Joe's Labo

城繁幸公式。
というか避難所。移行か?
なんか使いづらいな・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

前進がいいけど、漸進でもかまわない

2009-11-12 10:57:23 | その他
いよいよ民主党の目玉の一つである事業仕分けが始まった。
国の事業の一つ一つについて、議員や識者が「存続」「地方移管」「廃止」等の
どれにあたるかを判定し、なんとその場で決定&通告するというもの。
さらにはメディアに開放してあるので、官僚側もうかつなことも言えない。
個人的には、新政権の政策の中で最大の目玉だと思っていたものだ。

実際、仕分け人達と官僚のやり取りは実に爽快!
官僚諸兄はバツが悪そうにモニョモニョ言うのだが、対照的に「廃止を提言します!」
「予算半減の上、存続とします!」とばっさり返すレンホウ先生。
このスピードですよ若者が欲しかったのは。

ただ、報道を見ていて、同時に一抹の不安もよぎった。
何をどう仕分けするのかという基準は、いったい何なのか。そういうビジョンの
ようなものがよく分からない。いや、そもそも、誰がそれを決めているのか。

報道されたように、同じ官僚である財務省の人間が仕分け側に寄り添うように座って
いて、適時アドバイスを与えている。以前も書いたように、民主党は財務省とタッグ
を組み、彼らの力を利用するつもりだ。今回のように、財務側は主要会議にスタッフを
送り込み、表裏一体となってサポートしているわけだ。

各省庁と予算折衝を行なってきた財務と組めば、他省庁は隠せるものも隠せない。
そういう意味で、財務と組むのは最短ルートかもしれない。
ただ、「何を仕分け対象として議場に引っ張り出すか」というのは、事前に財務と
政権が決めている。ついでに言うと、結果を受けて予算見直しで対応するのも
財務省である。
要するに、離陸から着陸まで(いや、途中の機内サービスもひっくるめて)
全部「財務航空」のお世話になっているのではないか、という点が引っかかるのだ。
となると、“最短ルート”は実は最短ではないかもしれない。

ここまですんなりと進んでいることからも、財務省が主導して事業の仕分けを
行なっている可能性が高い。そう考えると、会議のオープン化というのは良く言えば
情報公開だが、悪く言えばアリバイ作りみたいなものだろう。
何かあっても「だって、有権者だって見てるじゃない」的な。

とはいえ、個人的にはそれで構わないと思っている。
農水、厚労省あたりはげっそりするまで絞ってくれるだろう。
それが100点満点のうちの20点だとしても、
とりあえず0点の自民党からは前進したわけだ。

残る課題(官僚全体の人事制度改革、財務省自身の“仕分け”)は、次の政権が
選挙の争点として掲げていくのだろう。それこそが二大政党制の良いところだ。

というわけで、民主党の選択的官僚依存をさかんに突いているみんなの党は、
一歩先を睨んでいるといえる。野党のクセに内部抗争の話題しか出ない
空気みたいな存在感の自民党はもうダメだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裸の王様 | トップ | 福島正則に学ぶ部下のマネジメント »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自民党は30点 (八目山人)
2009-11-12 11:25:34
事業仕分けをしなかった、自民党時代の国家予算が80兆円で、事業仕分けをした民主党の国家予算が90兆円になるなら、事業仕分けした意味が無いと思います。
国債の発行を38兆円くらいにしないと。

どう見てもパフォーマンスにしか見えません。特にレンホウ。

民主党が20点なら、自民党は30点では有りませんか。
マニアックなところですが (ddd)
2009-11-12 12:53:17
文科省の天下り先を含めた部分にまでザクザクと切り込んでいってほしいと思いますが、研究分野の予算規模がさらに縮小されてしまうんじゃないかと心配しています。
財務省主導だとすれば、目に見えて成果が上がりそうな、言い換えれば最初から結果が見えているようなものにしか研究予算が配分されなくなって、今でもじり貧な基礎科学研究がさらに倒れてしまいそうです。
仕分け人メンバーの中でそういった基礎科学の重要性を理解していただいている方がどれほどいるか。
Unknown (masa)
2009-11-12 13:02:09
池田先生も同じことを指摘されていますね。
たしかに予定調和の儀式的なイベントにも見えましたが、
今まで官僚vs政治家という構図を見慣れていない国民には痛快に映るでしょう。
しかし、初日にたった500億円しか削減できず、
それで「やった気」になっているようでは到底3兆円の削減に届きません。
もっと根幹からバッサリいって欲しいものです。
Unknown (mikura)
2009-11-12 14:29:28
ありがたいことにこれらの予算が無駄だということは、君たち行政刷新会議が保証してくれるというわけだ。 よろしい、ならば私も問おう。君たちの正しさは一体どこの誰が保証してくれるのだね?

