ぶんやさんち

ぶんやさんの記録

昨日のFB 05/13

2017-05-15 09:11:09 | ツイッター
お早うございます。主の平和。二人で整骨院へ。そのあと、散髪。昼食後、約1時間昼寝。復活節第6主日の課題について考える。同じ聖書でも教会暦という場で読み直すと新しい光が当てられて全然異なったペクトルを示すから面白い。イザヤ書41:17~20。『三位一体の神』校正。ギリシャ語、ラテン語がぼんぼん出て来て、いちいち辞書を開かなければならないので時間がかかる。雨のため散歩は中止。夕食後、市原悦子主演「さよなら、おばさんデカ」、さすがに市原、なかなか見せる。報ステを見て10時半に就寝。6時半起床。体温:36.4、血圧(147:64,70)、体調・快調、チュン、チュン

35 芳賀 道子さん、佐藤 静代さん、他33人
コメント

村田 多鶴子 おはようございます~♪どうぞ、お大事になさって下さいませ。
先生ご夫妻の歩みが守られ祝されますようにm(__)m

久保和男 文屋先生おはようございます。主の平和。

東山 富昭 おはよう😃ございます。今日は、雨☔️ですが、大阪の玉造にある、大阪クリスチャンセンターで、キリスト者学生会の集会があるので、大阪に行きます。週末も、よろしく、お願いします。

藤木 冨士子 こんにちは。

文屋 善明
5月13日 7:03 ·
お目覚めの花。我がマンションの玄関前の白い花が今、満開。遠くに行けないので、極近場で。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外、自然

39 Kunio Mitsumoriさん、芳賀 道子さん、他37人

文屋 善明
5月13日 7:04 ·
今朝は少々、寝坊をしたので、ローズンゲン以下は朝食後に。また、お会いしましょう。

25 岩村 義雄さん、藤木 冨士子さん、他23人
コメント

齋藤篤 Bis bald !!!!

文屋 善明さんが過去の思い出をシェアしました。
5月13日 7:09 ·
5年前のローズンゲン。現在のキリスト教の病根を見事に突いている。
5年前
この日の思い出を見るchevron-right

文屋 善明
2012年5月13日 · 福岡県 宗像市 ·
losungenj 2012.05.13(sun)
わたしは慈しみ深く、とこしえに怒り続ける者ではないと、主は言われる。ただ、お前の犯した罪を認めよ。(Jer3:12-13)
ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。」(Luk15:18)
私の黙想:
「罪を認めたら赦される」という発想は神とイスラエルの民とのドラマに発する。ドラマの前提は神に対する具体的な罪である。しかし私たちの課題としての「人間の罪性」とは具体性に欠ける根源的なもの(伝統的には「原罪」と呼ぶ)である。原罪は懺悔のしようがない。これらを混同するところに、懺悔が形式化し、抽象化するベーシックな理由がある。

10 小貫 ツマさん、Luke Etsuzou Nomahさん、他8人

文屋 善明
5月13日 8:23 ·
2017 日々の聖句 5月13日(土)
(しかし、) やがて喜び祝う声、花婿と花嫁の声、(感謝の供え物を主の神殿に携えて来る者が、)「万軍の主をほめたたえよ。主は恵み深く、その慈しみはとこしえに」と歌う声が聞こえるようになる。(エレミヤ33:11)
洗礼者ヨハネの言葉:花婿の介添え人はそばに立って耳を傾け、花婿の声が聞こえると大いに喜ぶ。だから、わたしは喜びで満たされている。(ヨハネ3:29)
私の黙想:
日本だけの現象なのか、よく分からないけど、最近の「結婚したがらない若者」が増えているという。確かに増えている。若者たちの話を聞くと、現在は結婚できるような経済状態ではないという。とくに、高学歴なものたちの間では、結婚して家庭を持つということが負担以外の何ものでもなく、それならもっと気軽に、経済的に男性女性対等で、「終末同棲」程度が丁度良いという。じゃ、それ程生きがいのある仕事をしているのかという、そうでもなさそうである。要するに、家庭というものの煩わしさを避けたいと思っているようだ。
だいたい、結婚式の費用を聞いただけで、その無駄さに、わざわざ挑戦したいと思わないのであろう。先日も、結婚記念写真だけで、式を挙げないというカップルの話を聞いた。親の負担でなければ結婚式を挙げられないような社会は間違っている。その意味では、今日のエレミヤ書の聖句はかなり実感から遠いような気がする。やはり現代社会は間違っている。花嫁と花婿の手放しの喜びの声が聞こえるような社会でなければ、間違っている。40歳代、50歳代にならなければ、結婚式を挙げられないような社会は間違っている。

