goo

特急を抜かす新快速が普通にあるんだね

こんばんは

なりゆきで
占い師に占ってもらったKボーイです

結果は私の胸の内に秘めておきますが

昨日まで趣味活動以外で
京都にお出かけしていましたが
昨日(4月30日)は京都駅から7時14分発の新快速姫路行に乗車

朝の時間だったので、新快速6番線から出発するのですが

その6番線から大阪方にずれた位置にある30番線から
関空特急「はるか」用の281系が先に出発するのが見えました

てっきりこの時点では
281系は、関西空港行「はるか」ではなく
向日町(京都総合運転所)への回送と思っていました

だって、特急「はるか」は京都駅から3駅目の向日町駅直前で
こちらと同じ線路に合流するのだから

京都駅のポイントを通過すると新快速はフル加速体制に入ります
向こうは相変わらずのんびり走っています

そして、梅小路付近で追いつきました

やっぱり、新快速は速いね
なんて呑気なことを考えていると

あれ?普通に乗客がいる!

ということは、普通に関西空港行!?

特急「はるか」を新快速が本当にぶち抜くの?

調べてみると、これが定刻で
時刻表上でも特急を新快速が追い抜くことになっている

土曜・休日ダイヤの1007M 特急「はるか7号」関西空港行

京都駅7時13分発→高槻7時31分→新大阪駅7時45分着※
※新大阪の到着時刻はJRおでかけネットの『列車詳細情報』より

一方の3201M 新快速姫路行

京都駅7時14分発→高槻7時27分発→新大阪7時38分着

京都駅を特急「はるか7号」の1分後に出発しながらも
高槻駅で4分差、新大阪駅で7分差になってしまいます

さらに調べると

殆どの関西空港行の特急「はるか」は、新快速と同時刻に京都駅を出発
新快速が新大阪まで先行する形になっています

京都を同時刻に発車する以上、新快速の出発がワンテンポ遅れる形になれば
自然と新快速が特急「はるか」を抜き去っていく格好になります

そう考えると特段珍しい光景に思えませんが
途中駅で退避する訳ではないので、変則パターンですが
時刻表上でも明らかに特急が新快速に抜かれるのは
この土曜・休日ダイヤの特急「はるか7号」ぐらいのようです

新快速のスピードと、貨物線を通る特急「はるか」の特異性がなせる業かと

そういえば、2月に京都・大阪へ行った際に、
大雪の影響で徐行中の特急サンダーバードを新快速が山崎駅で抜いた!
なんて書きましたが→コチラ(画像ナシ)

少し調査不足でしたね

特急「はるか」は京都→新大阪間では
ダイヤにかなりのゆとりを持たせていて、
一見すると無駄のように思われますが

その先の京都→天王寺間では、過密ダイヤの大阪環状線を通過する上に
特に梅田信号所から西九条駅間は単線ですから
ゆとりがないと、いけません

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 只今から京都... 新しくなった... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。