女性天皇を支持する国民の会

「性別を問わない直系長子継承」こそ安定的皇室存続のための唯一の道。女性天皇”復活”に向けて道なき道を歩いていこう。

【ご報告】意見広告が掲載された新聞(東京新聞、奈良新聞)の紙面イメージです。

2017-07-31 11:19:11 | 報告
東宮家のただひとりの御子でいらっしゃる愛子さまに皇太子になっていただきたい、父君の後を継ぐ直系の女性天皇となっていただきたいという私たちの希望を述べた意見広告は、7月30日に東京新聞、同31日に奈良新聞に掲載されました。その紙面イメージを、お届けします。

※奈良新聞さんからは、紙面をスキャンしたデータをお送りいただきました。紙面半分ずつをつないでいます。
※東京新聞さんからは紙面データをお送りいただくことになっていますが、
同じ紙面に二次利用不可の写真データがあるということで、少し時間がかかっています。
現在掲載するのは私的にスキャンしたもので、見にくいと思いますがご容赦ください。

▼2017年7月30日東京新聞朝刊4面(記事下広告)


▼入稿した意見広告原稿(東京新聞)


▼2017年7月31日奈良新聞朝刊16面(記事下広告)


▼入稿した意見広告原稿(奈良新聞)


※意見広告のタイトル部分の背景に挿入された画像は平城宮跡にある朱雀門の一部とのこと。
「奈良らしさを」という希望に応えてくださったもので、気品あるイメージになったと思います。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【お願い】募金をしてくださ... | トップ | 【ご報告】新聞広告プロジェ... »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皆様、本当にありがとうございました。 (執行部の末端の者です。)
2017-07-31 21:19:35
普段はハンドルネームを使ってこちらに投稿させていただいていますが、今回はこの名前で投稿させていただきます。

東京新聞・奈良新聞の広告掲載キャンペーンの執行部の末端にいる者として、皆様に御礼を申し上げたいと思います。本当に、本当にありがとうございました。皆様の「敬宮愛子様・東宮ご一家を応援したい!」という一途で熱い思いが、この2つの広告掲載を実現させたと言っても過言ではありません。皆様のお力添えがなければこの現実に至ることはできなかったでしょう。

index様は執行部のリーダーとして、寝る時間を削られて本当に一生懸命に行動されていました。index様の行動力には本当に頭が下がりました。

募金活動の途中で様々な邪魔や冷やかしも入りましたし、今も「何としても愛子様の女帝即位を阻止しなければ!」という連中が出てきてるようで(広告掲載が実現されて予想外のことに慌てふためいているだけかもしれませんが)油断はできませんが、こうして愛子様や東宮ご一家を支持し応援してくださる方々が大勢いらっしゃることは心強いことです。大変有難いです。

新しく発足した「ゴヨウツツジの会」を通じて、東宮ご一家応援派の皆様の力を結集したいと思います。
今後も、何卒よろしくお願い申し上げます。

政府やマスコミや有識者、皇室ジャーナリストなどがほとんど言及しようとしないことを、広告という方法を使って国民側から訴えることができたということは、「メディアコントロール」や「忖度」が蔓延る今の日本では、非常に画期的なことだと私は思います。

本当に、皆様ありがとうございました!!
Unknown (名無し)
2017-08-01 01:17:41
募金をしなかったので、東京新聞
奈良新聞を直接買かいました。
皇太子ご一家がとても好き人間です。
キコの皇室へのムリヤリな入り型、イヤーな気持ちになってます。
ただの感情で思っているので皇室を勉強したいと思っています。
おめでとうございます! (Oakley)
2017-08-01 06:20:08
でも、ここからが第1歩ですか。
それにしても涙がとまりませんw
INDEXさま、執行部の皆さま、本当に本当によくやってくださいました。
東宮ご一家応援の一端に加わらせていただいている者として何かとっても誇らしい。
今日以降東京新聞と奈良新聞が届くはず。
>※意見広告のタイトル部分の背景に挿入された画像は平城宮跡にある朱雀門の一部とのこと。
「奈良らしさを」という希望に応えてくださったもので、気品あるイメージになったと思います。

本当にそうですね。
こういう細かいところまで気を使われて出来上がっているのですね。
執行部の皆さまの折衝を重ねられてのご努力がよくわかります。
有難うございました。
これから送られてくる両新聞がとってもとっても楽しみ。
暑い中お疲れ様でした (のうぜんかつら)
2017-08-01 13:24:52
寄付をさせていただいた者ですが、新聞をお願いしなくてもきっと掲載して下さるだろうと思っていました。
もうこちらで見さえてもらいましたので、十分でございます。

index様をはじめ、ご苦労されたスタッフの皆様に、心から御礼申し上げます。
小さな輪が大きく広がっていくと良いですね。
おめでとうございます & ありがとうございます (auxilia)
2017-08-01 14:47:40
7月30日の東京新聞に、翌31日には奈良新聞に、意見広告が掲載された。

おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

ここまで来るには本当に大変だったと思います。嫌がらせもあったのではないかと思われます。

でも、こうしてINDEX様はじめ執行部の皆様のご尽力により実現しました。

私は本当に本当の端っこにですが、ここに居られることが嬉しく誇りに思います。


本当に、ありがとうございます!

