Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

山が萌えている。

2017-04-23 17:12:14 | 随想・・・。

  毎年思うに今のこの季節は本当に心身ともに心地良いですね。

秋の紅葉もそれはきれいで何とも云えませんが、如何せんその後が寂しい。

葉が散り、木々は枯れ木のようにひっそりと眠りに就くがのごときで山々も街路樹も寒々としてきますからね。

まぁ、それはそれで風情を感じさせるものなのですが・・・。

  それに引き替え、桜は咲き始めから満開になるまで本当に浮き浮きとした気分にさせてくれます。

そして花が終わったその後に更にきれいな黄緑や多種多様の緑がまるで山モコモコに湧き上がるみたいに一斉に萌えてきます。

それが花の終わった一瞬の寂しさを打ち消してくれますね。

新緑の季節・・・やっぱりいいですね。

遠くの山も近くの山もそれぞれ新緑で盛り上がっています。

大自然の精気を強く感じます。

  そういえばほぼ毎日お邪魔する尾鷲神社の大楠も葉っぱが入れ替わり今が新緑で、その若々しさ、活力、精気、強さとも一層の迫力です。

1500年もこんな営みを繰り返しをきたんだと考えると、まさしく凄いなぁとしか思えませんねぇ、まったく。

  今日は午後から熊野古道センターに行ってきました。

オオカミ協会でお世話になっている串本の上野さんが「大辺路の世界遺産追加登録」を記念した講演をすると云うことで、以前から連絡を頂いていたので出かけたのですが、もう一つ大きな楽しみは、この上野さんの家に里親に出した那智の子(紀伊と云います)を連れてきてくれるということで、約3年振りに大きく育ったこの那智の仔の様子を目の当たりにすることができました。

よい犬になっていました。

以前、「遠くに行きたい」という番組でタレントのイマルさんと共演?したことがありますが、その時はまだ1才にも満たなかったのでその後の成長の様子がどうしても見たかったのです。

性格もすこぶる良好です・・が、那智に引き合わせたら「ガゥガゥ」やっていました。

那智は戸惑った様子でしたが、紀伊は必死でしたね。まぁ慣れない場所で、3年以上もあってない母犬にいきなり会わされても困惑するのは当然でしょうがね。

そんなことありました。

  久し振りに訪れた熊野古道センターは、今の季節の良さとそれに今日の素晴らしい天気と相まってか、それは素敵な場所だと感じました。

それにそこで働く職員達もとても恵まれた職場であること自覚しているようで何よりでしたね。

これからも天気のよい日にたまに遊びに行くのもいいかなぁ、などと思いましたよ。

  そんなこんなで案外充実した一日になりました。

 こりゃ、ずっぽり日記だなぁ(^_^;)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短く、政治と政治家のこと。 | トップ | 「那智」の仔、「紀伊」写真 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想・・・。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。