どもっ! k-5610っす。

旧ブログ(釣って釣られて)

釣り好きオヤジが言いたい放題、独断と偏見で綴るひとり言でごぜーます。

ほぼ完璧…最近は中華に手を出すの巻

2017-03-07 13:49:16 | お出かけやお店、料理やお酒の事も・・・
ナンチャッテ料理研究家…、


どもっ!k-5610っす。


と、いうことで、


最近のマイブームは「中華」


今回はハタを使った「清蒸石斑魚」を…。


あ、その前にワタクシがなぜナンチャッテ料理かを名乗っているかというと、


料理もナンチャッテに仕上げるからでありまして…、


本格的なものではありません、


でもね、これが案外おいしかったりするのであります。


で、本題。


まずは材料から、


ハタ…、これがないと始まりませんが、メバルやガシラでももちろんOK!


白身の魚なら大体使えるんですが、


嫁さん曰く、「鯛は、鯛~って感じが強いのでやっぱり根魚がええわ」らしいです。(笑)


このようにのたまう嫁さんではありますが、


魚料理はほとんど致しません。


もっぱらワタクシの担当となっております。(爆)


次に、必ず必要なもの…。


紹興酒…、これがないとこの料理は成立いたしません。




イオンで350円くらいで売っている安物でOK、


白ネギ…、出来るだけ柔らかくて甘いのがいいですね。


ねぎのええのん買ったってたかだかしれているので、出来るだけいいものを買ってくださいませ。


パクチー…、(シャンツァイ)これがなかなか買い忘れてしまうので、




我が家では瓶詰の乾燥したので間に合わせてますが、やはり本物には敵いません。


より本物っぽく仕上げるなら必須です。


あとは、土しょうが、白ネギのヘタ、醤油、砂糖にごま油…。




あ、ごま油も必須ですね。


調理は簡単、


お皿にネギのヘタを敷いて、その上にハタの切り身を並べて…、




メバルやガシラなら丸々1匹でもOKですが、


丸物を使うときは、ウロコとハラワタをとって、一度湯通ししてきれいに掃除した方がいいですね。


そうそう、かるく塩するのもお忘れなく…。


スライスしたしょうがをテキトーに並べて、(後で撤去)


安もんの紹興酒を大さじ2杯…、てか、2杯でも、3杯でも5杯でも味に影響ないです。(笑)


とにかくテキトーに紹興酒をかけたらラップしてレンジへ…。


500Wで5分、チン!したら取り出して、




魚の下に溜まった煮汁?をフライパンへ。


この時、お皿が死ぬほど熱いのでご注意を!爆


で、その煮汁に、紹興酒を大さじ2杯、砂糖大さじ2杯、醤油大さじ3杯(すべてテキトー)


くらいをぶち込み、中火でぐつぐつ…。




かなり濃いめの味でちょうどいいので、3分の1くらいになるまで煮詰めます。


その間に、切り身のあいだに挟んだしょうがを取り除きませう。


煮詰めたタレを魚にかけたら、


細く刻んで水にさらしておいた「白髪ねぎ」を、ギュッと絞ってどさどさ~っと盛り付け、




一番上にパクチーをお好みで。


さてさて、ここからがメーンイベント、


この料理の醍醐味でございます。


煙が出るほど熱したごま油(かなりたっぷりな量)を、


ネギやパクチーの上から回しかけます。


パチパチ、バチバチ、ジュジュジュッ!っと音が鳴れば完成。




最後の油をかけるところはテーブルでやれば盛り上がること必至。


ホント味付けはテキトーでだいじょうですが、注意するとしたら「とにかく濃い味」にすること。


薄いと美味しくないですが、濃すぎても全く気になりません、


ホント簡単なんでおススメでございます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パクリ料理は豪勢ですな | トップ | い~よ~♫ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんすけ)
2017-03-09 17:21:04
谷口丸でアコウが釣れたとき、船頭さんから紹興酒蒸しが美味しいと教えてもらったので初めてしてみました。
メッチャ美味しかったです。
次回はこのレシピ通りでしてみます。ありがとうございます。
Unknown (k-5610)
2017-03-11 07:27:18
>しんすけさん、
やって見て下さい。

コメントを投稿