Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

へべれけだぁ^^^。

2016-06-23 15:23:12 | 随想・・・。

  昨夜は飲み過ぎてしまいました。

今日は久し振りに二日酔いに近い状態でした。と言っても僕の場合寝不足がほぼ原因でそれさえ解消してやればほとんど良くなり、これを書いている今、夕方ですがそろそろ内蔵が活性してきてまたビールが飲みたくなってきました。

  榎本さんといつもの「与太呂」で珍しいぴんぴん貝やメバルの煮付けやハモそれにゆでたてのタコ・・・これが美味しい、等々を味わいつつ語らい、和歌山の銘酒「黒牛」を五、六合飲んで最早しっかりエンジン全開状態でいつものスナックへ繰り出しました。途中でK子を呼び出し三人で楽しく飲んで喋って、歌ってといつものパターンなのですが、最近記憶の方が少し飛んでしまいがちで、努々気を付けなければと思ってきました。

如何せんあれだけ酔っ払うと本性が出てきますからね、まぁ、自分の本性くらい判っているので僕的には「性善説的」にしか捉えていませんがね・・・。

  やはり昨日みたいにたまには街に出て気の置けない友達と酒を酌み交わす・・・「これって精神衛生上の処置として、とても大切なことだなぁ^^^」などと自分に言い聞かせていますが、やはり「酒もほどほどにしとかんとなぁ・・・」ですね。

  話は変わりますが、僕はこの頃「そこそこ」と云う言葉をよく使います、と云うか思う訳です。

世の中には「そこそこ」で楽しく済ましておけば良いと思うことが多々あり・・・僕的にも色々あるわけで、例えばカラオケなども代表的なものだし、それにフッションなどもそうです。自分なりにこだわりもあって意識もしますが、やり過ぎはダサい・・・と僕は思っています。他にも無意識で「そこそこ」で済ましていることって結構ありますよね・・・。

  しかし逆に「そこそこ」では決して済ませられないこともあるのです。僕の場合それは「剣道」に集約されています。

ビジネスは生活していく為にももちろんそうですが、それ以外に人生の中で、これはやり抜かなくては・・とか、これは決して手を抜けない・・・とか、そういうふうに安易に妥協できない物事ってあるわけで、そんなことを漠然と意識してきました。

自身のアイデンティティのようなもの、と云ってもいいかなぁ・・・まぁそんなものです・・・。

で、そのことを誰かに伝えたくなるのですが、その格好の相手が僕にとって榎本さんな訳で、とにかく彼は打てば響きますから・・・それも更に高度な視点からです・・・。

ありがたいですね、こういう友人がいると云うことは・・・・。

 と、云うことで、またしばらくたったら「そろそろいこか・・・」となるわけですが、それをまた一つの楽しみにしつつ、僕はいつものように「日々是好日」でいこうと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間の観念のこと・・・。

2016-06-17 15:23:38 | 随想・・・。

  最近何だか時間のこと・・・それにすべてが束縛されているような・・・尚且つ物事の移り変わりの原則のような・・このどうしようもない事実というかその観念について思いを巡らせてしまいます。

ワンコとの散歩の最中、今こうしてこの場所をこの犬と歩いている自分・・・目の前にある行き着く先・・・その先にある容易に想像できる、とにかくそこにある時間を経た現実・・・更にそこからまた始まる物事の移り変わり・・・。

一見繰り返しもあれば変遷もする物事・・・その中で生きていく自分とそのまわりの出来事・・・。

我々は常に時間と共にあるのですね、すべてが時間というものに縛られる・・・というかそれを元に生きて行動するようになっているのですね。

  いっそのこと時間の観念・・・時間がかかる・・とか、時間が無い・・とか、時間がいるとか、時間が限られているとか・・時間が経った・・とか等々、そのすべての観念を捨ててしまったらさぞかし気楽・・それは究極の気楽さなのだろうなぁ・・などと戯けた想像してしまう訳です。

  で、話は変わりますが、朝ドラの「トト姉ちゃん」の最後に出てくるあの白黒の写真・・・ちょうど僕らの子供の頃のものが多いのですよ‥何故だか切なくなっちゃうんですよね。

