「核実験なら局地攻撃も」 米司令官が北朝鮮けん制

2017-06-20 08:25:41 | 日記





 【ソウル聯合ニュース】米太平洋軍のロックリア司令官は17日、ソウルの韓米連合司令部で国防部担当記者団と会見し、北朝鮮が3度目の核実験を試みた場合、基地に対して局地攻撃を加える可能性もあると明らかにした。
 一方、15日に平壌で行われた軍事パレードで登場した大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の新型ミサイルについては、「これが本物のミサイルなのか模型なのかは確認できていないため、この場で下手な予測はしない」と答えるにとどめた。
 北朝鮮がさらなる挑発を行う可能性については、過去のケースを見ると、北朝鮮はミサイル発射後に挑発を敢行してきたと説明。北朝鮮の新指導部が国際的な規範?規定を順守することが一番望ましいが、もし北朝鮮が再び挑発に踏み切れば、韓米同盟の強さを見せるつもりだと強調した。

【関連ニュース】
?北朝鮮の挑発に備えあらゆる措置 米国防長官けん制
?米高官 北朝鮮ミサイルの過剰取材けん制
?声明発表は「宣戦布告」 北朝鮮が核サミットをけん制
?正恩氏が延坪島砲撃部隊視察 韓米軍事演習をけん制
?北朝鮮経由の送ガス管事業は中国けん制目的=露学者



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共働きの妻が介護離職して住... | トップ | シャンパンカクテルをボンボ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。