東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

没後50年記念 川端龍子(山種美術館)

2017年08月09日 | 展覧会(日本美術)
没後50年記念 川端龍子
―超ド級の日本画―
2017年6月24日~8月20日
山種美術館
 
 
   後期入りを待って、川端龍子「会場芸術」を見に行く。
 
 
  「龍子とジャーナリズム」のコーナーの作品を興味深く見る。
 
 
 
《香炉峰》
昭和14年、大田区立龍子記念館
 
   縦2.5m×横7.3mの大画面。その大画面でも収まりきれない半透明の飛行機。飛行機から透けて見える中国の山。パイロットは龍子本人。目立つ日の丸。

   連作「大陸策」の第3作。前年、海軍省嘱託画家として日中戦争下の中国を従軍。海軍偵察機に同乗した体験を基に描かれる。
 
   「多くの日本画家が直接的な戦争表現を避けて、歴史画・花鳥画・仏画にことよせて戦争への参加をほのめかすなかにあって、龍子は早い時期から一貫して、戦争そのものの主題と渡り合う制作を繰り広げた。」(別冊太陽『画家と戦争』より)
 
   東近美所蔵の米国無期限貸与の戦争記録画としては、《洛陽攻略》と《輸送船団海南島出発》の2点を数える。
 
   また、国や軍による企画とは別に、「太平洋」「大陸策」「国に寄する」「南方篇」など独自の構想に基づく連作を制作し、青龍社展に出品している。
 
 
 
 
《爆弾散華》
昭和20年、大田区立龍子記念館
 
   昭和20年8月13日、米軍機からの爆弾が龍子の自宅に落ちる。菜園の夏野菜が吹き飛ぶ。
 
   一見、単に植物を描いただけのように思う作品の横には、参考情報として、「爆撃を受けた自邸の母屋」を撮った写真パネル、および龍子が描いた「爆撃被害の略図」のパネルが展示される。
 
  「爆撃被害の略図」は、建物被害として、朱色の線の建物が損壊を、黒の線の建物が無事を示す。また、人的被害として、「自分はここにいて無事」「家族はここにいて無事」との説明が付される一方、「死者1名」の説明が2箇所。使用人の方などが亡くなったらしい。
 
 
 
 
《金閣炎上》
昭和25年、東京国立近代美術館
 
 
   昭和25年7月2日、金閣炎上。翌日の新聞で現場写真を見た龍子は、焼失を惜しむと同時に、「金閣の炎上、これは絵に成る・・・と瞬時に画心が燃焼」し、2ヶ月後には完成、青龍社展で発表したという。
 
   金閣の焼失と聞くと、その前年の昭和24年の法隆寺金堂壁画の焼失を想起する。終戦間もない頃の国宝中の国宝の2大焼失事件である。そして、その23年後の昭和47年の高松塚古墳壁画発見を想起する。山下裕二氏の著作『日本美術の20世紀』の影響である。
 
  「高度成長期の終幕、1972年の日本の多くの「おとな」にとって、1949年の法隆寺焼失は、そう遠い昔の事件ではなかった。」「なにもかもが失われた時代の、「国宝」の焼失。翌1950年の金閣の焼失と合わせて、「戦後」を生きてきた「おとな」の脳裏には、象徴的な事件として記憶されていただろう。高松塚古墳壁面という「戦後最大の発見」には、当然、「戦後」が失ったものを埋めてくれるもの、という期待が込められたわけだ。
 
    壁画発見時の大過熱。戦中・戦後がまだ昔ではない時代だったのだ。
 
 
 
《百子図》
昭和24年、大田区立龍子記念館
 
    第二次世界大戦後の昭和24年、「象を見たい」とインドに手紙を送った東京の子どもたち、その熱意が伝わり、インドから上野動物園に象「インディラ」が贈られた。そのことを記念して描かれた作品。
    象はインドから芝浦港に到着し、そこから動物園まで歩いて移動した ー 深夜0時の出発、約9kmを2時間40分- という。

    ネルー首相、ネルー首相の娘(後の首相)、吉田茂、飼育員の落合さん。ネットには「インディア」にまつわるいろいろなエピソードが書かれている。昭和58年死亡。

   なお、日本最高齢記録を更新し昨年(平成28年)に死亡した井の頭公園の「はな子」も、同じ昭和24年にタイから贈られている。

    一度見て印象に残っていた作品。見た場所を確認すると、同じ山種美術館であったようだ(2014年「kawaii日本美術」展)。

 
 
《龍巻》
昭和8年、大田区立龍子記念館
 
   一見、単に海の中の生き物を描いているように思うが、実は、時局を反映した作品らしい。
 
   連作「太平洋」の第一作で、日本領と米領の島が混在する波乱を象徴し、サメ、アカエイ、イカ、タチウオ、ムラサメモンガラ、クラゲ等を巻き込む様子を描く。龍巻で舞い上がる構図を、下図の段階で天地を逆にしたという。


 
 
後期の撮影可能作品
 
 
川端龍子
《八ツ橋》
昭和20年、山種美術館
 
    戦争末期においても展覧会を開催し続け、相次ぐ空襲のなかでも、このような大作、尾形光琳《八橋図屛風》(メトロポリタン美術館)を強く意識した大作を制作し出品する龍子。
 
 
 
    他の「会場芸術」作品も見てみたいなあ、と思わせる。そんな展覧会である。
 
 
    なお、大田区立龍子記念館では、没後50年特別展が開催される予定である。
 
川端龍子没後50年特別展
龍子の生きざまを見よ!
2017年11月3日〜12月3日
大田区立龍子記念館
 
   同館には行ったことがないので、これを機に初訪問しようかな。
 
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャコメッティ展(国立新美... | トップ | 2011年ミラノのアルチンボル... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。