はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

葵祭に行ってきました(建礼門編)

2017-05-16 22:11:30 | 京都をぶらり
葵祭に行って来ました。京都にはよく行くのですが、葵祭には、今回はじめて行きました。去年も行く予定でしたが、7年周期の諏訪大社の「御柱祭」を優先してしまいました。

朝の10時前に、丸太町通堺筋にある「建礼門」に到着です。ここで撮影することにしました。御所を出発した行列は、この門を出て、丸太町通を東に進みます。


葵祭は、詳しくはホームページを見ていただくことにして、京都を代表する祭です。


なにしろあの『源氏物語』に登場するのですから、歴史は古いですね。


御所車がやって来ました。藤の花がきれいですね。


みなさん冠(帽子?)に葵の葉をつけているのが分かりますか。祭の由来となったアオイです。


御所車が、今回一番撮りたかったものです。


行列には馬や牛もたくさん参加しています。


風流傘は牡丹や杜若らしいのですが…。


なにしろ500人の行列なので、次から次にやって来ます。


美しい女性がやって来ました。


どうやら斎王列のようです。このお祭りの中心となる行列です。


そして、輿に乗った斎王代がやって来ました。


さすがにお美しいお方でした。


まだまだつづきます。


葵祭を、王朝絵巻とはよく言ったものです。


実に優雅なお祭りですね。


この御所車がやって来たら、おしまいのようです。


先頭から約40分ほどの行列でした。しゃがんだ姿勢で撮影していたので、また腰が痛くなりました。

<賀茂街道編につづきます>

※訪問日 5月15日
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淀川を散歩していたら赤川鉄... | トップ | 葵祭に行って来ました(賀茂... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
葵祭 (まえくみ)
2017-05-16 22:33:00
行列の通過に40分間、撮影お疲れ様でした。お陰様で葵祭を楽しませて頂きました。ナイスです、グッドです
Unknown (はりさん)
2017-05-16 22:47:50
まえくみさん
葵祭を楽しんでいただけましたか。
褒めていただいて嬉しいです。
300枚ぐらい写したのですが…。
どうしても説明的な写真が多くなってしまいます。
コメントありがとうございました。
葵祭 ()
2017-05-17 03:22:29
お早うございます。
さすがに雅ですね。
1300年も続く王朝絵巻。
源氏物語からあるお祭りが、今も忠実に再現されているとは
驚きとともに大切にしたいお祭りですね。

花いっぱいの五穀豊穣を祈るお祭り
私は斎王代もさることながら、その周りを守る騎女の女丈夫に惹かれました。

Unknown (錫杖)
2017-05-17 09:08:35
葵祭は行った事がないです。
我が社での企画に葵祭ご招待がありました。
都をどりや祇園祭はまったく違うと聞きます。
平安美人さん
じっさいにその年代にワープしてみてみたいものです。 
斎王は伊勢に所縁もあります。京都と伊勢は繋がっていますね

低い姿勢で目線を併せたのですね
Unknown (はりさん)
2017-05-17 09:36:59
信さん
京都はさすがに古い都ですね。
葵祭を見て京都の底力を感じました。
おっしゃるように、騎女の姿には惹かれました。
葵や藤や牡丹など、色とりどりの植物が、
祭に花を添えていました
はじめて行ったのですが、素晴らしい祭でした。
Unknown (はりさん)
2017-05-17 09:48:27
錫杖さん
京都と伊勢は繋がっていると思います。
嵐山にある女性に人気の野宮神社も
斎王が伊勢に行く前に身を清めたところです。
伊勢にある、斎宮歴史博物館は、
一度、訪れてみたいところなんです。
Unknown (takayan)
2017-05-17 17:26:07
こんにちは。
近くに居ながらじっくりと、京都三大祭りを見たことがないtakayanです。
この行列の平安装束を見るだけでも、見ごたえがありますね。

斎王代に選ばれる女性は、京都では名家の娘さんで、数千万円の出費が伴うと言われています。

関連の行事としては、下鴨神社の糺の森で行われる流鏑馬神事も有名です。

平安の雅を再現する葵祭、千年の古都らしい優雅なお祭りですね。

平安時代、賀茂神社に皇室から差し出されたのが斎王で、今はその代わりとして選ばれるので斎王代ということですね。

平安時代から鎌倉時代にかけて、天皇の名代として、
斎王が京から伊勢の斎宮お甘入りしました。
その時に宿泊した所が頓宮で、滋賀県の土山はその内の一つ「垂水斎王頓宮跡」が残され、
毎年春には「あいの土山斎王群行」が催されます。
京と伊勢は古い時代から、深い繋がりがあったのですね。
垂水斎王頓宮跡は瀧樹神社の近くですね。
Unknown (よっちん)
2017-05-17 19:06:33
何を隠そう…
私はこの行列に
参加したことがあるんですよ(^^)

学生時代に
バイトで募集があったんです。

今となっては貴重な思い出です。

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2017-05-17 22:15:24
takayanさん
私も祇園祭は行ったことがありますが、
今回、はじめて葵祭に行きました。
takayanさんなら、
どんな写真を撮られるのでしょうか。
いずれの祭も、人が多すぎますね。
流鏑馬神事には、行きたかったのですが、
やはり行けずじまいでした。
京都には、魅力的な祭がたくさんありますね。
土山の頓宮も聞いたことがあります。
行ってみようと思いながら果たせていません。
Unknown (はりさん)
2017-05-17 22:19:43
よっちんさん
葵祭に参加されていたのですか。
どんな役をされたんでしょうか。
貴重な体験をされましたね。
私は学生時代を京都で過ごしたのに
祭に行ったことがありませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。