はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

豊後の国を旅しました(その4)

2017-03-06 19:30:28 | 知らない街をぶらり
臼杵の街を楽しんだあとは、竹田市にある岡城をめざします。竹田市にあるので、竹田城と思われがちです、竹田城といえば「天空の城」で人気を集めている兵庫県にあるお城のことをさします。こちらの岡城は、滝廉太郎の作曲で有名な「荒城の月」のモデルになったお城です。


岡城は石垣の写真ばかりですが、あしからずご了承ください。


臼杵から竹田までは約1時間のドライブでした。竹田市に着いてから、お城まで簡単に行けると思っていたのですが、少し迷いながら細い道も走りました。途中、高校生に道を尋ねたのですが、とても丁寧な言葉遣いで教えてくれたのには感激でした。こんな真面目な高校生がいるだけで、竹田市は素晴らしい町に感じました。


岡城は思っていたよりも大きなお城でした。岡城という名のごとく岡というか山の上にある山城です。


「荒城の月」の滝廉太郎像がありました。「♪春高楼の花の宴…」思わず「荒城の月」を口ずさみながら歩いてしまいます。


やっと本丸までやってきました。天気も良かったので汗をかきました。くじゅう連山の展望が素晴らしかったです。


石垣だけが残されています。実は、これがいいんです。というか、これでいいんです。へんてこな天守閣など造る必要はありません。


りっぱな石垣でした。大分に来て石の建造物の多さに気付きました。(翌日も、更にびっくりさせられたのですが。)


下の屋根の見えるあたりから上ってきました。この写真を見ても難攻不落な城であったことがわかります。


そうそう、入場券が「登城手形」であったり、パンフレットも巻物になっていたりと、なかなか凝っていましたよ。行く価値有りの城跡でした。


夜になったらここに月が昇って来るのでしょうか。「♪ああ荒城の夜半の月」


岡城に満足して、今日の宿泊地、別府温泉をめざしました。

※ほんとうは、この日にもう1ヶ所いきたいところがありました。長湯温泉にあるラムネ温泉館です。世界屈指の炭酸泉だそうです。しかし、岡城を出発したのが午後4時だったので、残念ながら時間切れのために諦めることにしました。

<つづきます>
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊後の国を旅しました(その3) | トップ | 豊後の国を旅しました(その5) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
荒城の月 ()
2017-03-06 21:33:43
思わず私も口をついてでました
春高楼の花の縁 巡る盃影さして♪
千代の松が枝分け出でし 昔の光今いずこ♪
懐かしいです。
この桜を滝廉太郎は詠ったのですね。
夜桜で明るい月夜に花見酒。
思わず豊かな気分になりますね。
少し春霞のかかった久住の山々。
こういうところを旅しようと思い実行する、はりさんの心意気に乾杯です。

天上影は変わらねど 栄枯は移る世の姿♪
映さんとてか今も尚 ああ荒城の夜半の月♪

Unknown (aunt carrot)
2017-03-06 22:09:36
昔の人は重機もないのに良くここまでのものを造ったものですね。
感動的です。
そうそう、確かに失われたものをわざわざコンクリートで天守閣つくるところがありますが、あれはいただけませんね(笑)ポチ☆
Unknown (はりさん)
2017-03-06 22:16:08
信さん
荒城の月♪を一緒に口ずさんでいただき
ありがとうございます。
岡城はとても素晴らしい城跡でした。
くじゅう連山は登ったことがありませんが、
機会があればぜひ登りたい山ですね。
しかし、遠すぎますね。
信さんからは、さらに遠いですね。
Unknown (よっちん)
2017-03-06 22:32:03
月曜日から仕事が山積みで
帰宅が遅くなります。

今日は訪問だけで失礼します。
ああ、週明けから気が重いです(+o+)

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2017-03-06 22:40:37
aunt carrotさん
お城にしても、お寺にしても
昔の人の偉大さを感じますね。
文化財の復元に関しては
十分な論議をしてもらいたいですね。
岡城は今の姿がいいと思いました。
Unknown (はりさん)
2017-03-06 22:48:35
よっちんさん
忙しい中、コメントいただき
ありがとうございます。
本当によっちんさんは、律儀な方なんですね。
きっと仕事もそうなんでしょう。
がんばってください。
Unknown (錫杖)
2017-03-07 08:59:54
スンバらしい石積みの技術

石垣棚田の文化そのものです。
わたしならここで1日没頭出来そうです。

竹田の学生さん達は
ほんと礼儀正しい子供が多いなとわたしもこの地を訪問し感じました。 
特に制服の着方がきちっとしてました。
 ちなみに挨拶で感動したのは会津若松の子供たちでした。
Unknown (はりさん)
2017-03-07 09:21:39
錫杖さん
さすがですね。
石積みの技術に目が行きましたか。
あいさつですが、
城下町だったところには文化が根付いていますね。
会津若松も「什の掟」=「ならぬものはならぬものです。」が残っているのでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。