風の樹人日記

写真付きで日記や趣味を書く

「Don Quixote」進んでいます。  と言っても、加筆は、ほんの1時間ばかり。

2017年07月15日 | 日記

 短時間の作業でね少しずつ描き込んでいます。

  

  人の貌のようなものが出て来ますので、具象表現として進み具合がはっきり解るのですね。

   7月15日刊で、SB新書「他人の壁」が出ました。  例の養老孟司×精神科医・名越康文の対談方式です。

   当然「他人の思っていることなんてわからない」。と言うのが結論のようです。

     まだ読み始めたばかりですので、他人が同じことを考えていれば、描いた絵が、理解してもらえますし、評価も受ける筈なんです。

 

         そうでは無いので  「私はこんなことを思っているのよ」 と思うことを自分で、当然「独白のように」   喋り続けるのでしょうね。

                   こんなところにも人が出て来ました。  何の関係もない「ダイヤ」ゃ「三角」も描き込んで行きました。       つまり、自分でも答えは解らないということです。   そんな見方をすると、結局描く人の「精神経過」を色や形で描き続ける作業なのですね。   「絵なんて」と、一寸捨て鉢になって仕舞います。 

   つまり、意味が在ると思うから60年以上も描き続けてきたのですから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はがき絵」、虫、魚、花、... | トップ | 昨日15日の「子供のアトリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。