行政刷新会議なんてアリバイ作りの茶番劇にしか見えませんな。まさに劇場政治。
確かに (元派遣)
2009-11-12 15:03:50
見ていて爽快でしたねえ。
この調子でバンバン無駄を削減してほしいです。
Unknown (mikura)
2009-11-12 15:44:08
http://seisai-kan.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-c7b6.html

> よく考えてみれば、民主党政権がやり直した概算請求自体が水増し請求だったわけだから、そこから2,3兆円引かれたところで、麻生内閣の当初予算に戻るだけだから官僚としては痛くも痒くもないんだよな・・・

> 来年度の国債発行額を44兆円以内(これだって補正予算をプラスしてのだから本来は当初予算の国債発行額33兆円と比較しないとおかしいのですが)、に納めるためには、歳出総額を85兆円前後にしないといけないわけですが、仮に行政刷新会議が3兆円の削減に成功したとして92兆円。そこからマニュフェスト関連項目6兆円を引けば86兆円なのでだいたい目標に達します。財務省の目論見はそのあたりではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2009-11-12 15:59:45
一番きくのは人件費のカットです。えらそうにふんぞり返っている財務省のキャリアの皆さんも含め一律全員半額にしてください。それだけで年間5兆はうきます!
テレビ向けのパフォーマンスでは? (アンチツジモト)
2009-11-12 16:20:54
テレビが揃って取り上げるということは、まず胡散臭い。総務相管轄の地上デジタルにかかる費用がバッサリと削られるのなら本物だが・・。あれこそ国民生活にとって影響力のない税金の無駄使い。電波のオークションをしてくれるとか、テレビ利権に切り込まない限り国民の目をくらませるだけの儀式にみえます。
短期間にばっさりとやるしかないでしょう (sakyo)
2009-11-12 17:11:37
 大きな戦略を決めてから各個別の予算を削減するのが正しいとは思いますが、ノンビリと戦略を練っていたら色々なところから圧力が加わって結局削減できなくなるのではないですか?とりあえず削るんだ!ということを世に示しながら戦略も練ればよいと思います。尤も政権を取る前にもっと準備してほしかったですね。先の参議院選挙で躍進したときからもっと本気で準備してほしかったです。
 一般の有権者にとって自分の仕事あるいは日常生活に直結する予算以外は要不要の判断などできません。また自分が関わっても予算”額”として適切かどうかなど判断できないはずです。今より減額されれば文句を言う、それしか反応できません。
 ”無駄な予算”という言い方がきつければ”優先順位の低い予算”と言い換えてもよいので、とにかく減らすしかないです。
 100点満点など目指さない方がよいです。
 池田先生のBLOGで”人民裁判”と批判されておられますが、”おかみにお白州で裁かれる”これまでのやり方よりも”変えるだけ”でもましだと考えます。
ジリ貧なのはもともと (asd)
2009-11-12 17:29:48
基礎科学でもきちんと海外に論文書いてまともな結果を出せるところは削られないでしょ。削られるのは
基礎科学だからと胡坐を書いてまともな結果も
出さないのに、費用対効果も考えずに高い血税使ってるところですよ。
Unknown (nnnhhhkkk)
2009-11-12 17:56:17
個人的には他のこと(外国人参政権、外国人住民基本法案など)を覆い隠すパフォーマンスにしか見えません。
必要なことではありますが、金額的にはたいしたことはありません。

