これはあなたが一回で楽に成功できるを保証するめぼしい参考書です

もし試験に合格しないと、弊社は全額で返金いたします

70-412日本語資格試験、70-486模擬モード

2016-10-19 11:19:58 | Microsoft
NO.1 You need to make the "Distance" header of the table bold in the Views/RunLog/GetLog.cshtml
view.
Which code segment should you use?
A. table+first-child{ font-weight: bold; }
B. table>tr{ font-weight: bold; }
C. table>th:last-child{ font-weight: bold; }
D. table>tr>th:nth-child (2) { font-weight: bold; }
Answer: D

NO.2 You are developing an ASP.NET MVC news aggregation application that will be deployed to
servers on multiple networks.
The application must be compatible with multiple browsers. A user can search the website for news
articles.
You must track the page number that the user is viewing in search results.
You need to program the location for storing state information about the user's search.
What should you do?
A. Store search results and page index in Session.
B. Use Application state to store search terms and page index.
C. Use QueryString to store search terms and page index.
D. Store search results and page index in TempData
Answer: C

70-486資格認定

NO.3 You are designing an enterprise-level Windows Communication Foundation (WCF) application.
User accounts will migrate from the existing system.
The new system must be able to scale to accommodate the increasing load.
You need to ensure that the application can handle large-scale role changes.
What should you use for authorization? (Each correct answer presents a complete solution. Choose
all that apply.)
A. Identity-based approach
B. Resource-based trusted subsystem model
C. Role-based approach
D. Resource-based impersonation/delegation model
Answer: A,C

70-486対策書
Explanation:
Advanced Maturity: Authorization as a Service In the advanced level of maturity for authorization,
role storage and management is consolidated and authorization itself is a service available to any
solution that is service-enabled.
* The Trusted Subsystems Model
Once authorization is available as an autonomous service, the need for impersonation is eliminated.
Instead of assuming the identity of the user, the application uses its own credentials to access
services and resources, but it captures the user's identity and passes it as a parameter (or token) to
be used for authorization when a request is made.
This model is referred to as the trusted subsystem model, because the application acts as a trusted
subsystem within the security domain.

NO.4 You are developing an ASP.NET MVC application that supports multiple cultures and multiple
languages. The application will be sold to international customers.
The ASP.NET MVC application must store localized content in satellite assemblies for multiple
languages.
You need to generate the satellite assemblies during an automated build.
Which tool should you use?
A. nasm.exe
B. Al.exe
C. Ildasm.exe
D. Gacutil.exe
Answer: B
Explanation:
Use the Assembly Linker (Al.exe) to compile .resources files into satellite assemblies.
Al.exe creates an assembly from the .resources files that you specify.
By definition, satellite assemblies can only contain resources. They cannot contain any executable
code.
The following Al.exe command creates a satellite assembly for the application MyApp from the file
strings.de.resources.
al /t:lib /embed:strings.de.resources /culture:de /out:MyApp.resources.dll



当面の実際のテストを一致させるために、JapanCertのMicrosoftの70-412日本語資格試験の技術者はずべての変化によって常に問題と解答をアップデートしています。それに我々はいつもユーザーからのフィードバックを受け付け、アドバイスの一部をフルに活用していますから、完璧なJapanCertのMicrosoftの70-412日本語資格試験を取得しました。JapanCertはそれを通じていつまでも最高の品質を持っています。

JapanCertを選択したら、成功が遠くではありません。JapanCertが提供するMicrosoftの70-486模擬モードが君の試験に合格させます。テストの時に有効なツルが必要でございます。

もう既にMicrosoftの70-412日本語資格試験を申し込みましたか。「もうすぐ試験の時間なのに、まだ試験に合格する自信を持っていないですが、どうしたらいいでしょうか。何か試験に合格するショートカットがあるのですか。試験参考書を読み終わる時間も足りないですから・・・」いまこのような気持ちがありますか。そうしても焦らないでくださいよ。試験を目前に控えても、ちゃんと試験に準備するチャンスもあります。何のチャンスですかと聞きたいでしょう。それはJapanCertの70-412日本語資格試験です。これは効果的な資料で、あなたを短時間で試験に十分に準備させることができます。この問題集の的中率がとても高いですから、問題集に出るすべての問題と回答を覚える限り、70-412日本語資格試験に合格することができます。

試験番号:70-412日本語資格試験
試験科目:「Configuring Advanced Windows Server 2012 Services (70-412日本語版)」
最近更新時間:2016-10-18
問題と解答:425

>> 70-412日本語資格試験


試験番号:70-486模擬モード
試験科目:「Developing ASP.NET MVC 4 Web Applications」
最近更新時間:2016-10-18
問題と解答:135

>> 70-486模擬モード


あなたはMicrosoftの70-412日本語資格試験を準備しているとき、あなたの時間とお金を無駄にしないであなたに試験に一番有効な助けを提供するのは我々がMicrosoftの70-412日本語資格試験ソフトを作成する達成したい目標です。我々のソフトは多くの受験生にMicrosoftの70-412日本語資格試験に合格させました。我々の通過率はいくつ高くても、我々はあなたが試験に失敗したら全額で返金するのを保証します。これはあなたに安心で弊社の商品を購入させるためです。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.japancert.com/70-486.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 70-532合格、70-484日本語受験 | トップ | C9510-401日本語本番、C9010-... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。