阿部薫 どびん茶瓶かおる便

Freelance Drummer、Photographer阿部薫のBlog
本家は http://k-abe.org

お時間あったら

2011年01月22日 17時35分48秒 | 宇多田ヒカル
本日19時からスカパーのスカチャンで昨年行なわれた宇多田ヒカルちゃんの「WILD LIFE」のコンサートの模様が流れますの。
無料放送なので、スカパー契約されている方は

1/22(土) 午後7:00~
Ch.191 スカチャンHD191
Ch.181 スカチャン181
Ch.801 スカチャンHD801

のいずれかのチャンネルにこの時間あわせれば見られますので、お時間ある方はのぞいてみて下さいね。

リアルタイムのオンエアーとはアングルも違うし、音も違うのでオイラも円形ステージの感じがどんなふうだったか楽しみですは。
そんな私は、編集するので録画予約してあるので後で見まぁ~~~~~す。

今日見られない方は再放送もあります~

1/29(土) 午後6:00~
Ch.190 スカチャンHD190
Ch.180 スカチャン180
Ch.800 スカチャンHD800
3/11(金) 午後10:00~
Ch.191 スカチャンHD191
Ch.181 スカチャン181
Ch.801 スカチャンHD801
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

何気ない「Wild Life」のプチ思いだし

2010年12月14日 02時33分18秒 | 宇多田ヒカル
あの2日間がアッという間に終わってしまった宇多田ヒカルさんのコンサートの件について。
つくづく2日間で終わるのは勿体ないなぁ~と、始まってからも終わってからも思いましたね。
せめて全国回ってから、ラストに関東で終わるみたいな感じでね。
でも、短かったせいか、逆に思い入れも深くなった気もしますな。



USTREAMでリアルタイムのオンエアーと各都道府県の映画館での上映。
見た方が教えてくれましたが、USTREAMの動画と音が良くてビックリだったそう。
あれだけのカメラ台数と、回線も良い回線を使ったからなのか、カメラ割りも多くて普通にライブDVDをパソコンでみている感じに見えたようですな。
技術の進歩は凄いですな~

そんな2日間のライブの為に、海外からキーボードのマット、オペレーターのダン、モニターエンジニアのステュワートが呼ばれていましたね。
私は今回お初なのですが、マットとダンは既に前のツアーも経験済みで、アメリカツアーも同行していたみたいですな。


「ベースの種ちゃん」

ギター、ベース、ドラムのリズム隊リハーサルは11月の下旬からスタート。
それ以前は弦チームの音合わせだったり、プリプロをされてましたね。
今回、初めてベースの種子田くんと菅原さん一緒だったんだけど、何の違和感も無く初日で演奏しちゃいましたねw
息合い過ぎですw
種ちゃんは凄いね。バスドラムに貼付くようにリズムと音を合わせてきますの。
潤子ちゃんは、女性なのにと言う言葉を使ってはいけないけど、女性らしからぬオッサンフレーズ連発で、単音のバッキングやソロの音を聞いているだけでもこっちがにやけちまう位の女性オヤジギターですな(これ最高の褒め言葉)。
そんな中に、サラサラ振り向けばオッサンドラムが加わりました感じです。




「豪くんのブース」

龍太はストリングスアレンジもしたりで大忙しだったようです。
ストリングスの栄田サンは今回初めてでしたね。そしてチームの中に浜崎さんのドームツアーで一緒だったバイオリニスト発見w
世の中狭いですw
豪くんの立ち位置がなんと説明していいか分からない感じだったけど、彼はiPadも使いながら色んな音を出してましたね。彼のシェーカー、タンバリンにも助けられました。


「龍ちゃん」

今回のドラムセットはYAMAHA メイプルカスタムアブソリュートのシルバーで、私としては珍しくトップのタムを12”で演奏に臨みましたね。
スネアはマヌカチェモデル。
ここ何十年もトップのタムは10”が定番で、それを崩す事は殆ど無かったんだけど、今回の宇多田さんの音源を聞いた時に10”じゃ無いなと思ちゃったんだな。
大概10”で押し通すんだけど、曲調からしてどうしても12”ってなった。10”でも問題無いんだけど、なんか耳的にそうなった。
もしくは、10”、12”と2つ並べる昔のセッティングにしようかとも思ったんだけどね。
ここは潔く1タムと言う事で決めましたね。
だからどうなのと言われても、歌と曲調に馴染ませる感じでと言う事かな。
結果正解!
珍しくこんな事書いてますな。