政治的に今一番必要なのは世代間格差是正です。ああいう細かく砕いた金額的にしょぼいことではないと思います。
本当にやるべきは、年金支給大幅減額、高齢者への医療費負担大幅増額です。少子高齢化である以上は避けて通れない道です。
そして新しいバラマキまで推進しています。事業仕分けよりも、新しいバラマキをやめることから始めるべきです。
類似事業にも適用だし (城)
2009-11-12 18:03:38
100点じゃないにしても、とりあえずスタートしたことはいいんじゃないかな。
個人的には、公務員の人事制度改革までやってくれれば、財務省だけは別枠で給料倍にしてもいい。天下りがなくなるなら安いもんだ。

>人民裁判

共産党が共感してくれないかな。
ネット中継したことに意味がある (Brown)
2009-11-12 20:25:46
教育、芸術分野の仕分けの様子を見ていたが、教育、芸術みたいな結果の定量的測定の難しい分野でも単に無駄だからと廃止していいものか疑問に思った。
官僚や役人の答弁を聞いていて全体的に教育、芸術分野は国主導でやることに無理があるんじゃないかとも感じられた。
廃止するのも結構だけど、予算を使ってやる内容も吟味する必要は当然ありそう。その辺の議論がすっぽ抜けてるのが不安。
ただ、仕分けの様子をネット中継で見ながらTwitterなどでリアルタイムに意見のやり取りができるのことは今までになかったことだし、たとえパフォーマすだとしても自民党時代よりは前進(漸進?)しているとは思う。
城さん、もっとしっかりして (よしはら)
2009-11-12 21:21:27
政治は受けを狙うのが常道ですから、鳩山さんと仙石さんのご機嫌な様子は当然でしょう。国民の大半は予算の1パーセントを可視化するだけでも意義はあると言って喜ぶはずだと、読まれているのです。乗せられてはだめですよ。

こんなヒマなことをして、たかだか数千億円を稼いでも取るに足りません。よれよりも、来年度予算の上限は九十兆円(あるいは八十五兆円でも何でも任意です)なりと政治決定して、あとはその道の専門家集団である財務省主計局を能力の限り絞り出あげて査定させれば済むことです。そうすれば3000ほどあるという政府事業のすべてについて、主計局は眼の色を変えて精査するでしょう。そんな決定すらできなくては、政権交代した甲斐がありません。

とにかく仕分け人への報酬やら、仕分け会場設営費やらは、どぶに捨てる金です。
過ち改めるに憚ることなかれ (nicholson)
2009-11-12 21:55:04
民意に媚びた茶番にしか見えませんが、仰るように自民党時代と比べたら格段の進歩と言えるでしょう。
しかし最大のムダは、満額支給になれば年間5兆円になるこども手当です。マニフェストにとらわれずやめるべきです。
社会党に続いて (Bak.)
2009-11-12 23:18:02
自民党もホントに終わったか。
次はどこだろ。
出来レースだが。 (山田祐太)
2009-11-12 23:33:01
批判的な意見も多いですが、僕は素直に評価して良いと思います。前政権の自民党には決して出来なかった事ですから。

それに”見える化”したこと、つまり国民の審査が入るようになったわけで、無駄の事業のけん制、抑止につながると思います。

少し気になる点も、意気揚々の政治家とは対照に担当官僚がかなり滅入ったように映りました。全然楽しそうに映ってません、官僚になりたい人がますます減るでしょうね。
Unknown (たはた)
2009-11-13 00:11:12
城さんって、「今時の若者は…」等と安易に一括りにされないよう、言葉を選んで活動されてきた、と思っていたのですが、、、

> このスピードですよ若者が欲しかったのは。

って何故、年代で一括り?
私は20代で若者のつもりですが、レンホウさん始め民主党議員にみのもんた・古舘伊知郎、テリー伊藤のような『根拠の無い』ズバッと爽快感は、欲しておりません。

> それが100点満点のうちの20点だとしても、
> とりあえず0点の自民党からは前進したわけだ。

自民党は何故0点なのでしょうか?
仮に総選挙以前の自民を0とするならば、何故、政権交代後の民主は相対的に評価されるのでしょうか?
ほとんどパフォーマンスで (???)
2009-11-13 04:02:44
政治的・実質的な意味が薄いのは確かですが、従来にない意思決定のスピード感と情報公開の姿勢はよかったと思いますし一つのモデルケースを示したのは確かでしょう。

ただこれを機会に財務省から予算策定機能を奪い取ることができればいいですが、民主党は財務省におんぶにだっこですから無理でしょうかね。国家戦略局とやらは事実上おかざりで全く機能していないですし。

本当はこういう細かい枝葉末節の部分だけでなく、もっと本質的な制度の部分をいじらないとだめなんですけどそこまではまだまだ道険しです。
タウンミーティングより全然マシ。 (野田一丁目。)
2009-11-13 04:55:31
同じ茶番でも小泉政権時代のタウンミーティングより全然マシ。あれは完全にムダだったし、見ていて気分が悪かった。
お間抜け官僚が仕分け人に論破されているところばかりだが、ホントに官僚はあんなにお間抜けなんだろうか?一流大学を優秀な成績で卒業した人たちだよね?かなり不安。
事業仕分け今年限り (???)
2009-11-13 06:17:45
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091112AT3S1203O12112009.html

来年からなくなるみたいです。ということはやはりパフォーマンスなんでしょうね・・・
朱に交われば・・・ (yasu)
2009-11-13 10:14:58
>ホントに官僚はあんなにお間抜けなんだろうか?一流大学を優秀な成績で卒業した人たちだよね?

朝生で城さんが「学生時代、むちゃくちゃ優秀だった奴が東京電力で10年過ごすと普通のおっさんになってる」と言っていたのと同様の現象かと(笑)

個々の構成員がどんなに優秀であっても、所属する組織がボケだとみんなボケてくるんですよ。

幕末の武士しかり、帝国陸海軍の軍人しかり、バブル崩壊後の銀行しかり。
特にバブル期の長銀なんて象徴的な事例じゃないですか。みんな東大卒で、その中でも極め付き優秀な人間しか長銀に行けなかったわけだから。

(まあ、ボケないと組織の中に居られない。優秀なままだと本流からはじかれてしまう。てのが本当のところなんでしょうけど。)
「政治の文化大革命が始まった」 (fs)
2009-11-13 10:25:03
あちらこちらで「人民裁判」と揶揄されてる事業仕分けですが、まさかご当人が人民裁判のつもりでやっているとは・・・
肯定的な文脈で文革を比喩に使う人を初めて見ました。
毛沢東もびっくりですね

>仙谷由人行政刷新担当相は、来年度予算
>の圧縮を目指す「事業仕分け」について
>「これまで一切見えなかった予算編成プ
>ロセスのかなりの部分が見えることで、
>政治の文化大革命が始まった」と意義
>を強調。
これが継続できればよいが… (松本孝行)
2009-11-13 10:39:35
 この事業仕分けは今回だけで来年度予算ではやらないそうですね。1回で終わらせたら、茶番劇であるとかパフォーマンスであると言われても仕方ないでしょう。継続してやるべきです。

 私もこの一歩は評価していますが、それ以上にまだまだ切り込んで欲しいと思っています。一つが子供手当てや高速道路無料化などの施策についても、事業仕分けをして欲しいですね。民主党のマニフェストは事業仕分けの対象ではなく、ブラックボックス化するのはいただけません。
 それともう一つがこの後財務省が予算配分をするようですが、その部分が事業仕分けと同じレベルで国民に公開されることが重要だと思います。ここで急に廃止と決めたのに継続になったりするようなことがあれば、国民不信を招きます。必ずオープンで最後までやるべきです。

 そうすれば私はかなり評価します。80点くらいですかね~(笑)
仕分け (城)
2009-11-13 10:45:32
>自民党は何故0点なのでしょうか?

