gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

『呂氏春秋』巻第七孟秋紀

2017-07-18 10:32:36 | 四書解読
巻七 孟秋紀

一 孟秋

一に曰く。孟秋の月。日は翼に在り、昏に斗中し、旦に畢中す(予備の二十八宿を参照)。其の日は庚辛、其の帝は少皞、其の神は蓐收(秋の神で、刑罰を司る)、其の蟲は毛、其の音は商、律は夷則に中る。其の數は九、其の味は辛、其の臭は腥、其の祀は門、祭るには肝を先にす。涼風至り、白露降り、寒蟬鳴き、鷹乃ち鳥を祭る(高注:是の月、鷹、鳥を大沢の中に摯殺し、四面に之を陳ぬ、世に之を鳥を祭ると謂う)。始めて刑戮を用いる。天子、總章(西の明堂)の左個に居り、戎路(戎輅に同じ、君公の乘る車)に乘り、白駱(白馬)を駕し、白旂を載て、白衣を衣、白玉を服び、麻と犬とを食らう。其の器は廉にして以て深し(高注:「廉」は「利」なり。角張った深い器)。是の月や、立秋なるを以て、立秋に先だつこと三日、大史、之を天子に謁げて曰く、「某日立秋なり、盛德は金に在り。」天子乃ち齋す。立秋の日、天子親ら三公九卿諸侯大夫を率いて以て秋を西郊に迎う。還りて、乃ち軍率(グン・スイ、軍帥に同じ、将軍)武人を朝に賞す。天子乃ち將帥に命じて、士を選び兵を厲ぎ、桀儁を簡練せしめ(高注:材、萬人に過ぐるを桀と曰い、千人に過ぐるを儁と曰う。「簡練」は、選び出し訓練すること)、專ら有功に任じ、以て不義を征し、暴慢を詰誅して、以て好惡を明らかにし、彼の遠方を巡る(畢沅云う、「巡」は『月令』『淮南』は「順」に作る。之に因り多くは「巡」を「順」に改めて読んでいるが、高注に、「巡」は「行」、「遠方」は天下なりとあるので原本通りにしておく)。是の月や、有司に命じて、法制を修め、囹圄(牢屋)を繕(おさめる)め、桎梏を具え、姦を禁止し、慎みて邪を罪し、搏執を務めしむ。理に命じ(高注:「理」は獄官なり)、傷を瞻て創を察し(『月令』の鄭注に云う、「創」の浅きを「傷」と曰うと、表面上の傷からより深い傷を調べる)、折を視て斷を審らかにし(骨折や切断の状態をよく見て明らかにさせる)、獄訟を決して(高注:罪を争うを獄と曰い、財を争うを訟と曰う)、必ず正平ならしむ。有罪を戮し、斷刑を嚴にす。天地始めて肅なり(「粛」は粛殺、冷たい秋の大気が草木をしぼませ枯らすこと)、以て贏(ゆるむ)む可からず。是の月や、農乃ち穀を升む(高注:「升」は「進」なり。献上の意)。天子、新(新穀物)を嘗め、先づ寢廟に薦む。百官に命じて、始めて収斂せしむ。隄防を全くし、壅塞(とりで)を謹み、以て水潦に備え、宮室を修め、牆垣を坿(高注:「坿」は猶ほ「培」なり。“つちかう”と訓ず)い、城郭を補わしむ。是の月や、以て侯を封じ、大官を立つること無かれ。土地を割き、重幣を行い、大使を出だすこと無かれ。是の令を行えば、而ち涼風至ること三旬なり。孟秋に冬の令を行えば、則ち陰氣大いに勝ち、介蟲(甲殻の虫)、穀を敗り、戎兵乃ち來たる。春の令を行えば、則ち其の國乃ち旱し、陽氣復た還り、五穀實らず。夏の令を行えば、則ち火災多く、寒熱節ならず、民に瘧疾(おこり)多し。

二 蕩兵

続きはホームページで http://gongsunlong.we¬b.fc2.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『孟子』巻第六藤文公章句下... | トップ | 『史記』項羽本紀 »

コメントを投稿

四書解読」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。