Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

琴奨菊のこと。

2017-03-26 21:19:33 | 随想・・・。

  琴奨菊のことです。

相手は都合いいですよね。危ない場面で勝手に自分から転けてくれるんですから・・。

琴奨菊、悪いけどそんなんばっかりですよ。

  で、その事。僕はあの膝のテ-ピングは、本場所では絶対やめた方がいいと思っています。

あれだけがんじがらめにテーピングしていたら膝がほとんど機能しません、間違いなく・・。

だからそんな場面が多すぎ・・・。

  あのテーピングは彼の命取りになってしまいました。そうとしか思えません。せめて本場所では避けるべきでした。

それにしても国技、相撲・・もう少し身体に関する他の貴重な情報取り入れるべきですね。

榎本さんの「相撲取りになるど」という小説の中には至る所に出てきますよ。

  身体操法にまつわること相撲界ももっと研究したらいいんじゃないでしょうか。

相撲本来の伝統的な鍛錬方法ももっと見直されるべきですね。

四股、鉄砲、摺り足等々正しくできているのか、若干疑問に思うことありますもの。

因みにある相撲界の人の話「筋トレばっかやっとる部屋は弱い・・」らしいです。

摺り足、間違ってやってる部屋・・結構あるそうです。 

  「温故知新」・・昔の鍛錬方法ももう少し見直し、ただ個々の身体能力だけで勝負するだけの世界からもう一つ踏み込んで人間の身体の深淵さのところ研究してほしいですね。

今現代にも参考となる知識、研究・・一杯ありますよ。

そんなこと思うわけです。琴奨菊のことから・・・・。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相撲の神様。

2017-03-26 20:37:28 | 随想・・・。

 稀勢の里優勝素晴らしかった!よくやったですね。感動しました。

それでもやっぱり彼の今場所の相撲は危ない場面が目立ち、土俵際でからくも勝つ、と云うような内容が多かったですね。

しかし、やっぱり地力・・これでしょう。しかしながら危なげなという相撲は少ないです。13日目それはやっぱり横綱には通用しませんでしたね。

怪我は余計でしたが・・・。

  白鵬が強いときの相撲は本当にまったく危なげないですからね。恐ろしいほど・・・。

それはともかく「照の富士」、彼のことです。僕が言いたいのは・・・。

14日目の「琴奨菊」との一戦、後がない鬼気迫る元大関に対し注文相撲やっちゃいましたよね。

僕はあの瞬間、照の富士から相撲の神様が、すっと逃げていくと云うか、そっぽを向いてしまった・・今思えばはっきりそんな感がしました。

僕は「貴乃花」(若貴のです)のファンでした。その貴乃花が引退し、断髪式をテレビで観ていたとき、最後の鋏が入ったその瞬間、はっとしました。相撲の神様がふっと消えていった・・そんな気を漠然と・・しかしはっきりと感じたのです。

それと同じような感じ、しました。それ以降稀勢の里の優勝インタビューの様子ばかりが目に浮かびましたが、やっぱり現実は違うのかなぁ・・などとも思っていて、それでもあの鉄人横綱は出てくる、と云うだけで「エライ奴ゃなぁ・・」と思いましたね。

  勝負師はどんな理由があっても勝負を逃げたら終わりです。稀勢の里は大怪我にも逃げませんでした、照の富士は琴奨菊との大一番逃げました。

その差・・出ましたね。

修行が足りんわ照の富士・・そんな感じですね。

 とにかく僕的には最近この「稀勢の里」に触発されることが多いのです。

僕の剣道においてです。

話はすっ飛びますが「今の自分が一番強い」最近そんなことばっかり思っていますし、はっきり実感しています。

  この歳で図々しいにも程があるって・・?そんな声も聞こえてきそうですが、僕は敢えてそんな声に妥協せずにやろうと思っています。

まぁ、誰がどうこういうことでもありませんがね。自分がこうだと決めているんですから・・・。

相撲の神様かぁ・・剣道にも多分神様いると思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「カルメン」観てきました。

2017-03-20 16:32:26 | 随想・・・。

  先日ひょんなことで知り合ったバリトン歌手の町英和君に彼が出演(ダンカイロというなかなかの役どころです)しているこの「カルメン」に招待してもらいました。

今までクラッシックのコンサートには何度か足を運びましたが、本格的なオペラの鑑賞は今回は初めてで、家内共々とても楽しみにわくわくしながらちょこっとおしゃれして出向きました。