時の移り変わりを否応なく感じさせられますもの。

  さてさて、これってどうしようもないことなのでしょうかねぇ・・・。

「自分だけは、これからそんなことをすべてを吹っ切って生きてやろうか」などと思ったりもしますが、と同時に時間と共に余計な垢のついてしまった自らの精神の存在にも気づくのです。

  例えば、一つの物事に接した時、以前ならこんなこと思いもしなかったし意にも介さなかったようなことがそうで無くなったり・・・また前の自分なら何の躊躇もしなかったようなことに咄嗟に二の足を踏んでしまったり・・・と、そんな時に、時間の経過とともに自分の心にも余計な埃が被さってしまったのかなぁ・・などと思う訳です。

  時間が経つと云うことは良かったと思うこともあれば逆に僕的には嫌で「悪い」こともありますね。

これからもまぁ、できるだけ僕はその時間の観念と向き合って生きていこうと思っていますが・・・。

まだまだ先の長い^^^人生、一生懸命にこの「心の埃」を落とす作業に邁進してみようかと本気でそう思っています。

  いやはや、さぞかし「変人」だと思われるだろうなぁ・・・こりゃ相当な覚悟が要りそうです(笑・・・)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うんざりした桝添騒動・・・。

2016-06-17 14:23:06 | 随想・・・。

  桝添さん、とうとう辞めましたね。

この一連の騒動にはまったくうんざりで、マスコミの嫌らしさまともに感じました。また、それに踊らされる自称・・文化人的な人達とアホなタレント達・・・何だかよく見えてきました。

テレビの質・・・特にバラエティ番組は本当に下劣ですね、制作者に賢人がいないのでしょう・・・容易に想像がつきます。

どうせ、視聴率稼ぎがテレビマンの宿命だとか言って、物事を判ったふりしてしゃちこばっているのでしょうね。

まるでバっカみたいです・・・まったく。マスメディアはマスの本来の原点に戻れよ!と言いたくなりますね。

  マスコミの追求先は政治資金法の在り方であるべきでそんなことにはまったく突っ込んでいなくて、ただただ桝添さん個人をつるし上げるのに躍起になって、さぁ、桝添さんが辞めるとなった今、振り上げた拳はどこに降ろすのでしょうか。

今頃になって桝添さんの功罪をとやかくいっても始まらない訳で・・・どう言うかこの国のマスコミはこんな程度なもんで、今はっきり言えるのは「我々は心して、これらの尻馬に乗らないようにすべき」ということですね。

見かねた一部の知識人が桝添擁護論を唱え始めました、が・・・今頃になってなぁ・・・という気持ちがどうしてもぬぐえません。

これも、彼らの手法なのでしょう・・・まったく物事の真実はどこにあるのでしょうね。

ホントばかばかしくなってきます。

この辺にしておきます。

それにしても最近の週刊誌はスクープやりますね・・社会を根こそぎひっくり返してしまいかねません・・・空恐ろしいです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筋肉は健康のバロメーター・・かも。

2016-06-11 14:58:48 | 随想・・・。

  以前にも書きましたが体組成計で自分の身体の様子を時々チェックしています。

最近かなりお腹が出てきて、と云っても僕の場合は下腹部じゃなく、食事の後に胃のあたりというか上腹部がはぱんぱんに膨らんでしまうような状況で、時間が経てばまたある程度はへこんでしまうのですが、如何せん見た目がカッコ悪いですからね、気になっています。

トレーニングは意識してやっているのでこれ以上酷くはならないと思うのですが・・・。

  ズボンのウェストサイズなどは以前と比べはるかにスリムになっていて80cm前後だし、大抵は31インチもしくは79cmのもので大丈夫な訳で、後はお尻から太腿にかけて窮屈じゃなければそれで充分なのです。

この間も剣道の稽古の後、N先生が僕のお腹をつついて「おー出とるなぁ・・・しかし固いよなぁ・・」「俺なんかはブヨブヨやからなぁ」と言うので、僕曰く「先生、この中はメタボ間違いないですわ・・」と、つい本音が出てしまいました。

確かにそんな気がしています。ただ、弁解する訳ではないのですが、僕の身体は元々いわゆる「筒腹」というやつで、全体的に胴体部分がどちらかというと丸みを帯びて厚いのです。

