東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

根付-江戸と現代を結ぶ造形(三鷹市美術ギャラリー)

2017年01月25日 | 展覧会(日本美術)

根付-江戸と現代を結ぶ造形
2017年1月14日~3月20日
三鷹市美術ギャラリー

 

根付。


   煙草入れや印籠、小型の革製鞄などの持ち物を携帯する際に、紐の先端に付けて帯にくぐらせ留具として用いる小さな細工物。
   和装の時代に日常的な実用品であった根付は、意匠や細工が次第に洗練され、江戸後期に全盛期を迎える。明治以降洋装化とともにその需要は衰えるが、欧米人によって美術工芸品として新たな価値を見いだされる。(展覧会サイト参照)


   東京国立博物館の総合文化展でお馴染みの根付であるが、根付に特化した展覧会を見るのは初めてである。


   JR吉祥寺駅から1駅、三鷹駅南口すぐの三鷹市美術ギャラリーを、ぐるっとパス効果で訪問する。


   本展では、「京都 清宗根付館」が所蔵する、江戸から昭和前半にかけての「古根付」約60点と、1970年代以降新たな発想・個性で制作された「現代根付」約245点の計約300点が展示される。

 

   最初は「古根付(古典根付・近代根付)」の展示。制作年代の記載がないので、江戸時代の作品なのか、昭和時代の作品なのか不明だが、イメージどおりの根付が並ぶ。


   印象に残るのは、安藤緑山《焼栗》。実物大で、本物そっくりの超絶技巧。でも根付?

 

   「現代根付」は、テーマ別に分類される。21世紀になってからの作品が多い。古根付とは違って、技術の進歩というか、作家の芸術的興味の追及というか、根付のイメージに合わないものも含め、多彩な作品が並ぶのは面白い。


   印象に残るのは、桑原仁《焼鰯》2000年。実物大で、本物にしか見えない作品。これは欲しい。机の引き出しに入れておいて、それに気付いた人が驚く、をしたい。

   要は、実物大で本物と見間違えそう、という作品が私の今の好みのようだ。

 

   受付にて、虫眼鏡の貸出がある。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青龍社の女性画家 小畠鼎子... | トップ | 「見世物大博覧会」と「台湾... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。