ヌーバス

流されず
人で在り続ける

ゆたしく



New Nuubas 第113話

2017-04-25 14:18:37 | New Nuubas





なのでパタナッタはパパイア木に住んでいながらにしてパパイアを食さない聖人となっていったという。

パパイアを野菜、あるいは果物なんだろうとふんとして軽んじている諸氏、驚きなさい。パパイアはアパートなのである。

なで肩荘というアパートそれこそパパイアなのである。

なで肩荘の住人こそパタナッタなのかと推測せし諸氏、驚きなさい。パタナッタはなで肩荘住人じゃないのだった。パタナッタはなで肩荘の大家さんなのだ。

パタナッタはパパイアとかの果物全般の大家さんなんだ。

なで肩荘に降りるパタナッタ。なで肩荘の階段は古びていて危なっかしいから用心しながら降りるパタナッタ。

「おや、大家さん」

「おや、コガラッチョさん。また仕事さぼったのかい?」

「ばれたバレンタインきっす」

「おまえさんしっかり働いて私にお家賃払っておくれ。そうじゃないとおなかすいちゃうよコガラッチョさん」

「こりゃあ手厳しいパタナッタさん。パタナッタさんはなにひとつ食さないお方と聞き及んでをりますけれど」

「食さないさ。だからこそおなかすいてたいへんなのよ。果物全般の大家さんだから私は、食さないですんでいるのさ。果物それぞれにアパートあるからそのお家賃をもらうことでまんぷくまんぷくなのよ」




ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« New Nuubas 第112話 | トップ | 僕らは知っていることを新た... »

New Nuubas」カテゴリの最新記事