自分らしく生きる〜幸せなゲイライフの創り方

ゲイのライフコーチ、メンタルトレーナー、心理カウンセラーによる、ゲイライフを自分らしく、幸せに創造するためのブログ!

自己肯定感を高める

2009-12-23 16:02:09 | コーチング
失敗をしたとき、
物事が思い通りにいかないとき、
ヤル気が減退しているとき、
気分が落ち込んでいるとき、
深く沈んだ気分が続くとき、
人は自分を見失ってしまう。


見失うだけでなく、否定する方向に意識が働いてしまう。


俺ってダメだな〜・・・・

やらなくっちゃいけないのわ解っているんだけど、出来ない。


ほんと、ダメだなあ〜〜〜・・・・


なんで自分だけ・・・・・


俺、間違っていたのかなあ・・・・・


こんな自分なら、いない方がいいのかな・・・・・


書いているだけで、
どんどん狭い場所に追い込まれていくような
窮屈さ、後ろへ後退するような、
どんどん自分が小さく小さくなっていく感じです。


でも人はもともと、
こっちの思考に囚われてしまう傾向があります。
本来は、自分を困難に立ち向かったり、
危険を察知するための意識が、
なぜか自分へ鉾先を向けて追いやってしまうのです。


何がそうさせるのか?


不安ではないでしょうか?


不安が外へ向かうための意識を、
自分に向けて、
そのまま渦巻きのように自分を巻き込んでしまう。


その自己否定のサイクルから抜け出すためには、
まず不安を取り除く必要があります。


何でもいいんです。
不安を感じていると思ったら、
体を振って不安な気持ちを振り払ってみる。
実際にはそれで不安が心から消える訳ではないのかも知れませんが、
手や体を振ってみて、
不安という意識が液体となって、
指先から振り払われているイメージをしてみるのです。


鏡に向かって、
自分は大丈夫、自分は大丈夫、
怖くない、怖くないと言い聞かせてみる。


そんなことでも良いのです。
大切なことは、少し少し、
不安って奴が自分から離れてゆくのを感じる、
イメージすることなのです。


そして次のステップとして自分を肯定するために、
何でも良いから達成感を味わってみるのです。


日常の中で、何かやってみる。
例えば学生だったら、毎日少し本を読んでみる。
まずは自分の出来そうな目標を立てるのです。
そこに明確な目的があると、
尚更に良いですね。


日常の日課を、もう一度ちゃんとやってみる。
そして、その日課を、今日は幾つ出来た。
よしよし!
今日は昨日より2項目出来なかった。
明日は減らさないようにしてみよう。

でも間違えないで欲しい。

これは、自分にダメ出しするためのものではないのです。
その人、その人に合わせた内容で、
楽しみながらやることが大切なのです。


目的が明確にあって、
成果を出したいときは、それに合わせた日課表を作るのです。

もし、うつ傾向が強い人であれば、
身近に出来ることからやってみてはいかがでしょうか?


ひとつひとつの日課をやることで、
つまり自分が行動することで得られる結果を、
ひとつひとつ喜んで受け止めるのです。


そのひとつひとつの積み上げが、
失った自己肯定感を取り戻すことに繋がります。


あなたが生まれて、
そこにいることだけでも、
意味があることなのですから。




コーチ 坂井和男ホームページ
http:///www.forevergreen-coach.com

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
大切なことは
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 一日を振り返り日記を書く | トップ | 全ての人に夢は降り注ぐ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL