醸楽庵(じょうらくあん)だより 

主に芭蕉の俳句、紀行文の鑑賞、お酒、蔵元の話、政治、社会問題、短編小説、文学批評など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

醸楽庵だより  318号  白井一道

2017-02-09 11:14:18 | 随筆・小説

 軍事費の増額は防衛力を強化しない

侘助 マッド・ドッグ・マテイスアメリカ国防長官が来日したね。
華女 稲田防衛大臣はマテイス米国防長官の意を受けて二月四日、わが国は防衛力を質も量も強化し、自らが果たし得る役割の拡大を図ると、発言したみたいよ。
句郎 孫崎享さんは『二一世紀の戦争と平和』と言う本の中で「軍事費の増額は私たちの生活を悪化させる」と述べている。
華女 どうしてなのかしら。
句郎 オスプレイという先日、結縄で墜落した軍事ヘリコプター兼飛行機が墜落した。このオスプレイを日本は購入しようとしているが、買わなければ、国公立大学すべての授業料を無料にすることができるそうだよ。
華女 でもオスプレイを買うことが日本の防衛力を強化できるんじゃないの。
句郎 そのように稲田大臣は考えているんじゃないかと思う。「子ども手当よりも軍事費を増やすべき」と発言しているからね。問題は軍事費を増やしても防衛力を強化することにはならない。
華女 なぜなの。
句郎 日本が脅威とみなす国というとどこかな。
華女 中国とか、北朝鮮、ロシアじゃないのかしら。
句郎 そうでしょ。だからそれらの国は日本が防衛力を強化すれば、それ以上に防衛力を強化してしまう。だからどんなに防衛力を強化するべく、軍事費にお金を使っても少しも国の安全保障にはならない。
華女 軍拡競争になってしまうのね。
句郎 どうもそのようだ。だから本当の国の安全保障は仲良くなることなんだ。文化交流や経済活動の交流、相互依存関係の構築ということが本当の安全保障みたいだよ。
華女 そうよね。北朝鮮の人々だって、国が核開発するお金を国民の生活状況を良くしてくれる方が好ましいでしようからね。
句郎 そうなんだ。沖縄に米軍基地を日本人の税金で作るくらいなら、日本人のために保育所を充実したり、年金を充実させたり、教育予算を増額し、教員の給料を上げたりすることの方がはるかに意味あることだと思うんだ。
華女 確かにそうよね。今癌の高額な治療薬が問題になっているから、そのような高額な医療費にそなえるためにお金を使う方が豊かな社会になると思うわ。
句郎 なぜ、今の政府は、軍事費の増額を主張するようになっているんだと思う?
華女 分からないわ。
句郎 アメリカ政府の外交政策に追従しているからなんじゃないのかな。
華女 日本は独立した国じゃないの?
句郎 アメリカの属国のような状態になってしまっているようだ。
華女 どうしてそんなことが言えるの?
句郎 東京の空は日本の空になっていないみたいだ。
華女 じぁー、どこの国の空なの。
句郎 米軍の空になっている。横田空域というのかな。横田米軍空軍基地が東京の空の八割以上を管理している。羽田空港や成田空港は横田空域の脇をかすめるように飛んでいるみたいだよ。だから東京の空港管制官の仕事は大変な緊張を強いられる仕事のようだ。さらに米軍のオスプレイが日本中の空を自由に飛び回るなんて独立国じゃない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 醸楽庵だより  317号  白... | トップ | 醸楽庵だより  310号  白... »

コメントを投稿

随筆・小説」カテゴリの最新記事