Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

ちょっとだけ政治の話・・・。

2017-06-16 10:54:09 | 随想・・・。

 もうそろそろ安倍政権も終わりだろうと思います。本人達はどうも気づいてなさそうですが・・・。

今回の採決のやり方や、森友、加計などのスキャンダルとその対応のまずさ。

  こんな子供にも判るような強引で稚拙な手段を臆面もなく繰り出してくると、これはもう慢心しているとしか思えない訳ですね。

共謀罪と云われるテロ等準備罪、説明がまったく足らない・・スキャンダルからは汚い逃げの一手・・。

大半の国民は不審、不満にに思っているのではないでしょうか。

  今度のことで支持率は確実に下がると思います。

  別に今の野党に政権をゆだねるつもりなど毛頭ありませんが、誰か別の思想の持ち主でしがらみも少ない新たな政治的考え方の、若い論客がでてきたら僕的には自民党でもいいと思う訳ですが、如何せんベテランの跋扈が甚だしい集団であるようで、中には非常に優秀で先験的な考えを持った若手議員もいると云うことは聞いてはいるものの、なんか時間がかかりそうで嫌になってしまいますね。

  何か大きな起爆剤になるような出来事が起こらない限りですね、誰がやっても同じだみたいな現実がこのまま続くのでしょう。

と、思いきや、この法律ですね、僕的にはマスコミが相当締め付けられるようなそんな懸念が湧いてきます。週刊誌などかなり痛手を受けるんじゃないでしょうか・・・うかうかしてるとしょっ引かれかねない。

そうすると手段が相当制限されてくるわけで、益々我々の国民の声が届きにくくなり政府のやり方の一方通行、数の原理で押し切る構図がうっすらと見えてきます。

  やっぱり選挙しかないですね、手段は。

しかしこれとて地方では相変わらずの地元選出の先生頼みみたいな風潮が未だ健在で、まぁこんなことを思うと僕らが若い選挙権を持った頃とあまり変わってはいないようでうんざりしてしまいます。

  最近の地元の市長、市議会議員の選挙とて具体例ははしょりますが見方によっては酷いものでしたから・・・。

日本は国民が政府を換えられるという社会であるはずです。

勿論世論がマスメディアの力を借りてというか動かしてではありますが・・・彼らは彼らで常に自分たちに都合よく立ち回るから、その声が盛り上がり、もうこの当たりが沸点であると感じた時に一気に批判の嵐を起こすわけですよね。

  そう云ったことが何らかの形で制限されるような社会になってしまえばこれはもうヤバイ訳で、大まかにですが色々近年を振り返ってみても「個人情報保護法(マイナンバー法)」から始まり、そして「集団的自衛権法」更に今回の「テロ等準備法(共謀罪法)」と矢継ぎ早にこれらの法律が制定され、使い方、解釈の仕方によっては相当きな臭くなりそうなものばかりですよね。

社会が何らかの形で追い詰められた時にそれらに一気に悪い血が通い出し、はびこり勢いを得る、そんなあの戦前から戦中の暗黒の時代を彷彿としてしまう訳ですね。

権力の怖さ・・絶対になめたらダメですよね。

  まぁ僕個人的にはこんなこと書いてはいてももっと楽天的ではあるんですがね・・・。

とにかく嫌な感じになってきたなぁみたいな気分、世界の情勢を含めです。

  身体がイタイイタイと言いながらもつい思ったことを綴ってしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お酒抜きました。 | トップ | 少しずつ・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。