この「カルメン」丁度今日から京都ロームシアターで本番が始まります。

と、云うのは僕が招待してもらったのは公開リハーサルで、本番のチケットは売り出した瞬時に完売らしいです。

小沢征爾さんの集客力は凄いですね、やっぱり世界の小沢ですね・・・。

  ただこれリハーサルと云っても、前にも書きましたが、衣装、舞台セット、役者の化粧にいたるまですべて本番と同じで唯一オーケストラのメンバーが私服であったと云うだけです。

素晴らしいの一言に尽きますね。

僕は初めて知りました、オペラの役者とはかくも大変なものなのかと・・・歌は勿論その演技も、踊りや動作もすべてをやりきらなければなりませんものね。

とにかく舞台全体が何十人と云う人でごった返す場面も多いのですがよーく観察しているとセリフも踊りもないただの脇のエキストラ的な人達もすべて、ただ立って居るだけ、ウロウロしているだけに見えるその人達も確実にその場面の一風景としてそれぞれの役をこなしているんですよね。ほんと細かい所まで皆んなは演技し合唱し場面を盛り上げているのがよく伝わってきました。

  午後3時開演で6時半過ぎに終わりましたが、幕間の休憩を挟んで三時間半たっぷりと堪能させてもらえました。あっという間のことでしたね。

もともとこの「カルメン」というオペラはプッチーニの「蝶々夫人」やモーツァルトの「魔笛」や「フィガロの結婚」と並ぶ人気オペラで、劇中に歌われるアリアも「ハバネラ」をはじめ聞いたことのある曲ばかりだし、もともとビゼーの「アルルの女」とかお気に入りだった僕は過去にCDも買った程でしたから、とにかく楽しかったですね。

  それにしてもこのオペラ歌手というか役者と云うか、とにかくとても大変だと思いましたね。

体力も勿論だけど相当な語学力もいるだろうし、そのセンスや何より舞台で歌いきらなくてはならないと云う・・その迫力や情緒を含め総体的な演技力は並大抵ではないでしょうね。

いやはや勿論感動もしましたが、彼らには心から感心し敬意を表したいですね。

  フィナーレでは小沢征爾さんを中心にカーテンコールに三度も応えてくれたし、まさに本番さながら・・というか僕らには本番そのものでした。

多分彼らはそのフィナーレのあの瞬間がたまらないのだろうなぁ、とつくづく感じましたね。

「何ものにも代えがたい・・」そんなものであり「・・冥利に尽きる」これでしょうね、だから僕は芸術家に妬けるんですよ、羨ましいのですよこれがまったく・・・。

  そんな事はともかく、年に一度くらいはこのような絶品の時間を得て、精神衛生上のクリーンアップしたいものだとつくずく思いました。

町君、本当にありがとう。

  因みに席は一階ほぼ中央の前から10列目位の本番ならS席でその中でもかなり良い席でした・・本番25000円ですから(^_^;)

参ったな…(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒステリックな報道に惑わされるな!

2017-03-08 10:32:06 | 随想・・・。

  「68才、スーパーに突っ込む」「70才コンビニに突っ込む」アクセルとブレーキを踏み間違えた模様、云々・・。

こんな報道を最近よく目にしますし聞きます。年齢・・?

高齢者の交通事故が増えた、というか目立つからなのでしょうが、まるで高齢者が悪者扱いで正直いらつきますね、このような報道は。

別段今更急に始まったことでもあるまいし、若者とてこの手の事故はよくあることだし、ただ彼らの場合だと被害が少ないとニュースにはならないだけ。これってどうも変ですね。

高齢者・・?この長寿社会で68才や70才やそこらでそんな扱いを受けて、そんな報道は相当ピントはずれも甚だしくて「おいおい大丈夫かよ」と言いたくなりますよ。

こんな報道のスタイルはダメですね。とにかく高齢者と云われる方が起こした事故で犠牲者が出た、イコールすぐに免許証返納運動のようなことが蔓延し出す、こういう構図ですが、僕的には付き合いきれないですねホント! 

