ぶんやさんち

ぶんやさんの記録

昨日のFB 06/14

2017-06-16 13:48:42 | ツイッター
お早うございます。主の平和。二人で整骨院へ。読書、『主語を抹殺した男』。すいすい読める。これが本を読むということ。昼食後、昼寝1時間。読書、『キリスト教の精神とその運命』、内容が濃いことは分かる。ただし、これはもう、日本語でドイツ語の本を読んでいるようなもの。仕方がないので、新しい翻訳を注文した。夕方、釣川散策。夕食後、「CRISIS」(最終回)、後味が悪いがこれが警察と政権との癒着というものだろう。10時半に就寝。6時起床。体温:36.3、血圧(115:73、75)。体調:快調。チュンチュン

30 越山 香菜子さん、辻本 昌弘さん、他28人
コメント

東山 富昭 おはようございます😃。昨日は、午後から、河南町の地球温暖化防止活動推進員の会議に出ていたので、疲れてしまいました。今年後半の予定を確認しています。今日も、主なる神と主イエス・キリストにあって歩みます。よろしく、お願いします。

村田 多鶴子 おはようございます~♪よく晴れた朝です。
先生ご夫妻がお守りの内に穏やかな佳い一日をお過ごしになられますようにm(__)m

久保和男 文屋先生おはようございます。主の平和。

萩野 秀子 おはようございます。チラシ配りです。守られますようにお祈りします。

Mizota Michael Satoshi >>すいすい読める。これが本を読むということ。
反省します。

文屋 善明さんが写真2件を追加しました。
6月14日 6:22 ·

お目覚めの花。「どうです。水曜日にぴったしの花。いかにも地から生えている感じ、とても良い」。(昨日、赤間駅前にて)
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外、自然

37 岩城 真紀子さん、國安千鶴さん、他35人

文屋 善明
6月14日 6:38 ·

2017 日々の聖句 6月14日(水)
主の言葉:彼がわたしを呼び求めるとき、彼に答える。(詩91:15)
“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。(ロマ8:26)
私の黙想:
とにかく、人間には「愚痴る」相手が必要である。いつもいつも機嫌が良いわけではない。時には、イヤほとんど何時でも「愚痴りたい」。とにかく、何でも愚痴りたいし、愚痴ればそれで気が収まる。しかし、愚痴る相手、これが問題である。ホントウに心を許していなければ、愚痴れるもんじゃない。うっかり愚痴ると、それが回り回って自分のところに戻ってきてしまう。その点で、神さまなら安心して愚痴れる。結局のところ、愚痴なんていうものは「祈り」なんだ。どうにもならないことを承知の上で、「祈る(愚痴る)」。そのための相手としては、神さまは便利な方だ。ただ、黙って聞いてくれる。時には、叱ってくれる(私の間違いに気付かせてくださる)。時には、期待もしていないのに、問題がすーっと解決してしまう。これも神さまだからであろう。

27 辻本 昌弘さん、安井 郁夫さん、他25人

文屋 善明
6月14日 6:45 ·

今日の名言:@meigennavi
国民から認められると宗教という名を与えられ、国民が否認すれば迷信という名を付けられる。(トマス・ホッブズ)
<一言>気に入らない文書は「怪文書」にされ、怪しい情報でも、気に入れば新聞記事になる。それが政治というものだ。

21 辻本 昌弘さん、永島 大資さん、他19人

文屋 善明
6月14日 7:04 ·

現代文イミタチオ・クリスチ
第50章 神の恵みと謙遜とを持続すベきこと(A)
キリスト:
愛する者よ、誰でも信仰に進むということは神の恵みによるのです。それなのに、一寸ばかり信仰が進んだからといって自慢したりする人がいます。君はそうであってはいけません。むしろ、そういうときにこそ、それを誇らず、自慢せず、大ごとだと思わないように。むしろ君自身を駄目な人間だと思いなさい。君はこの恵み受けるに足りないと信じることは、君にとってさらに成長する道なのですよ。
君は、そのとき与えられた敬虔な感情にのめり込んではいけません。むしろ、そういうときには恵みがなければ自分はどんなにみじめな者であったかを思い返しなさい。
霊的生活の進歩は、内的な慰めの恵みを与えられたときよりも、むしろそれを奪われたときに、それを謙遜と忍耐とをもって忍び得るところにあるのです。そういうときにこそ、君は君自分の良い習慣に従って普段通りに祈り、その他の修行をなおざりにしたりすることなく、かえって君の最善を尽して行ないなさい。
孤独さや悲しさのためにそれらを省略しないように気を付けなさい。重要なことが思うようにならないからといって、短気になったり、投げやりになる人が実に多いことは悲しむべきことです。(2:50:1~5)

