goo

そろそろキットを組みたいですね

こんばんは

今日もお馴染みのKボーイです

4月も半ばに入り、日の長さも長くなる一方で気温も上昇
体調管理に気を付けたいですね

暑い夏が来る前に、未着手のNゲージのキットを組み立てたいですね
買ったままのツンドク型ではどうしようもないですから

2つ候補があって

一つは、ステンレスは永遠の輝き・東急8500系キット


もう一つはマルーンの誘惑・阪急通勤車キット

共にグリーンマックスの未塗装のバラキットです

8500系キットはフルカラー写真が美しく印刷されている一昔前のパッケージ
一方の阪急通勤車キットは簡素化された近年のパッケージです

簡素化されたパッケージは、見た目がつまらないですが
製品によっては改良されたステッカーが付属するので
必ずしも悪いとは言いません

さて、どちらから組んでいきますか

うーん阪急かな

『阪急通勤車』という製品名からして
2000系から8000系まで幅広い車種が製作できるキットです

製品には車両本体のランナー以外には


字幕式行先表示や昔ながら方向板を収録したステッカー、社紋シール
そして阪急電車の大きな特徴である
アルミ製鎧戸を再現するための印刷済み透明パーツが付属します

先日、再生産されたキット(113・115系キット等)から、
以前付属していたシールが省略されましたので
今度この阪急キットを再生産する際には
これらも省略されてしまうので残念極まりない

それで、どんな車両に仕上げるか
KATOの阪急9300系があるので京都線の車両も良いですが


伊丹線のこれも捨てがたいなあ

これからじっくり考えます

おっと、組み立てるなら別売りの台車やパンタグラフ類を購入しなければ

最大の課題は阪急用ミンデン台車を入手できるか
ということです

秋葉原界隈に無ければ絶望的です

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« タキスパイラ... なんか微妙だな »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。