  僕の親父・・85才、現役で運転しています。まわりの皆に免許証返せ、返せとせっつかれているようで、本人もどうしたものやら悩んでいたので、先日直接言ってやりました「親父、免許証なんて返すなよ」「自分で大丈夫やと思ってたら返さんでもよいでな!」

その代わり万が一の対応、保険のことですが「それだけはきちんとしておかなあかんで!」その事はしっかり釘をさして置きましたが、まぁ当然ながらほぼ完璧な保険に加入していました。

後日、聞くところによると案外喜んでいたそうです。

  と云うことでした。車は元気な人の行動の必需品です。乗らなくなったら老け込む可能性充分ありますからね。

  事故など年齢に関係無く起こるときは起こるもんです。それに運転する高齢者?が減ったら逆に迷惑する人達も多くなるのは当然です。

自分のこと自分でできるうちは運転も含めやるべきです。

ちまちましたヒステリックな報道に惑わされることなくです。

以上!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏寺町でダンカイロに会う。

2017-03-06 16:26:26 | 随想・・・。

  いやいや、ちょっとおかしな表題ですが、ホントと云えばホントなんです。

ダンカイロとはビゼーの歌劇「カルメン」に出てくる役柄で、彼は「盗賊の親分みたいな役です」と言っていました。

  この土曜日いつものようにぶらりと裏寺町の「三木半」にお邪魔しました。事前にお母さんに電話を入れてあるのでいつものお気に入りのカウンター隅の席を空けておいてくれます。

僕が着いたら、その隣の席にその男が座っていました。髭面メガネの大きな男です。

見た目何かせまっ苦しいなぁなどと思いながら座ったのですが、以外と余裕があって気分を良くし、いつものように飲み始めたのですが、彼の目の前のメニューに手を伸ばしそれを取るとき、その彼はとても感じの良い対応をしてくれました。

  僕は何処でも必ずお隣の席の方には軽く挨拶はします。この日もご多分に漏れずそんな感じだったのですが、しばらくは会話もなくお互い黙々と食べて飲んでしていたのですが、どちらからともなく会話が始まり、色々話していると彼は出張で二週間ほど京都に滞在するらしく、京都が大好きで来る度に太田和彦の「居酒屋放浪記」を参考に飲み歩いているとのことでした。

すこぶる感じの良い男で、僕もついつい会話に引き込まれていったのですが途中で「実は僕、今度ロームシアターで開催されるオペラの歌手なんですよ」と言うではありませんか「おっ芸術家や!」僕は実は芸術家大好き人間なんですよね。

大好きというよりそれに対するコンプレックスに近いかもですが・・。

聞くところによると今回、指揮者の小沢征爾さんに呼ばれて「カルメン」で演ずることになったとのことでした。

バリトン・・役柄は表題の「ダンカイロ」と云う訳なんです。

  それにしても小沢さんに呼ばれるとは凄いじゃないか、と云うことなんですが、彼もまんざらでもなさそうで僕が「こんなに飲み歩いていていいのかい?」と聞くと「自分の出番は第二幕なのでまだ稽古も始まっていないし、まだもう少し大丈夫なんですよ」とのことで、僕も俄然嬉しくなって「じゃせっかくだから次、バーでも行こうぜ」となった訳です。

  楽しかったですよ、ホント。

彼はどんな話でも打てば響くようで、知識も感性も驚くほど豊かで話は際限なく広がりましたね。まぁ、特にオペラやそれにまつわる話を僕が訊ねるような感じで、僕の芸術家感とかも織り交ぜながらですが・・・。

  僕はずっと以前、武術研究家の高岡英男氏(ユル体操の開発者)のセミナー合宿(確か長野県の野沢温泉)で、今の彼と同じバリトン歌手の浦野智行さんと一緒になり、余興でその歌を聴かせてもらった事があります。この時もえらく嬉しくて、後日大阪の泉ホールのクリスマスコンサート、バッハですね。それに家内と招待して頂いたことがありました。

もちろん彼はよく知っているらしく「彼はバッハのスペシャリストであり求道者です」と後でメールをくれました。

  で、そのすっかり仲良くなった彼「町 英和」さんと云います与論島出身です。

38才ですよ・・息子の年齢に近い青年ですよね。その青年がこんなに僕と打ち解け楽しませてくれました。

嬉しい出会いでしたね。

  しかしそのコンサート、チケットはもう早々と完売、当然と言えば当然ですが・・・。

ただ嬉しいことにコンサートが始まる前日に「総稽古」というのがあって、これも一般公開されているのですが、「オカダさん、そのチケットならなんとかなるかも・・」と云ってくれました。僕はとても嬉しく思いましたが、あの人気オペラ、それも小沢征爾指揮・・こりゃちょっと無理だろうなぁと思っていたら、連絡もらいましたよ。

「奥様と二人でご招待しますので是非お越しください」ですって。

いやはや家内もとっても喜んでいましたね。うれしいなぁ・・・。楽しみですね18日土曜。

  ということで、そんな素敵な出会いがありました、という話です。

また機会を見て観劇記でも書きますね。

  町君頑張れよ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加