「ダンのブース」

連日のリハーサルは順調に進められていきましたね。
ヒカルちゃん本人からも、直接演奏の注文を聞けて良かったし。
やはり、アーティスト本人が直接言ってくれるのが一番早く伝わるし物事が進みますね。
間に人を通すと、必ず誤解が生じてしまったりして2度手間、3度手間になってしまいますからね。




「マット」

リハーサル途中まで、譜面を見ながらやっておりましたが、後半最後の最後辺りでアンチョコ用にiPad登場。
とうとう買ってしまいました。
アンチョコをスキャナーかけてPDFにして取り込んで、iPadに取り込んでIBookで見る。
iPad自体、大きさがB5ぐらいでA4に比べたら小さいんだけど、バックライトで光るので逆に見やすかったのね。
すでに、iPad使ってやってたのが亘ちゃん(山田亘)。
見た感じ小さいし、見辛いかなと思ったけどその逆でしたね。




「真面目だけどお茶目なステュワート(左)」

休みを2日はさんで7日は横浜アリーナでゲネプロ。
1回半ぐらい通して終了。
セッティング具合や、導線、セットの動きなんかをチェックしつつ19時過ぎぐらいからゲネやりましたね。
実際にあのステージでせり上がって演奏してみたら、えらく揺れましたの。
バスドラム踏むと台ごと揺れて、色んな物が揺れだして、ドラムのオーバートップのマイクなんかグイングインに揺れるし、バスドラをいつものように16分裏を踏んでも、台の揺れのバウンドに吸収されちゃって上手く音が出せなかったりしてちょっと戸惑っちゃいましたね。
その辺の事を終わってから相談して、翌日には善処してもらう事になりましたね。





それでもって、本番日初日を迎えまして、車に乗って第三京浜にのって港北インター降りて横浜アリーナ方面へ。まぁ~天気良くて気持ち良いじゃありませんか。
アリーナについて、パスを掲げて入って、楽屋へ一直線。
軽く食事をしてから、ステージに行って、サウンドチェック。
その時に、前の日に話した台の揺れを確認。
バッチリ補強されて、演奏に全く支障無い感じになってました(ありがとん!)。



今回円形ステージだから、オイラは完全にお客さんにケツを向ける感じ。
まあ、外側に向いて演奏すると、なんともこれ寂しい感じになるから内側で良いんだけど、お客さんに演奏している背中を見られる事がちと恥ずかしい。
てか慣れてない。後ろからだと、足下も手の動きも丸見え。
コンサート始まっちまえば、お客さんはヒカルちゃんしか見てないんだけど、それでも気になっちゃう年頃のオッサンですの。
まあ、そんな事は考えないようにして、ステージ上で軽くリハーサルをして、確認事項を聞きつつ終了かな。


「潤子ちゃん」

そんな1日目。
USTREAMでもご覧になられたと思いますが、勢いのある演奏ぶっこいてましたねw
ベース、ギター、ドラムの3人が登場するのは、本編の半ばから。
コンサートが始まって直ぐはまだ楽屋で待機。
我らが登場する20分ぐらい前に呼ばれて、大脱走の様なトンネルをトロッコに乗って3人で移動。
舞台下で暫く待機してから、着替えと転換のタイミングでセリが下がってきて、その上に楽器がセットされて、オッサンが乗っかってスタンバイ終了。
「Passion」でヒカルちゃんと共に3人もセリ上がって後半スタートといった感じでしたね。
あとは始まってしまえば、アッという間に終わってしまった。



2日目は1日目の緊張感のある勢い有る演奏とはまたちょっと違って、1曲1曲落ち着いて、噛み締めるように演奏しましたね。2日間で初日を迎え千秋楽を迎える。なんとも切ないじゃありませんか。

切ないと言えば、舞台下でスタンバイしている時、足下に有るモニターでライブの様子を見てたんだけど、ヒカルちゃんの歌を聴いていて、オッサンちょっとウルってきちゃいましたね。

短い間だったけど、素晴らしいアーティスト、素晴らしいメンバー、素晴らしいスタッフ、んでもってヒカルちゃんを取り囲む、すんばらしいお客さん達に囲まれて楽しい時間を共有出来たのがなんとも嬉しかったですわ。
ありがとん!



