風の樹人日記

写真付きで日記や趣味を書く

昨日15日の「子供のアトリエ」は、熱気に満ちた作品制作が続きました。

2017年07月16日 | 日記

    16日朝の、昨日の教室の跡の静寂が満ちています。

             梯子を上がった中二階でも、「こそっと」描き続けた子供たちもいました。                               今の人数ぐらいがちょうど、子供同士の「群れる状態」が巧く機能しています。

              仕上げに費やした時間は、         誰もが、真剣な眼差しと、子供同士の交歓が、うまくそれぞれを触発しています。     花の色に工夫が顕著です。        このピカソ風の絵は大人気です。

   伝と構えた、普通の花が、背景と重なり合って、効果が出ていますね。    なんでも無い絵ですが、年齢に相応の好い作品です。             複雑な模様風の部分が、珍しいモノへの反応で昇華?逞しく、巧みな表現です。

      どれもこれも、子ども相応の活動的な、日々の気持ちが出ていて好いでしょう!       定例のこの「カタログ表現期」をきっちり体験しています。  模範的な「神社」の絵ですが、微妙な表現が、子どもの域を抜けようとしています。観察表現にはいろうとしています。

  ここまでが、今回の出来上がった作品たち。  もっとたくさんありますが、追って続けて掲載したいと思っています。

            

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Don Quixote」進んでいます... | トップ | 100号、Don Quixoteを描き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。