風の樹人日記

写真付きで日記や趣味を書く

桜が一気に咲き始めています・

2015年03月30日 | 日記

  今日の朝は、生ごみの回収日です。

    ゴミ出しは、ごみ収集の場所が指定されています。 ほんの少しの上り坂「椿坂」に回収場所が設置されていますので、歩行が不住な物には、少し無理なのです。

 「椿坂」は今日は、小学生たちが春休みで登校していません。  そうです。この地点のほんの近くに「横尾忠則さんのY字路地点」があるのです。  

                                             周辺の露地には、思いがけない構成の風景が切り取れるのです。

 縦位置にスケッチは、あまりありません。私には…。

 

     昨日の山の中のatelierは、みどりさんが、130号の大作を持ち込んで仕上げに入りました。   きゃしゃな体の彼女は、「画面」に取り組むと「天衣無縫」の自分の世界を繰り広げるのです。

  私も負けじと、新しい6号連作に取り掛かりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風景スケッチ・写真・修整。 みんな新しい表現でした。

2015年03月30日 | 日記

  昨日のスケッチです。 

 

 自宅前の静かな風景も手法を変えると「重みのある風景に成りました。               

    久しぶりの快晴の中、毎日触れている風景を「ワンショット」。 電柱に止まったカラスを撮っていて、つい「風景」の色加工をして終いました。        とんでもない色にして見ますと、自分では、新しい「領域」に入って行った感じがしてきました。      

                           

                        土曜の教室で、年配の方が、「SOS」が入りました。

  近頃始めたばかりの「葦ペン」で、加筆を進めて見たのです。

    道具を変えることで、自分の気付かない世界に入れるのですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「子供のアトリエ」3月28日・土曜日の共同制作の様子です。

2015年03月29日 | 日記

        

共同制作の持つ意味は、説明するまでもなく、子供たちの新しい世界(社会性)を少しずつ身に着けて行きます。

   自分だけの意見で進まない社会。  いろんな意見のあること。

   先輩たちの考えること。   人が考え描いている手法るそのほかいくつもの影響を受けながら 自分が高まって行くことに気付く場なのです。  この熱心な描き方をご覧頂くだけで、モチボーションが高まっている雰囲気が見えて来るのです。  激励によって、触発を受けることだってありますし、話し合っているうちにけんか腰で自分の意見を通すことも起きます。

     一人考え込んでいるような「ゆーし君」。でもこんな落ち着いた場面が彼にはほとんどないのです。     

そんな機会を毎月1回程度造っています。 

  PRをさせて頂いたようですが、学年度が変わると、4月からは、新しいメンバーで始まります。    いまの6年生が教室を卒業して行きます。  何人かの新しいメンバーが、集まって呉れることを期待しています。   お知り合いに声を掛けて頂ければ有難いとも思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月に、たつの市の「ホテルシーショア」(新舞子)で個展を開催することに成りました。

2015年03月28日 | 日記

  調整中です。   25点ぐらいは、100号を含めて並べられるそうです。

 さてどんな作品展に成るのでしょうね。99回目の個展です。

     と言いながら、吞気に小さな「エスキース」を続けています。                                                          

 

     夜の「おとなの教室」の一人の風景をお手伝いしてみました。 ちょっとやりすぎて、私のスケッチのようになってしまいました、「済みません」

                               子どもたちの送迎を神社でしていて、スナップしたe一羽のカラスの空のスナップをを加工してみました。 ここまで来ると、全く新しいジャンルの写真ですね。                    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉛筆sketch。  ちょっと描き過ぎました。

2015年03月27日 | 日記

 

     昨日、久しぶりにスケッチブックを持って、加古川べりに出ました。    何か月も、入院中の「家内」を見まいに毎日通った、12キロばかり離れた地点の寸描です。    ちょうど1年前の事ですが、思い出の地点にもなっています。    

  これまた久しぶりに、鉛筆で描いて見ました。

  矢張り描き易い感じがします。 何と言っても数知れないスケッチを鉛筆でして来たのですもの。

 

   イギリスの学園都市・オックスフォードに出掛けていた高1の孫の写真を、岡山県立高校のホームページから転載しました。                                 実際に授業と、ディスカッション、発表もしたようです。

                その際のスナップに孫が写っていました。 嬉しい事です。   爺さん馬鹿です。

                                   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加