本当にありがとうございました (匿名で)
2017-08-01 21:49:54
実は全国紙全面広告1千万円という数字を知って、半分あきらめていました。ほとんどが無名の主婦たちのへそくりの寄付では、雲の上の数字でした。
集まったお金は何かに利用していただければ良いかと思っていました。

地方紙に1/3という手があったのですね。
紙媒体が衰退しているからこそ、新聞の広告は重みがありました。
ちょうどメールより手書きの封書のほうが重いように。
以前ならその地域の人しか見ないけれど、今はそれがネットに乗って広がる。
アンチもずいぶん拡散に協力してくれましたw
地方紙でも十分効果的でした。

素人集団がここに至るまで、どれほどのご苦労だったでしょう。
只々頭が下がります。
アンチが怪しげな集団だと騒いでますが、本当に無名の人たちの集まりです。
妨害にもめげず音頭を取ってくださった方たちのおかげです。

誰が見ても怪しい悠仁さまの誕生、すべてが裏口ばかりの学校生活。具体的に何一つ示されない発育ぶり。

偶々メディアに決して書かれない秋篠家の実態を知りうることが出来てました。すさまじ過ぎてとても書けませんでした。
メディアもある程度は知っているはずです。

でも秋篠家の悪口は広告に一言も書かなかった。これはとても良いことだと思いました。

今度は海外のメディアを考えてもいいですね。
これからもせっせとへそくりに励みます。
ありがとうございます。 (久しぶりの訪問者)
2017-08-01 22:25:09
私達の想いをまとめあげて下さった、行動力と決断力、只ひたすら感謝するのみです。

本当にありがとうございます。
やっと・・・ (うっちゃん)
2017-08-01 23:25:50
新聞に女性天皇の記事を掲載出来た事
嬉しく思います。
皆様の努力が実りご苦労様と言いたいです。
私は微々たる事しか出来ませんでしたが
これからも皆様のお役にたちたいと思います。
よろしくお願い致します。
おめでとうございます (shiori)
2017-08-02 11:10:22
知らせてくれてありがとうございます。

やっと東京新聞と奈良新聞に載せていたんだなぁと思うと嬉しくなりました。

作られた皆様、お疲れさまでございました。

東宮ご一家のために見守りながら1日でも早く敬宮殿下が皇太子になっていただけたらいいなと心から願い続けます。

きっと照らしてくれる光がやってくるとことを願い、敬宮殿下が皇太子になってくれたら喜びの人々の姿が見たいですね。

これから一歩ずつ踏み出して歩きましょう。

東京新聞&奈良新聞に載せていたことを心から感謝しています。

地元では違う新聞なので東京新聞や奈良新聞に見られないけどここに少しでも見られて良かったと思いました。

私だけなく東宮ご一家のために見守っている人々がいますからね。

最近に秋篠宮のニュースでアピールがやって来たので嫌な気持ちになりました。秋篠宮の家族のことを見たくないです。

東宮ご一家のために少しでもいいからニュースに出てきて欲しいなって思っています。

そうね。動画で東宮ご一家に悪質なことだらけで載せているのを見て本当に許せないなって思いました。

東宮ご一家は何にもしてないのに......一番かわいそうなのは東宮ご一家です。

敬宮殿下はまだ高校生でしょう。敬宮殿下の傷に付けないで欲しいなと思います。

これから敬宮殿下のために温かく見守っていきましょう。

作られた皆様、改めて心から感謝し申し上げます。

そして、これからどんなあっても見しに来ますね。
感謝感激です! (猛暑は続く)
2017-08-05 23:08:48
インデックス様 スタッフの皆様
大変お世話さまになりました。

こうして実現するとは!
正直難しいと思ってましたので、感慨もひとしおです。

今、新しい流れを感じます。

愛子様が遠からぬ未来、立太子式を挙げられる様子を夢想したりしてます。

まだ始まったばかりの一歩かもしれませんが、大きな始まりの一歩だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。