孫はまだの60代

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

子供たちの内心

2017-04-29 13:34:48 | 日記
子供たちの父方のおばあさんの話になった。私は一切付き合いがなく離婚して最後に会ったのがもう8年前になる。ホームに入っているので服や下着靴下などを持って次女と会いに行った。おばあさんは離婚を知っているのか知らないのか不通にはなしをしていた。帰り際に、お金を置いて行ってほしいと言われ持っていたお金の内電車賃を残して全部渡した。ホームの人にお金の催促をされたが私はどうにもできない。今おばあさんはどうしてるのがと云う話になった。4人の子供たちはかかわらないほうが良い、という意見がでた。生きていたら90才になる。かかわったら自分たちの父親が出てきたらイヤだという。私に遠慮してそんな事をいってるのんなら、いらん心配や。でも子供たちは、親らしいことしてもらっていない。という。確かにあたってるけど実の父親やから・・。学校も無関心で遊びにも連れてもらってない、という。そうかぁ。確かにわたしも生活苦の時に金持ちの車に引かれて死んでくれないか、と考えてた非情の妻だった。結局、当時の恨み事に花がさいて終わり。元夫の話になると私は自責におちる、人生最大の汚点をやらかしたけど子供たちはカワイイ。カワイイといってももう40前の年齢やわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電車の中で | トップ | 供養は気持ち »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。