東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

大エルミタージュ美術館展(森アーツセンターギャラリー)

2017年03月19日 | 展覧会(西洋美術)

大エルミタージュ美術館展 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
2017年3月18日〜6月18日
森アーツセンターギャラリー

 

   出品数は85点。


   ルネサンス時代(16世紀)の作品は、ティツィアーノ2点とクラーナハ1点、他はバロックとロココ時代の作品が並ぶ。

 

   1762年に即位した女帝エカテリーナ2世は、1764年、ベルリンの実業家ヨハン・エルンスト・ゴツコフスキーから317点の絵画を取得する。この1764年をもって、エルミタージュ美術館の創立年とされる。

   以降も女帝は、ロシアの国力を誇示するため作品の収集に努め、仏のクロザ・コレクションや英のウォルポール・コレクションなど、34年の治世の間に約2,500点とも言われる絵画作品を、啓蒙思想家ヴォルテールや美術評論家など国内外の目利きの助言を参考にしつつ、収集する。

 

   本展では、女帝エカテリーナ2世の治世期間(1762-1796)中の取得作品については、作品名キャプションにエカテリーナマークを付している。

 

 

【展覧会構成】


プロローグ
女帝エカテリーナ2世

第1章  イタリア
ルネサンスからバロックへ

第2章  オランダ
市民絵画の黄金時代

第3章  フランドル
バロック的豊穣の時代

第4章  スペイン
神と聖人の世紀

第5章  フランス
古典主義的バロックからロココへ

第6章  イギリス・ドイツ
美術大国の狭間で

 

【お気に入り作品10選】


   まずは、第1章、イタリアから3選。

 

ティツィアーノ
《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》☆
1538年
96×75cm


   東京都美で傑作《フローラ》《ダナエ》が展示中のティツィアーノ。

   本作は、女神たちに比べ美人度は譲るも、後から描し足されたという羽飾りのある帽子の描写は魅力的。

   肩に掛けた濃緑のガウンから肌が透けて見えているのは、さすがに単なる経年劣化によるものだろうなあ。

 

 

カルロ・ドルチ
《聖チェチリア》☆
1640年代後半
126×99.5cm


   国立西洋美の所蔵作《悲しみの聖母》により日本で知られるカルロ・ドルチ。

   清楚な女性がオルガンを奏でる聖チェチリアも、甘美な雰囲気で魅力的。

 

 

ベルナルド・ストロッツィ
《トビトの治癒》☆
1632年
158×223.5cm


   大画面。頭に穴をあける、または歯を抜くヤブ医者の話かと一瞬思ったら、旧約聖書の話であった。

   息子トビアに魚の胆汁を目に塗り込めてもらうトビト。妻アンナ、天使ラファエロ、犬がそれを見守る。トビトの失明は回復する。

   ベルナルド・ストロッツィ(1581-1644)は、17世紀ジェノヴァ派を代表する画家で、後年ヴェネツィアに移住し、ヴェネツィア派バロック様式の成立に貢献する。

 


   ☆は、エカテリーナのマーク付きの作品を示す。

 

続く。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌川国芳 21世紀の絵画力(... | トップ | アイルランド・フェスティバ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。