はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

大分の旅(鉄ちゃんになりました)

2017-06-22 19:31:11 | 知らない街をぶらり
日田駅に戻ってきました。次は、「ゆふ号」に乗って別府をめざします(「ゆふ号」は「ゆふいんの森号」とは全く違う列車です。)
日田駅には赤やら白やら黄色の列車が停車していました。


これはJR九州でよく目にする車両です。


「キハ」とありますが、「キハ」とは、気動車の普通車のことを言います。(「キ」は気動車で運転台・エンジン付きの車両です。「ハ」は普通車です。)気動車というのは、ディーゼルエンジンで走る列車です。このディーゼル音が、なんとも好きなんです。


ホームに止まっていたのも気動車です。かなり歴史を感じる車両です。


こちらは「キハ」147ですが、調べてみるとキハ40を改良したと書いてありました。


そうこうしていると、特急ゆふ号がやってきました。


この列車も気動車でした。「九州横断特急」のロゴが消されていました。これも地震の影響でしょうか。


車窓からは「切株山」が見えました。ここで大きなミスに気がつきました。ビールを買い忘れたのです。というか、日田駅にはそれらしい店が無かったのです。もちろん車内販売なんてありません。これでは「呑み鉄」失格です。


やがて、由布岳が見えてきました。


由布院駅でほとんどの人が降りてしまいました。


かぶりつきで写真が撮れます。(年齢は関係ありません。)


やがて湯平駅に到着しました。


ふと見ると、寅さんの文字が見えるではないですか。なんと、ここも寅さんのロケ地だったようです。(これは知りませんでした。)


やがて、ゆふ号は大分駅に到着しました。ここで5分間の停車です。


そして、終着駅の別府に到着です。温泉マークがなんとも言えません。


おまけです。別府駅を出て行く「ソニック」です。


すっかり鉄道を楽しんだあとは、温泉が待っていました。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大分の旅(豆田町をもう少し... | トップ | 大分の旅(最終編) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-06-22 21:44:35
こんばんは。
今日は撮り鉄、乗り鉄ですね。
飲み鉄になれなかったのが残念でしたね。

気動車のエンジン音は、本当に心地よい音です。
電車のモーター音には無い味わいです。
枕崎駅からの始発列車は、キハ 47 9050でした。
枕崎線の廃線も囁かれていますが、今年枕崎選に乗ることが出来て、
良い思い出となっています。
錫杖さんに感謝です。

車窓からの「切株山」の写真は、近景のトタン屋根が流れて、良い感じですね。
乗り鉄の後は温泉でゆっくり、良いですね。





Unknown (よっちん)
2017-06-22 23:31:18
今日は仕事が山積みで
たった今帰宅しました。

今日は訪問だけで失礼します。
申し訳ありません。

応援ぽち
Unknown (Unknown)
2017-06-23 07:34:52
takayanさん
おはようございます。
九州は色々と鉄道が楽しめるところです。
乗るのもよし、撮るのもよしですね。
切株山の写真ですが3枚ほど写したのですが
他のは山も流れていたのです。
鹿児島に行かれた時の枕崎線の写真よく覚えています。
朝日に照らされるレールが印象的でした。
Unknown (Unknown)
2017-06-23 07:36:32
よっちんさん
ありがとうございます。
上高地、楽しく見せてもらっています。
Unknown (錫杖)
2017-06-23 08:24:24
白と青の気動車
枕崎で見た事のあります。

たしか キハと書いてありました。
電線のない鐵道風景はいいものですね

そうそう耶馬渓には棚田がありまして、その棚田を訪問した際に 万年山に登りましたよ。 
パラグライダーさんのメッカになってりようでした。
 枕崎から稚内まで乗鉄やってみたいです。
Unknown (はりさん)
2017-06-23 14:31:29
錫杖さん
切株山ではこの日もパラグライダーが飛んでいました。
気持ちがいいでしょうね。
稚内から枕崎は乗り鉄の憧れですね。
百名山一筆書きの田中陽希さんのように
屋久島から利尻島まで歩くのもいいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。