何一つ変えようとしないから。
今回の事業仕分けというのは、ルーチンではなくて、自民党の作ってきたバラマキ構造を見直すという一過性の手術。族議員が政権から追放された今、ようやくそれが可能となったわけだ。
来年以降は自分たちで最初から身のある予算を作るから、「理論上は」仕分けは必要なくなる。

褒めてる意図が理解できない (かくせいⅢ)
2009-11-13 11:05:59
イラク戦争で、戦闘機からのピンポイント爆撃を可視化されて報道されていたけれど、それでイラク戦争の何かが分かりましたでしょうか。戦闘場面の報道によって、世界は何を得たのでしょうか。(官僚がアホに見えると言っておられる方は、イラク軍がアホに見えると思ったのと同じレベルの話)

可視化したことが偉いと評価している人の、センスを本当に疑いますね。可視化すべきは、事業仕分けに選び出してくるプロセスであり、バラマキ政策を決定するプロセスでしょう。そういうことは可視化しないのは自民と同じだよ。

戦闘場面の報道は、それなりの意図があってのこと。それに乗って、単に嬉しがって褒めているのは、知的能力の落ちる人のやることだと思うけどなぁ
削減目標3兆・・・ (Unknown)
2009-11-13 12:39:29
95兆もなにに使うのか
何故削減目標がたったの3兆なのか。内容が不透明で官僚主導で赤字を積み上げていくところなど何ら変わっていないのでは。もし自民より多く国債を発行すれば財政規律の観点からは0点より下のマイナスでしょう。

官僚主導で予算が膨らむのは民主党も官僚も国家社会主義で方向性が同じですから必然的ですが。                             
半分冗談ではありますが・・・ (JFK)
2009-11-13 13:35:12
>>天下りがなくなるなら安いもんだ

合理的に官僚様をリストラするならむしろ天下りを推進した方がいいのでは・・・? 無論、その後の公共事業での口利きはなしですが。
Unknown (mikura)
2009-11-13 13:41:07
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51310943.html

>まず問題なのは、仕分けの対象になったのは概算要求に出ている約3000の国の事業のうち15%足らずの447事業にすぎないということだ。残りの85%は仕分けの対象にならないので、勝負はこの段階でついている。これを選んだのは、実質的には財務省の主計局である。
>おまけに仕分けの結果には法的拘束力がなく、財務省の査定の参考資料になるだけだから、政治主導どころか国会議員が主計官の下請けをやっているわけだ。

>特に問題なのは、どういう政策を廃止するのかという戦略もなく、何が無駄なのかという基準も決めずに、いきなり個別の事業仕分けをやっていることだ。


結局財務省の手のひらで踊っているだけですね。民主党も国民も。
財務省が選んだ15%だけの事業仕分けで、その結果も財務省が参考にするだけで何が政治主導なんでしょうか。
Unknown (fxdoctor)
2009-11-14 13:30:11
一歩前進だと思います。
密室で悪代官と越後屋が決定していた事を、オープンにしただけでも価値があります。
茶番中継だが中継しないよりマシ。 (野田一丁目。)
2009-11-15 10:49:35
なんで湾岸戦争報道に例えるのか理解に苦しむのだが。(笑)官僚は敵ではなくて情けない味方。今まで大本営発表だったことがリアルタイム中継されただけでも一歩前進。(あえて大きな前進と言わない。間違った方向に進んでいるのかもしれない。でも止まっているよりマシ)

しかし湾岸戦争報道に喜んでいた人=事業仕分け報道を褒める人=知的能力の落ちる人という括りがまったく意味不明。

個人的には今後、吊し上げられた官僚が
「こんな事業が無駄なことはオレだって判ってるよ!政治家が決めたから仕方なしにやらされてるんじゃねーか」
逆ギレしてくれることに期待。(笑)
国と民間 (Unknown)
2009-11-15 21:56:31
収益が上がらない、効果が(短期的には)見えない、事業こそ国がやるべきではないかと。(官僚がやってさえも)収益が出て、効果が出る事業なんぞ、民間の方がよっぽど上手くやって、倍の収益を出すと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
事業仕分けって、裁判員制度による裁判みたいなものなの? (若だんなの新宿通信)
昨日は歴史的な日でしたね。 歴史的な日:事業仕分け会議@大隅典子の仙台通信 >本日はある意味、歴史的な日だったと思います。 これま...
国家事業予算査定を「事業仕分け」で行う愚 (海洋学研究者の日常)
11月11日から政府の行政刷新会議ワーキンググループによる「事業仕分け」が一般公開の下で始まり、科学技術研究開発事業を含めた各種国家事業の廃止や予算削減などの具体的な結果が報道されている。 管理人は、今回の事業仕分けによって、今までの自民党時代には密室で行...