はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

碓氷峠を越えて 2

2017-06-09 20:00:11 | 鉄道
「碓氷峠鉄道文化むら」からは、「遊歩道アプトの道」というのがあります。廃線跡を熊ノ平まで2時間半ほどで歩けるようですが、今回は歩かずに、車で途中の「めがね橋」にだけ立ち寄ることにしました。
横川から旧18号線を進みます。すぐに中山道の坂本宿がありました。途中で中山道とも別れ、カーブのつづく道を登っていきます。(いつの日か、中山道も歩いてみたいです。)いきなり目の前が開けた所に「めがね橋」がありました。


美しい橋です。明治25年に建設されたそうですが、当時の人々の苦労と同時に、鉄道建設に対する意気込みが伝わってきます。


高さは31mもあるそうです。横川駅と軽井沢駅の標高差は552mもありました。そのきつい急勾配(66.7パーミル)を登るために採用されたのが、ドイツで使われていたアプト式です。


橋の上まで行ってみました。


トンネルもありました。唱歌『汽車』の歌詞ではありませんが、「今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと 思う間もなくトンネルの 闇を通って広野原♪」鉄橋とトンネルの連続です。鉄橋ではありません、レンガ橋でした。


ここを蒸気機関車が駆け上がってきたのでしょう。


関西にも廃線ウオークができるところ(旧福知山線の生瀬〜武田尾間)があるのですが、トンネンルには照明がありません。あくまで、自己責任で歩いてくださいということです。


橋の長さは91mです。


レンガの中にアプトも埋め込まれていました。


山側にも廃線となった鉄橋が残っていました。こちらの鉄橋は、昭和38年にスピードアップのために造られた新線のものでしたが、新幹線開業と同時にこちらも廃線になりました。


反対側のトンネルにも行ってみました。


下から見上げても工事の大変さが伝わってきます。


芸術性を追求して造られたわけではないと思いますが、機能性を追求したら芸術作品になってしまったのでしょう。


旧18号線を更に上っていくと、所々に規模は小さいですが、鉄橋とトンネルが見えました。


今は緑の季節ですが、秋には紅葉が美しいことでしょう。(このアプト道は、ブログ「信の信州からの贈り物」の信さんが、春と秋に歩かれるところで、私もそれで興味を持ちました。)


後は、碓氷峠をめざすだけです。碓氷峠は、私の好きな分水嶺です。横川からは、合計184のカーブを曲がりながら登って行くのです。峠の向こうにはどんな景色が待っているのか期待でいっぱいでしたが、なんとそこにあったのは、オシャレな軽井沢の町でした。


※訪問日 6月3日
ジャンル:
ドライブ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 碓氷峠を越えて 1 | トップ | 白毫寺を訪ねて 1 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よっちん)
2017-06-09 22:29:51
日露戦争のために
京浜地方と日本海を結ぶ
鉄道敷設が急務だったので
この路線が急いで作られたそうです。

富国強兵、殖産興業…
そんな言葉を思い出しますね。

応援ぽち
Unknown (takayan)
2017-06-09 23:05:58
こんばんは。
レンガ造りのめがね橋とトンネル。
takayanも信さんのブログを、興味深く拝見してました。
66.7‰、京津線の急勾配を思い出します。
トンネルの照明が幻想的ですね。

先日、旧福知山線の廃線ウオークの様子を、テレビで見ました。
トンネルには照明がなくて、各自が懐中電灯を持参されてました。
明治の時代に、これだけの工事は本当に難工事だったのでしょうね。
身近な所では、琵琶湖疏水も明治の遺産の一つです。
Unknown (はりさん)
2017-06-10 07:47:46
よっちんさん
明治時代は日本が必死に
列強諸国に対抗した時代ですね。
司馬遼太郎の『坂の上の雲』に詳しく
書かれていると思います。
日露戦争に勝ったことが
その後の日本を狂わすことになるのですが。
Unknown (はりさん)
2017-06-10 08:18:34
takayanさん
おはようございます。
アプトの道をもっと歩けばよかったと
反省しています。
しかし、京津線の急勾配も負けていませんね。
しかもアプト式ではなかったんですよね。
琵琶湖疏水も大工事だったことでしょうね。
おかげさまで、今は疎水の桜見物を
楽しませてもらえるんですね。
旧福知山線の廃線ウオークは楽しいですよ。
終点の武田尾には温泉もあるんですよ。
Unknown (錫杖)
2017-06-10 09:01:26
信楽高原鉄道もきつい勾配だったので調べてみたら連続勾配33%と判りました。

でも66.7%はすごいですね

わたしの住む亀山市にも関加太駅から柘植駅間の急勾配が有名で、SL時代は登れない運転手もいたそうです。
Unknown (はりさん)
2017-06-10 09:59:44
錫杖さん
そうですね。
関西線の加太あたりも有名です。
信楽鉄道も、そんな勾配でしたか。
スイスには、もっとすごいのが
たくさんあるんでしょうね。
Unknown (よっちん)
2017-06-10 14:36:44
アプト式…

今では大井川鉄道でしか
見ることが出来ませんね。

私は大井川鉄道に乗りに行きましたが
なかなか楽しかったです。

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2017-06-10 17:47:55
よっちんさん
私も乗りました。
アプト式の現役は
大井川鉄道井川線のみですね。
なんと90パーミルらしいです。

コメントを投稿