろん、
探偵なので、事後従犯にならないように詳しいことは訊かない)。

けれど、逃げ切れないと悟ったのか、テリーがメキシコで自殺してしまう。
そのことに負い目を感じるフィリップ(でも、はっきりそうとは書かれていない。ただ
感じ取れるだけ)。

フィリップは取り調べの過程で警官にひどい目に遭わされたり、ごろつきに脅されたり。

そんなフィリップに接触してきたのが出版社の編集者。アル中のある作家を見張ってほしいと
いうもので、その作家はなんとテリーの妻の姉の夫をかかりつけ医とする女性の夫(おおう、複雑)。

その作家の妻アイリーンはもんのすごい美人で、ワケあり。アル中の監視の仕事は断ったものの、
「主人がどこかへ行ってしまった。探してください」とアイリーンに頼まれ、結局作家を捜し出す。

けれど、そのうちアル中作家はなにやらあれこれ匂わせながらも自殺をしてしまう。

自殺ばっかりやな~と思ってたら、すぐに作家は他殺であるとわかり、作家を殺したのも、
テリーの妻を殺したのも……っという流れ。それで終わりかと思いきや、なんとテリーが……
という話で、テリーとかわした友情が最後は悲しいものになって終わります。

ああ、こんな短いあらすじ&感想では、ぜんぜんフィリップ・マーロウの魅力が伝わってこないな。

義理と人情(うまくいえないけど)、そんなものを大切にし、筋の通らないことが大嫌い。
強い者にへつらわず、痛めつけられても信念を貫く男。

あー、こんな表現でも彼の魅力は伝わらないな~。すみません。

そうとは書いてないけど、そうと読み取れる。そういうのがすごく魅力的で、味のある文章です。
長いのに飽きさせない。

それから、村上春樹さんのあとがきもおもしろかった。チャンドラーが時間をかけて作品を書く人だったと
知って、嬉しかった。


余談。
I suppose it's a bit too early for a gimlet.

超有名なこの本の中のセリフ(テリーのもの)ですが、『あなたに愛のカクテルを』を執筆している
ときに知りました。ほんと、余談ですみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんかいろいろ

2016-06-16 22:27:14 | 日記
住宅ローンの借り換えプロセスの途中です。3回銀行に行きました。あと2回+だんな1回
銀行に行けば、借り換えできそうです。

今読んでいるミステリで、登場人物の一人である有名作家が、「過去の作品を読み返すように
なったら作家は終わりだ」みたいなことを言っています。ひぃぃぃ~!

ええ、はい、たまに読み返しますよ。そうしたら、「あ、私、この表現気に入ってたよな~」と
思い出したり、「あ、そうか、この言い方も使える!」なんて思い出したり。

結局、私が忘れっぽいってことだ。


それはそうと、昨日ベリカさんに久々に投稿したエアラブ作品を、野いちごに投稿する前のバーションに
書き換えました。ベリカさんでこの作品を400字以内のまま掲載すると、イラストもないし
どうも言葉足らずな気がして。

もとはこんなんでした。よければお目を通してくださいませませ。
(短編集って銘打ってるからには、ほかの作品も書かねばねばねば……)


【俺様男子・勇輝と放課後、校舎裏】

 クラスの男子に呼び出された校舎裏。告られたけど好きな人がいるって断った。
 あーあ、告ってくれたのが勇輝だったらなぁ。
 私はため息をついて壁にもたれた。
「おい」
 不機嫌な声が聞こえてきて、ドキッとする。右側を見たら当の勇輝がいた。
「な、なに?」
 告られたの見られてた? でも、モテる勇輝のことだもん、私のことなんて気にしないよね。
「英語のノート見せろっつったろ」
「別に私のじゃなくてもいいじゃん」
 そうやって絡まれるたびに私が胸を痛めてるって気づいてよ。
 切なくなって壁から体を起こそうとしたとき、勇輝がいきなり私の顔の両側に両手をついた。壁ドンってやつだ。
「おまえのがいいんだ」
 ほら、こうやってまた私をドキドキさせて苦しめる。
 至近距離で強い眼差しで見つめられて、息が止まりそうだ。
「なんでよ」
「おまえのものは俺のものだから」
「はぁ?」
 それが人にものを頼む態度!?
 涙がにじみそうになる目でキッと見上げた。勇輝が怒った声で言う。
「だから、おまえのものは俺のもの。ついでにおまえも俺のもの。勝手に告られてんじゃねぇ」
 勇輝の顔がみるみる赤くなった。
「それって……?」
 どうしよう、期待してしまう。
「いいかげんわかれよ、バカ」
 勇輝の顔が近づいてきたかと思うと、唇をキスで塞がれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアラブやってみた【お題】俺様男子

2016-06-15 23:07:06 | オリジナル短編小説
Berry's Cafeさんの姉妹サイトで野いちご学園えあら部というのをやってまして。
好きな作家さんの投稿は追ってたのですが、初めて自分でも参加してみました。
スペースと改行を入れて400字以内らしく、これがなかなかきつい。見直すたびに文が長くなる
私なのに、削って削って、それでも多くてさらに削って……。

こんなのになりました。ガラにもなく(恥ずかし~)。

キュンしていただけると幸いです。


お題【俺様男子】

クラスの男子に呼び出された校舎裏。告られたけど好きな人がいるって断った。
告ってくれたのが勇輝だったらなぁ。ため息をついて壁にもたれる。
「おい」
不機嫌な声にドキッとして右側を見ると、勇輝がいた。
「な、に?」
告られたの見られた? でも、モテる勇輝のことだし、私のことなんて気にしないよね。
「英語のノート見せろっつったろ」
「私のじゃなくてもいいじゃん」
そうやって絡まれるたびに私が胸を痛めてるって気づいてよ。
悲しくなって壁から背を離そうとした時、勇輝がいきなり私の顔の両側に両手をついた。
「お前のがいいんだ」
「なんでよ」
「お前の物は俺の物だから」
「はぁ?」
「だから、お前の物は俺の物。ついでにお前も俺の物。勝手に告られてんじゃねぇ」
勇輝の顔が赤くなる。
「それって……?」
勇輝の顔が近づいてきてキスされた。
「いいかげんわかれよ、バカ」



こんなのでいいのでしょうか。
創作意欲欠乏症ながらがんばってみました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目撃っ!

