はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

嵐電に乗ったり嵐電を写したり(その2)

2017-03-21 19:31:31 | 鉄道
車折(くるまざき)神社駅から再び四条大宮行きの電車に乗り込み、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅で北野線に乗り換えて御室仁和寺(おむろにんなじ)駅に向かいます。嵐電の駅名は寺社名も多いのですが、読み方も難しいですね。

御室仁和寺駅に到着です。


実は、嵐電北野線の清滝駅と宇多野駅の間は、春になると桜のトンネルで有名なところなのですが、まだ早いようですね。


御室仁和寺駅は、なかなかレトロな駅です。


駅の看板は、「御室駅」です。電車がやって来ました。


天気も良いので、線路に沿って歩いてみました。いい感じのカーブがありました。


春のお花畑を走る嵐電です。


妙心寺駅まで歩きました。と言っても、10分ほどの距離ですが。終点は北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅ですが、そちらも混んでいそうなので、引き返すことにしました。乗り込んだ電車は「くまモンメッセージ列車」のようでした。


帷子ノ辻で再び嵐山本線に乗り換えて、蚕ノ社(かいこのやしろ)駅に向かいます。蚕ノ社の名の通り、近くには木島(このしま)神社があります。このあたりでは、嵐電も道路を走ります。


山ノ内駅にやって来ました。この駅は見ての通り駅舎もなく、狭いプラットホームがあるのみです。


まるで昔の電停やなと思っていたら、そこにクラシックな車両がやって来ました。


そろそろ、嵐電の旅もおしまいです。最後は西院(さい)駅で降りました。


「嵐電1日フリーきっぷ」で巡る嵐電の電車旅、500円で十分楽しみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵐電に乗ったり嵐電を写したり | トップ | 明日はどこ行こう? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よっちん)
2017-03-21 21:12:24
西院と書いて
阪急電車は「さいいん」ですが
嵐電は「さい」なんですよねぇ。

18日は北野白梅町駅の近くを
私は歩いていましたよ(^^)

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2017-03-21 21:54:16
よっちんさん
西院には、百(にんべんイに百です)食屋という
美味しいステーキ丼屋さんがありますよ。
北野白梅町あたりに行かれたのですか。
どんなところを訪れたのか楽しみですね。
Unknown (錫杖)
2017-03-22 08:58:54
嵐電は、京都なんですよね

昔 takayanさんは、路面電車の運転手をされていたそうで、路面電車のあれこれについてたくさん教えてもらいました。
 鹿児島市民の足は路面電車がかなり健闘されていました。

 
 
Unknown (はりさん)
2017-03-22 11:59:08
錫杖さん
今でも路面電車は多くの都市で走っていますね。
路面電車でグルグル市内巡りも楽しいものです。
京阪電車も昔は三条から御陵は路面でした。
今も大津市内は路面を走っていますね。
Unknown (よっちん)
2017-03-22 19:51:48
大学が北野白梅町駅や
等持院駅の近くだったので
嵐電は馴染み深い鉄道です。

最近は新型車両が増えましたね。

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2017-03-22 20:42:13
よっちんさん
よいところで学生生活を送られましたね。
私も京都におりましたが、
嵐電には縁がありませんでした。
まだ市電が走っていた頃なので、
市電にはよく乗りましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。