東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治(平塚市美術館)

2016年10月01日 | 展覧会(日本美術)

開館25周年記念展
香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治
-シベリアシリーズ・原爆の図・地図-
2016年9月17日〜11月20日
平塚市美術館

 

   香月泰男の《シベリア・シリーズ》と《軍事郵便はがき》、丸木位里・俊の《原爆の図》、そして川田喜久治の《地図》が展示される展覧会。

 


   最初に香月泰男(1911-1974)の《シベリア・シリーズ》。
   全57点中、34点が展示。山口県立美術館からの出品。
   制作年順ではなく、体験順に並ぶ。画家自身による解説文が付される。


□応召・山口西部第4部隊・出征/1943.1-4 【2点】
□旧満州国ハイラル市第19野戦貨物廠駐屯時代/1943.4-1945.5 【8点】
□敗戦・シベリア輸送/1945.8-11 【7点】
□セーヤ収容所/1945.11-1946.6 【5点】
□チェルノゴルスク収容所/1946.6-1947.4 【3点】
□ダモイ・帰路/1947.4-ナホトカ/1947.5 【9点】

 

   《軍事郵便はがき》は、香月泰男美術館から40点の出品。

 


   次に、丸木位里(1901-1995)・丸木俊(1912-2000)の《原爆の図》。
   原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)所蔵の14点のうち6点が出品される。


第一部《幽霊》
第三部《水》
第四部《虹》
第五部《少年少女》
第七部《竹やぶ》
第八部《救出》


   第二部と第六部は、ドイツ・ミュンヘンの展覧会に出張中とのこと。

 


   最後に、川田喜久治(1933-)の《地図》。
   30点+壁一面にシリーズ84点の展示。
   写真集『地図』初版本(1965年、美術出版社)も参考展示。
   会期中、ご本人のトーク会が予定されている。

 

 

   大物3シリーズをただ見つめる。

 

 

   香月泰男《シベリア・シリーズ》を観るのは、2004年の静岡県立美術館での没後30年大回顧展以来だから、12年ぶり。

 

   丸木位里・俊《原爆の図》は、2013年の神奈川県立近代美術館葉山の「戦争/美術1940-1950 モダニズムの連鎖と変容」展で、第1部と第3部を見たのが初めて。そのあと日を置かず、原爆の図丸木美術館を初訪問し、第5、8、9、10、11、14部を見ている。
   ということは、私の未見は、ミュンヘン出張中の第2部と第6部。あと第12、13部(と同美術館の所蔵でない第15部)となる。

 

   川田喜久治《地図》は、それと意識して見たことは初めてである。

 

 


   雨天もあってか、会場は空いていて、全く自分のペースで鑑賞できる。

 

   大物3シリーズがドン、ドン、ドン。見つめる。よりほかはない。

 


立花隆著『シベリア鎮魂歌-香月泰男の世界』から。


「一人の絵描きとして、いつも私は普通の兵隊とは別の空間に住んでいた。生命そのものが危機にさらされている瞬間にすら、美しいものを発見し、絵になるものを発見せずにいられなかった」「この絵描き根性があったがゆえに、ほかの兵隊たちが完全な餓鬼道に陥っているようなときにも、一歩ひいたところに身を持していることができたのだろう」

 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルロ・クリヴェッリ | トップ | スケッジャ《スザンナ伝》 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。