28 岩村 義雄さん、鎌野 健一さん、他26人

文屋 善明
5月13日 8:46 ·
今日の名言:@Kierkegaard_bot
人間とは、心霊的なものと身体的なものとの結合である。けれども、結合ということは、それら二つのものがある第三者において統一されるものでなければ考えられない。この第三者が、精神である。(キェルケゴール)
<一言>彼の本を一冊も読んだことはないし、どうしても好きになれない哲学者であるし、訳語の問題もあるが、今日の言葉は、ずばりと人間存在の本質を突いている。現代の心理学(河合隼雄)では、人間は心と体の結合であり、それを結びつけているものは「魂」だというであろう。

22 岩村 義雄さん、西堀 俊和さん、他20人

文屋 善明
5月13日 8:57 ·
現代文イミタチオ・クリスチ
第36章 他人の評価(A)
キリスト:
愛する者よ、もし君が自らすすんで誰かと人生を共に過ごそうと願っているなら、穏やかな日々を過ごすことは諦めなさい。君が古びることのない真理を土台にして生きているなら、愛する者や友人が離れたり、死別しても絶対に悲嘆に暮れることはありません。君が友人を愛するなら、その愛を私に基礎付けなければなりません。言い換えると、君がこの世で尊敬し大切に思っている人々を、私のためにのみ愛さなければなりません。私を離れて人と人との友情は長続きするはずがありません。私が取り結ぶ絆だけが真実で純粋な愛だからです。(2:36:1~4)

20 岩村 義雄さん、山中 俊彦さん、他18人

文屋 善明
5月13日 9:00 ·
<申命記6:20~25(復活節第5主日の日課)をイメージして>
子に告げよ我と我が家は主に仕えん、我らを繋ぐ帯は主なり 
死にし民紅海渡り甦る、主は力もて民を導く
主にありて死線を越えて向こう側、海が二つに割れ道となる

22 岩村 義雄さん、大野 泰男さん、他20人

文屋 善明
5月13日 10:41 ·
「昨日のFB 05/10」をブログにアップしました。

BLOG.GOO.NE.JP
いいね!コメントするシェアする15 岩城 真紀子さん、小貫 ツマさん、他13人

文屋 善明
5月13日 10:58 ·
「昨日のFB 05/11」をブログにアップしました。

BLOG.GOO.NE.JP

13 山中 俊彦さん、小貫 ツマさん、他11人

文屋 善明
5月13日 13:24 ·
今日の「折々のことば」は、小学2年生の言葉とのこと。額面通り受け取ると、この少年は凄い。天才的な感性を持っている。「こころがゆっくりになる」何ていう言葉は、そう簡単に出て来ない。ということで、別なことを話題にする。
私が前に勤めていた教会の聖堂は煉瓦造りの古い建物で聖堂内は薄暗く、おまけに太い柱が左右に立っている。説教台から見て左側の柱のさらに左にも座席があり、当然柱のために、そこに座ると、説教者から見えなくなる席がある。そこに、いつも座っていた信徒がいたので、ある日その理由を伺うと、そこに座る「穏やかな心になる」とのこと。説教者の姿があまりに直接的に見えると、心が乱れるらしい。私は聖堂は薄暗いくらいがいいと思う。そうすると、正面の祭壇と自分とが真っ直ぐに向かいあうことが出来る。明るすぎる聖堂ではいろいろなものが見え過ぎる。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1351708211573303&set=a.200492220028247.51380.100002024109092&type=3&theater

39 岩村 義雄さん、佐藤 静代さん、他37人
コメント

播 稔 猫のようだなー。

大津 博子 まるで「すみっコぐらし」みたいですね(^^)
http://www.san-x.co.jp/sumikko/special/
すみっコぐらしofficial web site
サンエックスはキャラクターデザインを通じて、世界中の人々に生活提案できる企業を目指しています。
SAN-X.CO.JP


文屋 善明 ちょっと違うな。主役になったら駄目なんです。

大津 博子 すみっコぐらしも、彼らは主役とは思っていませんよ^^

文屋 善明 そうですか。

小貫 ツマ この子供の気持ちわかるような気がします。

文屋 善明 引退聖職は出来るだけ目立たないように気をつかいます。大きな柱でもあれば、隠れたい。

文屋 善明さんが写真4件を追加しました。
5月13日 17:49 ·
今日の散歩道。でんでん虫虫カタツムリに出会いました。何か良いことありそう。これがホンモノの「でんでん」です。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外

57 北村 良輔さん、芳賀 道子さん、他55人
コメント
岩城 真紀子岩城 真紀子 可愛いですね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日のFB 05/12 | トップ | 昨日のFB 05/14 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む