2016-06-11 22:08:44 | 日記
今日、kidsをスイミングに連れていきまして、帰りはいつも近くの公園で遊んでから
帰るのですが、今日は足かけ前回りに挑戦した長男が鉄棒から落ちてしまい、
テンションだだ下がり。いつもは約束の時間が来ても遊び足りないって雰囲気なのに、
今日は4時前に「もう帰りたい」と言い出しまして。

お兄ちゃんが機嫌悪そうなのを見て、次男もつまらなくなったのか、「帰りたい」と。

そんなわけでいつもより早く帰宅しました。

蛹化を見逃すまいと、飼育箱をダイニングテーブルの上に置いていたのですが……
帰宅してみると、前蛹と呼ばれる蛹化する前の状態(青虫のまんまじっとしている)
アゲハチョウの幼虫が、朝見たときと色が変わってるんですよね。なんか黄色っぽくなって
小さくなって、干からびてるみたい!?

「死んだんちゃうん!?」と思っていたら、なんか動き出したんですよ。んで、なにしてんのやろ~と
思って見てましたら、体の模様が下に降りていくんですよね。ああ、脱皮してるんや!

んで、足元に脱いだ皮が丸まって、それを落とすために腰フリダンスみたいなのをしているのが
すごくおもしろかった(笑)。

蛹化、ついに目撃!

脱いだら別人ってすごいわ(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4.『フキゲン課長の溺愛事情』

2016-06-10 09:03:56 | 紙書籍

本日発売です!

OLの璃子は同棲中の彼氏に振られ、恋人も住む所も失ってしまう。けれど、ひょんなことから
“不機嫌課長”と会社で恐れられる、イケメンエリート上司・藤岡の家に居候させてもらえることに。
最初は全く彼を意識していなかった璃子。でも、会社では無愛想なのに家では甘く接してくる藤岡に、
次第にときめき始めてしまい…!?(各サイト説明文より)

お近づきになりたくないような怖~い上司とやむにやまれぬ事情から同居する羽目になりますが、
どうやら彼にも璃子に同居を持ちかけたワケがあるようで……。

ワケありで始まった同居からふたりの気持ちが通じ合うまで、そして、書き下ろし番外編もぜひぜひ
お楽しみいただけると嬉しいです~。



こちらは帯付き(一部光っててごめんなさい)。


それから、Berry's Cafeさんサイトに掲載していた【+番外編】ですが、諸事情により(←っていうか、私が食らう
規制って言えばわかっちゃいますよね エ○すぎたらしいです……)収録されていません。
申し訳ありません。でも、かわりに達樹の愛情を感じられるような番外編を書きましたので、
ご了承いただけましたらと思います。よろしくお願いいたします。


まだのところもありますが、
電子書店パピレス
楽天ブックス
honto
BookLive!
どこでも読書
amazon(Kindle)
BOOK☆WALKER
などから順次ご購入いただけます。


にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彼こそがイケメン社長!

2016-06-09 13:10:08 | 日記
高校の同級生に、俳優のある人によく似たイケメンくんがいました。

「わ~、彼が5組の○○(←俳優の名前が入ります)?」と言って、他のクラスの
女子が見に来るほど。

背が高くてイケメンで、テニス部でしかも成績は進学校で学年トップ!
おまけに笑顔がステキで、「俺って頭い~ねん」とか「モテるねん」なんてナルシストな
オーラはかけらも発してなくて。

なんなのよ~もう(笑)。天は二物を与えずどころか、与えすぎやんって(落ち着け、私)。

それはさておき、私の友達に同じ吹奏楽部で美人で成績も学年トップクラスの
女子がいました(彼女は途中で部活をやめちゃったんですけどね)。

その才色兼備ちゃん+私とほかに仲良しの女子2人と、そのイケメンくんの4人グループ(4人中3人が
イケメン!)と班になって、遠足でBBQしたのが最高の思い出です。のちに彼は
才色兼備ちゃんと付き合いましたが。

あ、それは置いといて……。

facebookで卒業校をグループに登録しているので、同級生のことがある程度わかります。

んで、その彼は、なんと数年前、会社を興しちゃったんですよ!
しかも若手(イケメン)社長としてニュースでインタビューされたり記事に取り上げられたり
(イケメンとはついてないけど)。

彼こそがまさにイケメンエリート社長だ! と彼の書き込みやらニュースやらを見るたびに思います。

そんなエリートな彼は、遠足が同じ班で、数学で赤点取って再テスト受けていたような
私のことなんて……覚えてないだろうな。く~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見逃した~!

2016-06-06 05:32:31 | 日記
朝5時でも羽化終わってました。
目が覚めたので飼育箱を覗いたのですが……羽化が終わって羽を乾かしていました。
それも、キッチンペーパーにつかまって。

枝の先でサナギになってしまったので、羽化するときにつかまる場所がないため、
キッチンペーパーを垂らしておいたのです。

むぅぅ。
昨晩仕事してたもので、これでせいぜいだったのですが、
もっと本気で早起きするべきだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加