はりさんの旅日記

気分は芭蕉か司馬遼太郎。時々、宮本常一。まあぼちぼちいこか。
     

乗鞍岳に登ってきました(5)

2017-07-11 19:53:35 | 山歩き
2017年7月6日午前10時40分頃の乗鞍岳頂上からの景色です。残念ながら雲が多くて、360度の大パノラマとはいきませんでした。
鳥居の向こうには雲がなければ、穂高の山並みがそびえているのでしょう。


登って来たルートを振り返ります。右下に頂上小屋が見えます。この画面より右側は全くの雲の中で、御岳山も見えませんでした。


権現池のブルーが美しすぎます。


ブルーアイスというのでしょうか。吸い込まれそうなブルーです。


縦構図で、もう1枚です。


剣ヶ峰から大日岳、屏風岳、薬師岳とつづく稜線です。この稜線は、実は分水嶺なのです。分水嶺好きの私にとっては、ここは特別な分水嶺です。それは乗鞍岳が日本の分水嶺の最高地点だからです。 


さあ、そろそろ下山することにしましょう。実はこの日、愛読するブログ「錫杖流」の錫杖さんと、「気ままに撮り歩き」のtakayanさんが、8時55分のバスで畳平に上がって来られる予定なので、ぜひお会いしたいと思っていたのです。


もう少し、さっさと登って、さっさと下りてくる予定だったのですが、ブレーキがかかってしまい、予定よりもずいぶん遅れてしまいました。(錫杖さんも、私のことを探してくれていたそうです。)


畳平のお花畑が見頃なら粘っていただけるでしょうが、閉鎖されていたので、既に移動されているかなと思いながら下山しました。


肩の小屋あたりまで下りてきました。行きは気が付きませんでしたが、登山道の脇にはキバナシャクナゲが咲いていました。


ハクサンイチゲの群生も見られました。


高山植物を見ると、なぜか心が和みます。


再び望遠レンズの出番です。(でも、これ1枚だけです。)


乗鞍高原の全体が見渡せました。


不動岳も雲に隠れそうです。ここまで来れば、あと少しで畳平です。


<つづきます>
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乗鞍岳に登ってきました(4) | トップ | 乗鞍岳に登ってきました(6) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-07-11 20:50:24
こんばんは。
トップの鳥居、魔王岳から望遠で眺めていました。
権現池のブルー、本当に神秘的な色をしていますね。
どうしてこんなにも濃いブルーになるのでしょう?
4枚目は、実際に肉眼で見れば本当に吸い込まれそうに見えるでしょうね。
写真でしか見ることが出来ませんが、この時間帯にtakayanも、畳平に居たんだな〜と思いながら拝見しています。
分水嶺の稜線の1枚は、渋い色合いが素晴らしくて、大きいサイズで見てみたいと思いました。
8枚目の下から見上げた構図は、臨場感があり、好きな1枚です。

下でもキバナシャクナゲ、ハクサンイチゲが沢山咲いてました。
特にハクサンイチゲは、凄い枚数を撮りました。
ハクサンイチゲだけで、ブログ記事を書いても良いかも?と思っています。

錫杖さんと一緒に、朴の木平のバスのりばから、はりさんの姿を探してました。
畳平のお花畑が閉鎖されていたため、下山のバスを1本早くし、
乗鞍高原へ向かったのでした。
スレ違いだったのですね。

ハクサンイチゲの撮影は、少し離れた位置が多くて、望遠が重宝しましたね。
takayanもマクロレンズよりも、300mmでの撮影がほとんどでした。
4月に買った300mm単焦点は、800gを切る軽さで、使い勝手が良かったです。
また次回何処かで、お目にかかれる日を楽しみにしております。

Unknown (はりさん)
2017-07-11 21:19:14
takayanさん
こんばんは。
権現池のブルーは本当に神秘的でした。
ブルーアイスがどうしてあんな色になるのか
調べたのですが難しすぎました(笑)
分水嶺の稜線の写真はこれ1枚だけでした。
もっと写しておけばよかったと後悔しています。
ハクサンイチゲはいい花でしたね。
>凄い枚数を撮りました
とありますが、何枚ぐらい取られたのでしょう。
畳平では、私の望遠も活躍して来れました。
お花畑が閉鎖していて残念でしたが
そこそこ高山植物を堪能されたようで良かったです。
私も畳平でニコンをぶら下げている人を探していました。
結局、takayanさんより2本あとのバスで下りました。
また、どこかでお目にかかれることを楽しみにしています。
Unknown (よっちん)
2017-07-11 22:03:01
ブロ友さんたちと
いいお付き合いをされているんですね。

私はそういう付き合いが出来ないので
羨ましく思いますよ。

応援ぽち
Unknown (はりさん)
2017-07-12 08:09:01
よっちんさん
いつも愛読しているブロ友のお二人に
お会いできるチャンスでしたが
残念ながらお会いできませんでした。
あちらこちらと撮影に出かけられて行いる
よっちんさんにも、どこかでバッタリと
出会えればいいなと思っています。
Unknown (錫杖)
2017-07-12 08:56:35
おはようございます。

カメラでは捉えることが出来ませんでしたが
けっこう登山者が見えたのですね
コマクサはまだ山頂部では小さすぎましたか

権現池が見える稜線に到達すると世界が一変しますね わたしも歩荷時代 ここで大休止してました。 右手の山にも名がついてましたね 
 権現池には熊がよく出没しましたね 
歩荷の最中、悠然と前を通過していく熊ちゃんもいましたよ 
 手に届く様な位置に高原が見えてますね
当初はお花畑だけの弾丸でしたが、畳平から乗鞍高原を見てtakayanさんご夫妻をお連れしたいというきもちになりました。

300mの差ですがさすがに山頂ブルーは宇宙に近く濃いですね
Unknown (はりさん)
2017-07-12 09:25:25
錫杖さん
私が乗ったバスには8人ほどでしたが
ほとんどが頂上に向かっていました。
乗鞍高原の方からも来られるので、
そこそこの登山者がおられましたよ。
権現池にも熊が来るのですか?
こんな高いところには来ないだろうと思っていました。
しかし、ここで歩荷をされていたなんて
錫杖ヶ岳2500回登頂も頷けます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。