東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

冷たい視線が惑わせる。

2016年10月11日 | クラーナハ

 

クラーナハ展-500年後の誘惑
2016年10月15日→2017年1月15日
国立西洋美術館

 

冷たい視線が惑わ|せる。

画像は、クラーナハ展公式ツイッター、より。

 

 

【10/12追記】

   カラヴァッジョの妖しげな作品とクラーナハの妖しげな作品。

   クラーナハの作品のほうが客を呼べそうな気がするのは、やはり男視線だからだろうか。

 

 

【10/13追記】

2009年の国立新美術館「THE ハプスブルグ」展のクラーナハ

《洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ》
1530年代
ブダペスト国立西洋美術館


《ユディト》と《サロメ》の対決が見たいなあ。

 

 

【10/14追記】

   1517年10月31日、マルティン・ルターは95ヶ条の論題を1ヴィッテンベルク大学の聖堂の扉に掲示する。
   2017年は、宗教改革から500周年。

   こちらは、宗教改革100周年を記念して作られたポスター。

《宗教改革100周年記念ポスター》
1617年、ドイツ
大英博物館

 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州観光・物産フェア2016 (... | トップ | 芸術写真の時代-塩谷定好展... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。