ヌーバス

流されず
人で在り続ける

ゆたしく



New Nuubas 第87話

2016-10-12 21:38:50 | New Nuubas





早速、イヌクイはユザソコンを頭から砕いた。首から上をがぶりと食った。咀嚼している。かわいいイヌクイが哀れである。ユザソコンは気持ち悪い。そんな気持ち悪いクズイヌを食べて平気を装っているイヌクイがいっそういとしい。

嫌に決まっているじゃないか。地獄臭で気持ち悪いクズイヌを食うなんて。

だが、イヌクイは文句を言わず不平を口にせず、世の為、人の為に地獄クズイヌをおいしそうに食ってくれる。これこそ正義のスーパーヒーローである。

苦労を表に現しながら悪をうつヒーローなど三流である。大衆に「俺は身をていしておまえら大衆を救ってやってるんだ。感謝しろ」てきなヒーローなどうんざりである。

イヌクイはその存在さえまだほとんど人々に知られることなくひっそりとクズイヌどもを食って世界を救っているのである。

イヌクイこそ天使なのではないだろうか。天使の最上級に位置するありがたい存在に違いない。

イヌクイはユザソコンを平らげた。ユザソコンの痕跡はいっさい残さない。クリーンな食事である。地獄臭は消えた。空間そのものさえ浄化されたのである。

あまりにイヌクイがかわいいので俺はイヌクイにまたがった、イヌクイは嫌がったりせず、俺を背に載せてすばらしいスピードでクズイヌ会館を縦横無尽に駆ける。駆けながら次々とクズイヌどもを丸飲みにする。咀嚼せずに、効率よくクズイヌを浄化しているのだ。

なんて働き者でかわいいイヌクイなんだ。





ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« New Nuubas 第86話 | トップ | 尾崎豊のホンタイ »

あわせて読む