自分の肋骨・・・かなりしっかりとして丸い感じがしています。

  そんなこんなで体組成の数値の話なのですが、やはり内脂肪率が13~14、5辺りでやや過剰と表示されます。

しかしながら、体重(75kg前後)の割には体脂肪などは16%台だし、筋肉量などは60近くあり「多い」と表示され、骨量も3.2~3.3くらいでこれも常に「多い」と表示されます。

※因みに僕はBMI(身長と体重のバランス関係のようなもの・・)は信じていないので無視してますがね・・・(笑々)

基礎代謝にいたってはいつも1700kcal/日くらいあるし・・・と、そんな話をしていたら、横にいたH君が「先生、お歳を考えたらかなり凄いですよ・・・体脂肪など20%以上が普通でそれ以下など相当な良い数値ですからね・・・」とくに基礎代謝・・・ヤバイですよ・・。

おまけに「先生、あまり他で言わない方が良いですよ^^^^」ですって。

で、僕は調子に乗って「あのなぁ、体内年齢なんかなぁ44才やでなぁ・・」

横向いて苦笑いされました・・・・。

  と云うことなのですが、これはただの自慢話では終わりません・・・大切な結論あります。

結論、いくつのなっても筋肉は鍛えること、決して間違ったダイエットなどで筋肉を今以上に落とさないこと。

筋肉量と内臓・・身体全般の健康は比例すると云うこと・・・鍛え方は色々だけど、筋肉量が増えれば必ず血管や血流に好影響を与え更に内臓の代謝にも働くし、とにかく身体全体が丈夫になる・・・このことは最近実感しています。

勘違いしないでくださいよ、ボディビルダーのミスター何々・・とかの身体のこと言っているんではありませんから、彼らは大半が薬で筋肉を大きくしているので後々大変なことになるらしいです。

決してそんなんじゃありません、とにかく自分の身体にマッチした、身の程にあったそのくらいの筋肉はつけた方が絶対良い・・・そういうことです。

若い人はともかく、特に歳を重ねれば重ねるほどそうした方が良い、という明らかなな確信です。

  更に判りやすく云えば、プチナルシストなどと思っても、言われてもいいですからとにかく「いい身体してますねぇ^^^^」などと人に言われるくらいまで・・まぁそんなレベルまではいきましょうね(苦笑)

そう云うことです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疲れたぁ・・・。

2016-06-05 17:16:02 | 随想・・・。

  今日は三重武道館で女子の全国都道府県大会の予選会があり、その審判の為朝から出かけていました。

参加者が比較的少なく、すべての試合が終わったのはまだお昼前でそれから稽古会でした。

何故か女子の試合なのに警察の連中がうようよいるので、稽古目的で来てるな、これは・・・とは判っていたのですが・・・。

  僕的にはこれが楽しみなんですが・・・今日のこの稽古、きつかったです・・・県警の特練生が全部で6人掛かって来てくれました・・・その間に女性が二人・・・ホント疲れました。

あいつらは速いし、きついし、力もあるしとにかく体力の塊みたいな面々ばかりです。

こっちは連続でそれに対処していかなくてはなりません、とにかく休めませんからね。

  最後必ず一本勝負でけりをつけるのが僕の習わしですが、その宣告するや否やあいつらの目の色変わりますから・・・ホント。

今日はほとんど打たれちゃいました・・・・ガクっ・・です。

誰かが言ってました「あいつらサミットで稽古できなかったんで飢えてるみたいやなぁ・・」僕もなるほど・・と思いましたね。

でも、こうして彼らが僕に掛かって来てくれるのは実は本当に嬉しいことなんですよ、ある意味認めてもらっている・・と云う証でもあるわけです。

だから、僕は決して待ち稽古はしません、体力の続く限り果敢に打ち合い当たり合います。そういう稽古をわざとに心がけていますから・・疲れるはずですわ・・・。

家に帰ったら3時頃でした。

やっと心地良い疲れに変化してきてワンコとの散歩にも出かけました。

  今日はまたビールが美味いぞぉー、カツオの刺身もあるしそろそろ始めようかなぁ・・・一杯。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加