そんなちょっとしたオッサンの思い出しでした。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

宇多田ヒカルさんの

2010年12月12日 03時11分34秒 | 宇多田ヒカル
横浜アリーナでの「Wild Life」コンサートが終わって、しかも日付が変わって3日目に入りましたね。
ライブが終わって、その日に打ち上げで喋って笑って祝って明け方まで飲んでましたね。
翌日の10日は、昼頃起きたんだけど割と屍状態。

その日の夜は、マット、ダン、ステュワートのお別れ会みたいな感じで、彼らが1ヶ月ちょい居た中で見つけたバーで飲み会。
この私が珍しく連チャンでお酒を飲みにいきましたねw

今回初めてヒカルちゃんのコンサートサポートさせてもらったんだけど、良い面子が集まりましたね。バンマスで、キーボディストのマットは勝手に想像していた人物とは全く違って優しくて凄く真面目でスティーリーダンが好きな良い奴(^_^)
プロトゥールスエンジニアのダンは身長でかいけど、凄く優しくて喋り方もゆっくり喋ってくれて、お酒を飲むとこれまた楽しくなる、真面目で良い奴(^_^)
モニターエンジニアのステュワートはこれまた絵に描いたように真面目でイヤモニのドラムの音が凄く良い音出してくれて、しかもカメラ好きのようでNikonを持ち歩いてましたね。オイラの手元に有るデジタル卓のEQを全く触らなくてもいいぐらい良かった。
そんな彼らも、11日に日本を発ちました。それぞれロスアンゼルスとダラスに飛んでいきました。

日本人チームのメンバーは、キーボードとストリングスアレンジで龍太(吉村龍太)、ベースは種ちゃん(種子田健)、ギターは潤子ちゃん(菅原潤子)、マニュピレータ&パーカッションの豪くん(須藤豪)、ストリングスは栄田さん(栄田嘉彦)チーム。
周りのスタッフさんも、見渡せば知っている人が沢山(^_^)
でも、globeのツアー以来だったり、懐かしい方も沢山いて、久しぶりに会えて嬉しかったりしましたね。
それに、現場でオイラのカメラマンの姿しか知らない人も居たりして、やっとドラマーの姿がみれたという方もいらっしゃいましたね。
ベースの種ちゃんなんか、結構前に宇都宮君のサポートしてた時は、オイラはカメラマンで撮影に入ってたから、今回初めて一緒に演奏したのよねw。
豪クンはKEIKOのソロツアー以来だな。潤子ちゃんは今回初めて御一緒しました。
初めての組み合わせ、龍太とはミッチーで毎年一緒だから勝手知ったるなんちゃら。
2、3日しか経ってないけど、凄く良いメンバーさん達とスタッフさん達とで出来ましたね。
感謝感謝ですわ。
それにヒカルちゃんの、ある意味記念のライブをサポート出来たのも嬉しかったですな。

オイラは初日、何故かだいぶ緊張してましたね。中継や収録が有るからと言うのではなく、背中にお客さんが居てケツをみられているのが気になりましたね(嘘)。
でも、いつに無く緊張しましたね。がしかしえらく楽しかった。
2日目は、慣れたせいか違った良い意味でリラックスして楽しみながら演奏しましたね。

2日間とも良いコンサートでしたね。
色々あって、スケジュール発表出来なくて申し訳なかったです。
ネット中継で見つけてくれた方々有り難うございます。

な訳でリハーサルやコンサートのプチ詳しい話は日を改めて書きますわ。
そろそろ、編集も譜面書きも練習もしないといけませんな。
でも、もうちょっと休憩したいかな。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

詳しいことはまた後日

2010年12月09日 01時12分31秒 | 宇多田ヒカル
と言う事で、引き蘢り生活が終わり、表に飛び出しましたw

さらさらヘアーの、振り向けばオヤジは、今夜はボチボチノンビリして明日に備えまつわ。

楽しい時間でございました。

では、後日改めて引き蘢りの御報告をいたしまする。

ほなブゥ~~~~~~~~~~!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加