24 岩城 真紀子さん、越山 香菜子さん、他22人

文屋 善明
6月14日 8:51 ·

「昨日のFB 06/12」をブログにアップしました。

BLOG.GOO.NE.JP

11 安井 郁夫さん、永島 大資さん、他9人

文屋 善明
6月14日 8:57 ·

日本聖公会における「牧師任命式」をブログにアップしました。

日本聖公会における「牧師任命式」 - ぶんやさんち
日本聖公会の教会では牧師の転勤があると新しく任命された教会において、日本聖公会祈祷書に基づいて教区主教により牧師任命式が必ず行われます。(日本聖公会祈祷書p.483) ここに日本聖公会のける「牧師」の任務が明記されている。【ぶんやさんち】
BLOG.GOO.NE.JP

46 西川 和子さん、岩城 真紀子さん、他44人
コメント

眞野 玄範 わたしは牧師任命式を経験したことがないです...。偽牧師...

文屋 善明 ヱッ、何故、もう既に司祭でしょう?

眞野 玄範 必ずしも行われていなくて、私はそれは遺憾なことだと思っているのですが。

文屋 善明 横浜教区ともあろう教区が?

Hajime Kawamukai すべての人に開かれている。 ココが大事。

文屋 善明 牧師の仕事の重要な一つは「ドアを開けること」。牧師の持つ鍵は「締める」ためではなく「開くため」。だから、飛躍するようですが、牧師夫人の役割が大切。

Hajime Kawamukai それは、日本聖公会、神戸昇天教会の早朝礼拝に時々参加させていただくときに、小南司祭ご夫妻のお姿を見るたび毎回思います。

金井 由嗣 わが教団の牧師たちも知っておくべき内容です。ご教示ありがとうございます。

文屋 善明 聖公会で生まれ育った人たち(信徒も聖職も含めて)はそれが当たり前だと思っているので、この式文が語っている内容を少しも重要だとは思っていないようですが、余所者にとっては、それが分かります。

Hajime Kawamukai 帰って、よそ者のほうが、感覚鋭い。よそものあるある

Mizota Michael Satoshi このくらいになるとどこかからまとめて、冊子で出版すればいいと思うのですが。

Mizota Michael Satoshi >>牧師の仕事の半分以上は、そこに定住しているということです。その意味では牧師とは「住職」です。<<

そこに住み溶け込むということは本当にしんどい仕事だなあとおもいます。ですから定住の司祭がいなくなると、教会が「くすんで」きます。毎日窓を開けたりする人がいるかどうかは建物そのものの寿命とも関係するし、そういう意味だけでも分かってくるものです。そしてその「定住者がいなくなること」や「くすんでくること」を「仕方のないことだ」という風潮が信徒のほうに出てきます。今は司祭が少ないので、ひとつの教会に定住し居続けるというより、週に何回かはもう一つ受け持っている教会にも「泊まる」ということも必要でしょう。家が二つ以上で住む、ということです。おそらく「住まない」理由は教会の構造上の問題というよりも、「居心地」にあることも多いとおもっています。司祭とはいえ「人間」ですので、その点で配慮をできない信徒が多いと、さまざまな理屈がついて定住ができないのではないかと私は思っています。(こんなことを言うべきことではないんですが、あえて言っておこうとおもいます。)
いいね! · 返信 · 4 · 6月14日 15:48
安田 信夫
安田 信夫 何時も大変参考になります。
牧師と信徒の双方の心構えを見直す大切な教えですね。
特に住職とのお言葉、牧師にとっても信徒にとっても大変重い言葉ですね。
信徒は住職を支え切る覚悟がいるのですね。
あ、聖公会は個別教会の側からの招聘ではないから、財政面の考えは違うのか?

