東京でカラヴァッジョ 日記

美術館訪問や書籍など

【その2】大エルミタージュ美術館展(森アーツセンターギャラリー)

2017年03月21日 | 展覧会(西洋美術)

大エルミタージュ美術館展 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
2017年3月18日〜6月18日
森アーツセンターギャラリー

 

(続き)


お気に入り10選


4選目から。

 

第2章のオランダからは1選。


レンブラント
《運命を悟るハマン》☆
1660年代前半
128×116.5cm

   久々にドラマティックなレンブラントの晩年作を観る。

   旧約聖書「エステル記」の物語。

   ハマンは、ペルシャにおいてクセルクセス王に次ぐ権力者。ユダヤ人・モルデカイへの恨みから、ユダヤ人皆殺しを企てる。しかし、ユダヤ人である王妃エステルの決死の覚悟での王への願いにより、逆に王の不興をかい、極刑を科される。

   自分の運命を悟り、観念したハマン。目を閉じ、右手を胸にあてる。後方に描かれるのは、クセルクセス王と別の部下。

   本展ナンバー1の威力ある作品。当然単独の鑑賞スペースを与えられるべきところ、他の小品群と共用のスペースしかなく、滞留を生み出している。

 


第3章はフランドル。


   大ブリューゲルの二人の息子の作品、ルーベンス作品3点などあるが、選出作品はなし。

 


第4章のスペイン。


   リベーラ1点、スルバラン1点、ムリーリョ3点の全て宗教画5点からなる章。
   エル・グレコやベラスケスはない。風俗画や静物画はない。エルミタージュ美は、それらを持っていないのか?
   と、やや不満ながらも1選。


ムリーリョ
《羊飼いの礼拝》☆
1650年頃
197×147cm


   幼児イエスを見る羊飼いたちの目。(が、どうしても府中市美で観た安田雷洲《赤穂義士報讐図》を思い出させ、にやけてしまう。)

 


第5章のフランスからは3選。


ルイ・ル・ナン
《祖母訪問》☆
1645-1648年
58×73cm

   祖母宅。真横向きで描かれた、椅子に腰掛けた、動く気配を全く感じさない祖母。母親か?大人の女性1人。孫たち7人。犬。猫。
   概ね、同じ背丈にして一列に並べる。

   戸口に立ってこちらを見ている、薄暗く描かれた少年を、孫たちにカウントしてはいけないかも。

   ル・ナン兄弟のファンである私、この1点に大満足。


シャンパーニュ
《預言者モーセ》
1648-1663年
91.5×74.5cm

   シャンパーニュは、娘の難病がポール・ロワイヤル修道院で奇跡的に治癒したことに感謝して制作された《1662年の奉納画》ルーヴル美蔵、で有名なフランス古典主義の画家。

   本出品作も、画面の相応部分を占める文字、モーセの容貌など、小型だが記念碑的宗教画という感じで、よい。

 

シャルダン
《食前の祈り》☆
1744年
49.5×38.4cm

   2012年の三菱一号館美の「シャルダン展」以来の再会。

   そのときは《食前の祈り》は、本バージョンとルーヴル美術館バージョンの2点が並んで展示された。

   現存する4つのバージョンのなかで、署名と年記があるのは本バージョンのみであるとのこと。

 


第6章のイギリス・ドイツ。


   副題は「美術大国の狭間で」。17-18世紀の英独美術は、そのような位置づけになるのか。

   その前時代、16世紀ドイツ美術は、輝いていた。その代表として。


クラーナハ
《林檎の木の下の聖母子》
1530年頃
87×59cm

   さすが本展の顔として活躍する作品。(本展の出品作は、本作とティツィアーノ2点だけが16世紀の作品、他は17-18世紀の作品。本作は、特に選ばれた作品であったことが伺える。)

   やや誘惑系女性の容貌で描かれた聖母。リンゴとパンを持つ可愛らしい幼児イエス。

   本作を、大阪で開催中のクラーナハ展に出品されている他の聖母子作品と並べて観てみたい。

   ところで、画面上部の木になるリンゴ、イエスが手にするリンゴ、皆同じ向き、皆こちらに綺麗なお尻を向けているのはなぜ?

 


以上、9選。

 

   あと1選は、敬意を表して、冒頭に登場する女帝エカテリーナの肖像画とさせてもらいます。


ウィギリウス・エリクセン
《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》☆
1760年代
220.5×151cm

 

 

   ☆は、エカテリーナのマーク有の作品を示す。

 

   本展の顔として活躍する数点を除いて、地味な印象が拭えないラインナップ。本展の顔についても、「大エルミタージュ美術館展」の顔としては弱い感がある。


   しかしながら、各作品を観ていくと、なかなか見応えがある/興味深い作品が多く、楽しめる。「一見地味で目立たない、が渋く光を放つエルミタージュ美術館展」という感想である。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイルランド・フェスティバ... | トップ | 東京国立博物館 パスポート »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。