Mizota Michael Satoshi やることは同じです。俸給分は捻出しないと行けないですからね。

Mizota Michael Satoshi (ただまあ、各教会任せで格差ありというわけにはならないです。)

文屋 善明さんが過去の思い出をシェアしました。
6月14日 11:14 ·

3年前のローズンゲン、あの頃はまだ元気だったと思う。
3年前
この日の思い出を見るchevron-right

文屋 善明
2014年6月14日 ·
2014日々の聖句 06月14日(土)
主よ、あなたはさまざまな風を伝令とし、燃える火を御もとに仕えさせられる。(詩104:4)
船はそれに巻き込まれ、風に逆らって進むことができなかったので、わたしたちは流されるにまかせた。(使徒言行録27:15)
私の黙想:
神の偉大さを言い表す表現の一つ。神は天地万物を創造しただけではなく、それらを全て手足のように用いられる。「風を伝令とする」。実に面白い表現である。現代風に言い直すと「電波」であろう。同様に「雲を御自分のための車とし、風の翼に乗って行き巡り」などは飛行機を想像する。古代ユダヤ人は大したものだ。まるで手塚治が鉄腕アトムを描くように、神の偉大さを自由に生き生きと描いている。詩104には神の偉大な業がいろいろと取り上げられている。その中でも、私は15節の前半が好きだ。この句を読めば「禁酒禁煙の教え」なんか吹っ飛んでしまう。これも神の偉大な恵みの一つなのだ。(注:「ぶどう酒は人の心を喜ばせる」)
23節の言葉も見逃す訳にはいかない。「人は仕事に出かけ、夕べになるまで働く」。人間にとって労働とは神から与えられた恵みであり、喜びなのだ。それが本来の労働なのだ。その労働を「苦役」に変え、人間が人間を搾取する手段としてのは、人間の欲である。

10 越山 香菜子さん、安井 郁夫さん、他8人

文屋 善明さんが立部 瑞真さんの投稿をシェアしました。
6月14日 11:33 ·

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、テキスト
立部 瑞真さんは川波 幸恵さんと一緒です。
6月14日 11:27 ·
お知らせです。
すでにご存知の方もいらっしゃると存じますが、7月2日、鎮国寺境内でご覧の内容でライブがあります。
バンドネオンの演奏で世界一に輝いた川波幸恵さんは宗像市の方。地元の方々に、こんな人もおんしゃったとね‼︎ と知っていただきたく候(^^)
チケットは私も持ってますので、ご希望の方はご一報ください\(^ω^)/

8 東山 富昭さん、清水 行雄さん、他6人
コメント

文屋 善明 お寺の中でこのような企画がなされ始めたら、キリスト教はもう太刀打ちできない。潔く脱帽すべきである。

文屋 善明
6月14日 16:14 ·

チンピラヤクザの手下
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
原田 茂
6月14日 7:27 ·
#告発したきゃしてみろよ…💢

東京新聞 2017.6.14 朝刊「本音のコラム」
斎藤 美奈子さん「副大臣の暴言」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=799488796894386&set=a.292430644266873.1073741829.100004998180590&type=3&theater

24 久保和男さん、Luke Etsuzou Nomahさん、他22人
コメント

Kawahara Miyuki · 共通の友達: 山本 友美さん
安倍内閣の組閣は使い勝手の良い人物に重点をおいて構成しております‼どうかご理解頂きたい❗ってか?

文屋 善明さんが写真17件を追加しました。
6月14日 18:02 ·

今日の散歩道はカモあり、イヌあり、チョウあり、サギあり、カラスあり、で忙しい散歩になりました。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、自然、屋外

37 岩城 真紀子さん、國安千鶴さん、他35人

文屋 善明さんがリンクをシェアしました。
6月14日 21:21 ·


「共謀罪」廊下ふさぎ抵抗 | 2017/6/14(水) - Yahoo!ニュース
「共謀罪」を巡り自民党は委員会採決を省略するという異例の強硬手段。民進党の女性議員らは国会の廊下を…
NEWS.YAHOO.CO.JP
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243325

14 岩城 真紀子さん、Luke Etsuzou Nomahさん、他12人
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断想:聖霊降臨後第2主日(特... | トップ | 昨日のFB 06/15 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む